「なぜ学校では寝ては駄目なのか?」を考える

「なぜ学校では寝ては駄目なのか?」を考える_アイキャッチ画像

「学校の授業はつまらないのに、寝たら怒られるのが意味わからん・・・。」

このような不満を抱いている人、これまで抱いてきた人は多いと思います。

自分も、学生の時にそういった不満を抱いてきた人のうちの一人でした。

 

最近ある本を読んで、これに対する面白い意見があったので、それを元に考えてみたいと思います!

『悩みどころと逃げどころ』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

「学校で寝たら怒られる」というおかしな状況

まずは、「学校の授業」について、ビビッと来た話を引用します。

授業っていうのは、子ども 40 人を前に先生という役者が劇を演じてるようなものでしょ。もし劇場でお客さんが寝ちゃったら、おもしろくない芝居をした脚本家や役者のせいになる。なのに学校だと、寝てる子どものほうが悪いって話になる。おかしいと思いません?

(ちきりん・梅原大吾『悩みどころと逃げどころ』 Kindle位置:531)

事実として、基本的には学校には保護者がお金を払っていますよね。

授業料が無料であっても、それは税金が使われているだけで、実質的には聞き手がいるからこそ、学校や先生というのは、お金をもらって存在していられる、とも言えます。

それなのに、なぜ、学校ではつまらない授業がおこなわれ、寝たら怒られるのか。

 

これは、演劇を見に行った例で考えると面白い。

ある休みの日、5,000円のチケットを買って演劇を見に行ったとします。

ワクワクして行ったものの、その演劇は期待を裏切るほどつまらない。そして、その人はつい座席でウトウトしてしまったとしましょう。

そこで、演者さんに、急に舞台から「おい!そこの客!なんで俺らが演じてやっているのに、寝てるんだ!」

こう言われたとしたら、どう感じますか?

おかしな状況であることは容易に想像がつきます。

 

・・・これを学校にも当てはめると、「授業がつまらなくて寝る」ということに対し、なぜ生徒が怒られなければいけないのか、不思議に感じてくるのではないでしょうか。

非常に面白く、考えさせられる例えですよね。

 

学校とは、戦争に必要な人材を生むための効率的なシステムだった

そもそも、今の学校という組織・制度はいつから生まれたのか。

それは、「日本が戦争中の時に生んだシステム」と言われています。

 

相手国に勝つためには、国内で効率的に武器を生産するために働いてもらい、場合によっては兵士として戦地に行ってもらわねばならない。

そのためには、「不平・不満をいわず、平均的な仕事が淡々とできる均一化された人材」というのが大量に必要になってきます。

 

そうして、まだ幼い頃から学校という一つのクラスに入れ、教師が最低限必要な一般教養を教えるとともに、「目上の人に、反発しないような教え」を徹底して叩き込んでいた、と言います。

戦時下では、それが一番効率よく国のためになる人材を生み出すことができる仕組みだったんですね。

だからこそ、「先生様が授業をしてやっているのに、寝ているとは何事だ!」と、叱りつける習慣があるわけですね。

 

実際に、今でも学校によっては教師が非常に厳しい学校というのはありますよね。

それも、こういった歴史の名残とも言えるのです。

 

それが今や戦争は終わり、世界の経済も良くなってきています。

すると、「個性を尊重する」だの、「クリエイティビティを育てる」だの、学校の教育方針がガラッと変わってきています。

しかし、もともと学校というのは「均一化した人材を育てるところ」であって、現代に必要な能力とは真逆の能力を育てるために生み出されたものです。

だからこそ、学校というのは今すごく苦戦をしているのです。

 

近未来に、学校のあり方の変革が起こるかもしれない

「先生がつまらない授業をするから寝たのに、なぜ生徒が怒られなければいけないのか」

これは、「演者」と「受け手」という構図で考えると、おかしな状況であることがわかりました。

ではなぜ、学校はこれだけ異質なのかというと、「戦争に必要な人材を生み出すために、最適化されたシステムだから」ということをまとめてきました。

 

個人的にこれからすごく期待しているのは、「近いうちに、学校の授業もあり方も、どんどん変わってくるのではないか」ということです。

 

特に、コロナウイルスの影響もあって、今は「遠隔授業」がおこなわれてきましたよね。

すると、「授業の方法って、そもそも教えるのが上手な人が、一斉に大勢の人に教えてあげたほうが良いんじゃないか?」と実感として若い人たちが気づき始めるわけです。

 

実際に、わかりやすい講義動画をあげている人気YouTuberは沢山生まれてきています。

その流れがより加速されると、若い人たちも、「YouTubeで、〇〇先生の授業動画を見たほうが何倍もわかりやすい!」となり、より「つまらない授業をしていた学校の先生」の立場は弱くなってしまうでしょう。

すると、「どうやれば、生徒たちが楽しんで学んでくれるか」ということに、先生たちもみんな力を割くようになるのではないか?

個人的に、そういった未来が訪れることをとても期待しています、、!

『悩みどころと逃げどころ』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

自分も、学生のときは態度が威圧的な先生、理屈の通っていないことを押し付けてくる先生がとても嫌いでした、、。

今回まとめたように、動画やコロナ禍によって、「学校のあり方も根本的に見直す」という時代が来るのではないか、個人的に、とても期待しています・・・!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!