「わからなければ質問しろ、質問しないほうが悪い」という上司の”ズルさ”

「わからなければ質問しろ、質問しないほうが悪い」という上司の”ズルさ”_アイキャッチ画像

居酒屋のアルバイト店員をしていたときのこと。

店長がよく、バイトメンバーに次のようなことを言っていました。

「指示をノートに書いておくから、何かわからないことがあれば必ず聞いてください。知りませんでしたはやめてください。」

 

人によっては、一見良さそうな店長に思えるかもしれません。

ただし、この店長は「怒るとかなり怖いタイプの人」。周りから常に恐れられていました

 

そんな状況から先程の発言を受けて、私は「言っていることは正しいけど、なんか”ずるい”よな・・・」と強い違和感を抱いていました。

今回は、ある本を読んでこの発言についての気付きを得たので、まとめてみたいと思います!

 

同じような違和感を覚えた方がいれば、この記事から何か気づきを得てくだされば嬉しいです。

 

「わからなければ、聞いてください。」というズルさ

「分からなければ、聞いてください。」

これを上司から言われたとして、どうなるか。

部下の気持ちに立って、想像してみてください。

 

ほとんどが、

  • 「基本的なことを聞いたら、怒られそう。」
  • 「どうせずれたことを確認したら、呆れられんだろうな・・・。」

こう感じるのではないでしょうか。

 

そこで結局、分かったふりをしてやり過ごす、ということが簡単に想像つきます

 

この部下の気持ちをよく考えず、「わからなかったら、聞けよ。」という方。

今度は「上司側の目線」になって考えてみると、これは”ずるい”ことだと思うんですね。

 

「聞かなかったお前が悪い。」という攻撃の準備

上司側の目線でこの発言を考えてみましょう。

「わからなかったら、聞いてください。」というのは、どういう理由なのか。

 

それは、「俺は、事前に質問しろよと言った。」→「それなのに、何も聞かなかったお前が悪い。」という攻撃のため・責任の逃れのための事前準備だと思うんですね。

つまり、これはズルさであり、怠慢である、と感じてしまいます。

 

通常、部下が大事な情報を把握していないのは、その上司に責任が問われますよね。

すると、上司は「俺は部下に対して説明責任を果たした」という立場を取る必要があります

 

その説明責任を果たしたんだ、という証明のために、「わからなかったら、聞いてください。」という言葉が出てくると感じるんです。

 

上司が問われる役割

ここまでまとめると、「分からなかったら聞いてください。」というのは、上司の説明責任逃れである、という話をしました。

だって、これを言われたところで部下は、「いや、そう言っても、簡単には質問できないよ・・・」と感じるのが大半だからです。

 

そうすると、今度は上司側として、「じゃあ、俺はどうすれば良いんだ!」という意見がでるかもしれません。

そこで私が考える上司の正しい発言・態度は以下の2点だと思うんですね。

上司に求められる役割
  1. 質問せずとも、最初からわかるよう丁寧に説明する
  2. 部下が質問しやすいような土壌をつくる

 

質問せずとも、最初からわかるよう丁寧に説明する

「分からなければ質問しろ。」という言葉を日頃から使っていると、上司はどうなるか。

説明のレベルを下げてしまいやすいんですね。

だって、疑問点があれば、(本来は)質問が来るんだから。

 

そもそも上司は、部下にわかるように説明する義務がある。

それは、まずは上司側が努力して、部下のレベルにある程度合わせる必要があると思うんです。

 

よって、最初の説明の段階で、わかるように丁寧に説明をする。

本当の意味で部下からが質問が来ないようにアナウンスする、というのが正しいあり方だと思います。

 

部下が質問しやすいような土壌をつくる

次に、「部下が質問しやすいような土壌をつくる」というのも重要です。

こちらから丁寧な説明をしても、どうしても聞き手は多少の疑問点は浮かんでくるもの。

そんな際に、気軽に質問できる雰囲気があるかどうか、という点が、きちんと情報伝達をするうえで鍵となります。

 

それには、①こちらから基本的なことを確認し、②誰かが質問したらどんな内容でも歓迎する、という態度が重要です。

 

【例】

①「念の為、〇〇のことって、わかる?」

②「質問ありがとう。たしかに、こちらの説明不足だった。」

 

というようなイメージです。

 

こうしたことを上司が積極的にやっていくことで、部下は疑問点があったら素直に確認が取れる。

だいたい、誰か1人でも疑問を抱いていたら、他の人も何人か同じような疑問を持っているものです。

よって、質問しやすい土壌さえきちんとでいれば、情報の伝達は数段正確になる、というわけなんです。

 

結局、相手の立場に立つことが大切

結局は、相手の立場に立って考えることが重要だということです。

てきとうに説明して、わからないならお前が悪いんだからちゃんと聞けよ、なんて、自分本位でしか物事を考えられていない証拠です。

 

自分が同じようなことを上司、特に厳し目の上司にやられたらどうなるか。

そういう目線で考えていけば、解決する問題だと思うんです。

 

「何でも言っていいのに、言わないほうが悪いんだよ」というのは、強者の無神経な論理にすぎない。それはボクサーが素人相手に「好きなように殴っていいんだよ。僕も好きなように殴るから」と言うようなものだ。これは対等とは言えない。

『考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)』(Kindle位置: 775)

今回の記事は、この文章を読んではっと思いついた記事でした!

「分からなければ質問しろ。」というのが口癖になっている上司、そういう言い方に苦しめられている部下の方々に、この記事が響いてくれると嬉しいです!

『考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!