【意味のありなしで判断してはNG!】仕事は「生産性」で選ぶべし

「意味がある」という言葉で判断する罠。大事なのは「生産性」_アイキャッチ画像

こんにちは読書ブロガーのネルです!

 

仕事の中で、「こんな仕事、本当に今やるべきことなのか、、?」とモヤッとする場面は多いと思います。

 

そんな問いに対して、上司はきっとこう言うでしょう。

  • 「この仕事は、〇〇という点で意味があるんだ。」
  • 「これは雑務かもしれないけど、〇〇という観点で重要だ。」
ヒヨコ
どんな会社でも「あるある」って感じですよね・・・。

 

これを言われると、部下としては、「わ、わかりました。(う~ん、たしかにそうかもしれないけど。。)」って感じだと思います、、(笑)

 

こんなような場面に何度も遭遇して、個人的に気づいたことがあります。

結論から言うとそれは、「意味のありなしで仕事を選ぶのはナンセンスだ。生産性で選ばないと、、!」ということです。

今回は、そんな話をまとめてみます!

 

『生産性』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

この記事のまとめ
  • どんな行動にも「意味」は必ずある
  • そのため、「意味があるからやる」という理屈は、どんな行動にも当てはまってしまう
  • 意味のありなしではなく、「生産性」で判断するべき

 

「意味がある」という言葉では、全てが正当化されてしまう!

絶望したの無料写真

まず、「この仕事は〇〇という点で重要だ。」という判断のもと仕事を選ぶのは、間違いなく”NG”です。

理由はシンプルで、その判断基準だと、「どんな仕事であっても正当化されちゃうから」です。

 

なぜなら、どんな仕事であっても、意味付けをしようと思ったらできてしまうから

 

例を挙げてみます。

保険会社で働くAさんは、上司に、次のように言われたとしましょう。

 

上司:「今から街に行って、道行く人に名刺を100枚渡してこい。」

A:「え・・・。なんで、そんなことをするんですか、、?」

上司:「そういった行動が、新しい客の獲得につながるんだ。いずれ、どこかでこの経験が活きるはずだ。

 

また、こんな例もあるでしょう。

社長:「毎朝、仕事が始まる前に30分の掃除を命じる。そういったことが、良い仕事に繋がるんだ。」

 

どちらも確かに、それによってプラスになる可能性はあります。

しかし、そういった仕事は、果たして本当に今やるべきことなのでしょうか、、?

 

行動はすべて何らかの意味はある

ここで重要なのが、「世の中の行動はすべて、何かしらの意味はある。」ということ。

 

ぼーっとする時間も、外で散歩している時間も、仕事をしている時間も、何かの意味はあります。

色んな行動が、思いもつかない良い結果につながる可能性ってありますよね。

昼寝でさえも、心身がリフレッシュされて仕事のモチベーションが回復する、という効果があるため、「意味がある」「重要だ」と言えます。

 

このように、人間が取る行動は、どんなことでも「意味がある」と言えてしまうんです。

 

よって、「これは意味がある仕事だ。」という理論は、「当たり前」すぎる回答であり、もはや「何も言っていないに等しい」んですね。

 

仕事は「生産性」で選ぶ

ストップウォッチの無料写真

ここまで述べてきたように、「意味がある」という言葉を使うと、何でも正当化できる。

だから、意味のありなしで判断すると、どんな行動も「正解」となってしまうんです。

 

ここで疑問となるのが、「じゃあ、一体どうやって仕事を選択すれば良いの・・・?」だと思います。

 

そこで別の例を挙げてみます。

保険営業のAさんは、次の2つのどちらをやろうか迷っています。

  1. 毎朝30分、フロアの掃除をする
  2. 毎朝30分、営業に関する本を読み、必要な知識をインプットしていく

 

選ぶべきは②だと、簡単に判断できますよね。

 

たしかに、①だって意味はあります。

掃除によって周りが気持ちよく働けるようになり、組織の雰囲気もよくなるかもしれないですよね。

 

しかし、会社として売上が上がる「可能性」が高いのは、どちらでしょうか。

間違いなく②のはずです。

 

つまり、会社の利益をあげるという目的に対して、より適した手段が②なんです。

②のほうが、「かける時間に対してリターンが大きい」=「生産性が高い行動」とも言えますね。

 

今回の記事で一番言いたかったのはまさにこれです。

仕事を選ぶ際に何よりも大事な基準は、「生産性」なんです

 

意味があるかないかという判断だけでは、すべての仕事が正当化されるため、仕事の取捨選択がまともにできません。

しかし、「生産性」で比較すると、「AとBどっちの仕事をするべきか?」は的確におこなえるようになります。

 

「会社のことを考えると、今はAよりBという仕事に集中したほうが、生産性が大きいです!」

こういった判断が一番有効になってくるはずです!

 

まとめ

  • 「こんなことを長時間続けて、本当に意味あるのか?」
  • 「この時間があるなら、他に時間を割いたほうが有用だろ、、。」

みながそう思っているのに、その仕事が長期間続けられている、なんていう状況は、もはや地獄でしかありません、、。

 

「意味がある」という無意味な判断ではなく、「生産性」という明確な基準で仕事を選べるようになりたいですよね、、!

 

この記事のまとめ
  • どんな行動にも「意味」は必ずある
  • そのため、「意味があるからやる」という理屈は、どんな行動にも当てはまってしまう
  • 意味のありなしではなく、「生産性」で判断するべき

 

ちなみに、「生産性」についての話であれば、下記の本は”間違いなく”おすすめできます!!!

『生産性』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

まさにそのために日本では、生産性という概念がまるで「工場のオペレーションの効率化の話」であるかのように捉えられてしまっています。 それ以外の分野における生産性への関心の低さは、国際的な産業別の生産性比較の結果にも顕著に表れています。

(Kindle位置:38)

 

「生産性」という言葉が、なんとなく”意識高い系”に聞こえてしまいますが、重要な概念であることは間違いない!強くそう思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!