【本と映画の違い】「感情を正確に表現しているかどうか」にある!

【本と映画の違い】「感情を正確に表現しているかどうか」にある!_アイキャッチ画像

「小説と映画って、ほんとうの意味での違いはなんだろう・・・。」

ある日小説を読んでいた時に、ふとこんな疑問が浮かび、自分なりに考えてきました。

今回は、そんな「本と映画の違い」とは何なのか、というテーマで話をまとめていきたいと思います!

 

「本」と「映画」の違いについて

映画, 写真, スライド, シネマ, ドキュメンテーション, 風景写真, 動物写真, 気分, プロジェクター

皆さんは、「本」と「映画」の違いについて考えたことはあるでしょうか。

「いやいや、本は文字だけで、映画は画面と音声があるってことじゃん」というのは確かにまっとうな意見なんですが・・・(笑)

今回はそれ以外についてのお話です!

 

よく人気小説は映画化されたり、その逆に、売れた映画が改めて小説として発売されることもありますよね。

ヒヨコ
私は、本だけではなく映画好きでもあり、年に数十本ほど映画鑑賞もしています。

 

そのときにふと思ったのが、今回のテーマ「本と映画の違い」って何だろうというお話です。

結論から言うと、それは「登場人物の感情を詳しく表現しているかどうか」にあると思うんです。

 

小説の方が登場人物の心情が正確に伝えられる

書籍, 教育, ライブラリ, 杭, 知識, 知恵, 学ぶ, 研究, 読み取り, 小説, 古い, アンティーク

小説は、「登場人物の心情を言葉豊かに表現している」ことが大きな魅力だと、私は強く思っています。

ヒヨコ
たとえば、「彼は炎が燃え盛るような強い感情を覚えた。それは炎というより、業火と表現したほうが正確だと言えるほどだった。」のような文章のことですね・・・!

 

小説において、”感情表現”は比喩が盛んに用いられるため、著者の文章力がとても色濃く出てくるところでもあります。

ときには、登場人物の一瞬の感情を「丸々1ページ」も使っているような場面も見られます(笑)

 

このように、感情の微妙な変化をじっくりと味わうことができるのが小説の醍醐味だと思うんです!

 

映画での感情表現は視聴者が受ける印象が異なる

それと比べて映画はどうか。

小説でどれだけ比喩を用いて感情を事細かに表現した場面でも、映画では「役者の表情」によってしか表現できないんですね。

 

そして、どれだけ役者が絶妙な表情や動きでその感情を表現できていたとしても、(基本的には)言葉で表さない以上、視聴者が受ける印象は人それぞれで異なる、という事態が発生するんです。

「役者の表情によって、受け手がその心情を察する」ということでもあります。

 

ある意味で、これこそが映画の醍醐味でもあるとは思うんですが、、、それは裏を返すと「人によっては誤った捉え方をしてしまう」という危険があるのではないでしょうか。

ヒヨコ
監督や役者が伝えようとしていた微妙な感情が、うまく観客に伝わらないのは致命的や・・・

 

このように、「感情を正確に受け手に伝えられるかどうか」という点で、「本」と「映画」では大きな違いがあるのではないか、と感じています!

 

映画ばかりではなく時には小説で豊かな感情表現に触れる

写真, ネガ, レトロ, フィルム1本, 映画

もちろん、これまでの話は「どちらのほうが優れているか」ということでは、決してありません!

「映画と小説の違い」についてじっくりと考えてみた時に、「映像と音声があるかないか」という点以外にも大きな違いがあるという事を知ってもらいたくて記事にまとめました。

 

そして、「小説は読むのに時間がかかるし疲れるから、映画しか見ない」という方は多いのではないでしょうか。

私が伝えたかったこととしては、時には小説も読んで「豊かな感情表現」に触れて欲しいということです。

 

映画と原作を両方楽しむのもオススメ

特に、感情表現について考えるために、おすすめの方法として「映画と原作の両方を楽しむ」というものがあります!

 

気に入った映画があったら、その原作を読んでみる。

これによって、映画だけでは知り得なかった登場人物の “微妙な感情” に驚いたりするなど、同じ物語であるはずなのに違った楽しみ方ができるんです!

 

さらに、様々な都合から「原作と映画版ではストーリーが若干違う」といことも頻繁にあったりします。

「映画では、ここをあえてこういう風に表現したんだ」など、原作→映画、という順番でもまた違う面白さがあるんです。

 

今回のテーマで取り上げた「登場人物の感情」という部分に注目しても、映画と小説のどちらもさらに楽しむことができるようになると思いますよ!

ヒヨコ
「どうせ同じ物語だから片方で良い」なんて思わず、ぜひ一度は挑戦してみてくださいね!

 

まとめ

今回は、「本と映画の違いは『感情を正確に表現しているかどうか』にある!」というテーマで話をまとめていきました!

文字と映像、それぞれの面白さを味わいながら、ストーリーを楽しんでいけると最高ですよね!

 

この記事のまとめ
  • 小説には「感情を事細かに表現できる」という強みがある
  • 映画は役者の表情から受け手が察するため、人による違いが生まれる
  • 映画と原作の両方を知ることで、また違った楽しみができる!

伊坂幸太郎『グラスホッパー』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

↑私の大好きな伊坂幸太郎さんの本「グラスホッパー」

映画化もされていますが、正直映画は微妙でした・・・。

小説を映画の世界に変えるのは、作品によってハードルが非常に高いのだと思い知らされた作品です・・・!

 

映画版グラスホッパー(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

上の映画は現時点ではAmazonプライムで無料で見れるので、気になる方はぜひ・・・!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!