科学の本質は反証可能性にある!?【カール・ポパーの主張について】

科学の本質は反証可能性にある!?【カール・ポパーの主張について】_アイキャッチ画像

こんにちはネルです!

今回は、科学哲学者のカール・ポパーによる主張「科学の本質は反証可能性にある!?」というテーマで話をまとめていきます!

参考にした本は、小坂井敏晶『社会心理学講義』と山口周『武器になる哲学』です。

 

この記事のポイント
  • 真の科学的な主張は「反証可能性」があるかどうかで判断できる
  • 反論に耳を傾けることが科学的な態度
  • 「科学」という言葉を誤って使っている主張には注意しよう

『社会心理学講義』

『武器になる哲学』

それでは、順番にポイントをまとめていきます!

 

科学の本質は「反証可能性」にある

オーストリア出身の科学哲学者カール・ポパーは、科学の本質について以下のように主張しました。

「科学の本質は反証可能性にある」

 

ここで言う反証可能性とは、「提示されている理論や仮説が、実験などによって反論される可能性があること」という意味です。

つまり、「後の実験によって、その理論が実は誤りであったとわかる”可能性”を残しているかどうか。」

この可能性があることが”科学的”だと言いえるとカール・ポパーは主張しているのです。

 

反証可能性がある主張の例

ここで、反証可能性がある主張の例を挙げます。

「Aという種の生物はすべての個体が白い」

この主張が100%正しい、絶対に間違っていない、と言い切るためにはどうすれば良いでしょうか。

まずは、すべてのAという生物を調べなければいけません。

 

さらに世界中のAという個体を調べても、実は観察した個体以外にもAという種は存在し、それが偶然にも黒色の個体であったという”可能性”があるわけなんです。

そして、今存在しているAという個体はすべて白色であっても、将来黒色のAが生まれてくる可能性も否定できないわけなんです。

ヒヨコ
こう見ていくと、100%正しい主張なんて無理や・・・

 

一方で、この主張を否定することは非常に簡単なんです。

「黒いAがたった一匹見つかった」という事実さえあれば、「すべてのAは白い」という主張を明確に否定できるからです!

 

このように、反論する可能性が残されている主張こそが、「科学的な主張」だというのが、カール・ポパーの指摘です。

科学的真理は定義からして仮説の域を出ない。命題を満たす全要素の検討は不可能です。

(小坂井敏晶『社会心理学講義 <閉ざされた社会>と<開かれた社会>』より )

 

反論が不可能な主張は科学的ではない

では一方で、反証可能性がない主張とは一体どういうものなのでしょうか。

それは、たとえばマルクスが唱えた「すべての歴史は階級闘争の歴史である」という主張などです。

 

この主張に対して多少の違和感を感じても、「反証」をすることは不可能だということがわかります。

なぜなら、歴史というのは過去の話であり、今では明確に調査のしようがないから。

さらに、「階級闘争ではない」という証拠を見つけること自体がそもそも不可能だからです。

 

反論はできるかもしれませんが、証拠をもって否定する「反証」はできない。

こういった主張は頻繁に見られますが、カール・ポパーから言わせたら「科学的ではない」という主張になるのです。

 

反論に耳を傾けることが科学的な態度

ここまでで、科学理論というものは「反証できるかどうか」という点にある、という話をしてきました。

これは言い換えれば、「反論意見をしっかりと聞けるかどうかが真の科学的な態度である」ということになります。

 

そこで、『武器になる哲学』より文章を引用します。

「これは科学的に検証された」などと枕言葉をつけて、主張の正当性を意固地になって訴えるばかりで、反論に耳を傾けようとしない人がいますが、ポパーに言わせれば、そういう態度こそ科学の名に悖るということになります。

(山口周『武器になる哲学』より)

 

自分の主張に意地になってしまい、反論意見に全く耳を傾けようとしない。

これこそが、「自ら反証可能性を否定している」ことになり、科学的ではない態度ということになるんです。

ヒヨコ
そういった”怪しい科学”には気をつけるようにしたいですね!

 

まとめ

今回は、小坂井敏晶『社会心理学講義』と山口周『武器になる哲学』より、「科学の本質は反証可能性にある!?」というテーマで話をまとめていました!

 

科学については、別の記事でもまとめたものがあるので、ぜひこちらも見てみてください!

エセ科学と科学の違いは不明確!?科学の盲信が一番危険『脳はバカ、腸はかしこい』

2019.06.09

こちらの記事は科学的を盲信する危険をまとめたものです。

ヒヨコ
科学には「反証可能性」があるからこそ、100%正しいとは限らない、という見方が重要なんですね。

 

この記事のまとめ
  • 真の科学的な主張は「反証可能性」があるかどうかで判断できる
  • 反論に耳を傾けることが科学的な態度
  • 「科学」という言葉を誤って使っている主張には注意しよう

『社会心理学講義』

『武器になる哲学』

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!