【感想・名言まとめ】F『20代で得た知見』

『20代で得た知見』を読了しました。

印象に強く残る箇所がいくつかあったので、ピックアップしてまとめていきます!

F『20代で得た知見』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

名言まとめ
  1. 「いいですか。大人なんて存在しません。」
  2. 「本を読まないということは、そのひとは孤独ではないという証拠である」
  3. 「それについてはもう知っている」と思う時、人間は退屈する。

 

20代で得た知見の「感想」

自分は、著者「Fさん」の本を今回初めて読みました。

感想として、エッセイらしく、「結論をはっきり言わないけれど、なんだか心に残る言葉」というのが数多く散りばめられていました。

 

また、恋愛に関する記述も沢山あったのですが、

著者のFさんが、「男目線なのか、女目線なのかわからない」書き方を意図的にしているように感じました。

 

調べてみると、やはりFさんの性別については「男性だろう」という推測はされているものの、明確に本人から情報は出されていないようです。

 

そういった雰囲気で、約190もの小見出しでエッセイがつづられている本でした!

そんな中から、「これは心残った!」と感じた名言3点をまとめていってみます!

 

「名言」3点まとめ

それでは、順番にまとめていきます。

 

①「いいですか。大人なんて存在しません。」

これは、No.9「大人なんて存在しない」に載っていた言葉です。

早速本文から引用します。

いいですか。大人なんて存在しません。大人も大人がなにかよく分かっていない。(中略)というのも、最初から子供同士として話せばよかった、と思う相手が多いのです。

(Kindle位置:335)

 

個人的に好きなのは、「大人なんて(一切)存在しない」と言い切ってしまっている点です。

つまり、自分も含めて子供だ、と言っているということなんですね。

 

もしここを、「意外と、本当の大人は少ない。」なんて言っていたら、周りを馬鹿にするような響きになってしまっていたのではないか?と感じます。

全員が子供だからこそ、お互いが”大人ぶって”接するのではなく、子供だという前提でコミュニケーションを取っていく。

たしかに、他人とのやり取りにおいて大半は、この方法のほうがうまくいくのではないか、と感じました。

 

②「本を読まないということは、そのひとは孤独ではないという証拠である」

続いて、No.49「大前提として人は、食事したものしか排泄できません」に載っていた言葉です。

 

詳しい方は知っているかもしれませんが、以下の言葉は「太宰治」の名言だそうです。

「本を読まないということは、そのひとは孤独ではないという証拠である」

本書でも、太宰治の名言だと説明されたうえで紹介されていました。

 

この名言を読んだ最初は、「え・・?本を読むような奴は孤独な寂しい人だって言いたいの?」と思いました。

 

しかし、実はそういうことではないようです。

そこには羨望が混じっている。それと同等以上に、嫌味が滲んでいる。 本は読んだ方がいいのです。(中略)読んだ本の数だけ、言葉が、孤独が通じる人の数が増えるからです。

(Kindle位置:746)

 

つまり、個人的に超意訳してしまうと以下のような感じでしょうか・・・?

「あ、君は本を読まないんだね。さぞ、孤独とは無縁な生活で、知人に常に囲われている日々なんだろうね。いや~羨ましいよーー。」

嫌味たっぷりですが、こんな意味を含んだ名言なんだと解釈しました笑

 

人は誰しも孤独だからこそ、本を通じて世界を広げていくべきだ、そういうメッセージを感じ取りました!

 

③「それについてはもう知っている」と思う時、人間は退屈する。

最後に、No.70「退屈を殺す」に載っていた言葉です。

 

日頃から大事にしていることとして、「すでに知っていると思っていることでも、時間をおいて改めて見直す」ということがあります。

「それについてはもう知っている」と思う時、人間は退屈する。ならば「私はそれについてなにも知らない」と一歩下がる時、私たちは退屈しなくて済む。やったことないことは、それをやるまでよく分からない。

(Kindle位置:1,105)

 

「これってXXXだろ。」とか、「あれって結局、〇〇○というこでしょ。」

こんな風に何でも安直に結論づけてスッキリしていは、「退屈する」というのが著者の主張です。

 

人生を退屈しないために、自分が知らないことを増やす。

そして、自分が知らないことを知るために学び、行動し続ける。

その大事さを改めて学べた文章でした!

 

「新しいことに挑戦しなくなったとき、人は急速に衰える。」なんてことも言いますからね・・・!

 

まとめ

今回は、『20代で得た知見』より、名言を3点ピックアップしてまとめてみました!

こういうエッセイ調の文章はごく稀に読むのですが、リラックスして読んでいたら急にふと心に刺さる名言が飛び出すので、個人的に好きなジャンルです!

 

名言まとめ
  1. 「いいですか。大人なんて存在しません。」
  2. 「本を読まないということは、そのひとは孤独ではないという証拠である」
  3. 「それについてはもう知っている」と思う時、人間は退屈する。

 

F『20代で得た知見』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

また、本を読んで印象に残った箇所があれば、まとめていってみます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!