【意見・反論】「本を読んでも、行動しないと意味がない?」

【反論】「本を読んでも行動しないと意味がない」なんてことはない!_アイキャッチ画像

「本を読んでも、行動しないと意味がない。」

こんな主張を聞いたことはありませんか・・・?

 

これについて私自身、本当にそうだろうか・・・?と疑問に思っていました。

 

そこで、この主張に対する「反論」と、それに合わせて「読書の効果はどこにあるのか」について、自分なりの意見をまとめてみます

この言葉に違和感を覚えたことがある人に、本記事で納得していただけたら嬉しいです。

 

この記事のまとめ
  • 本を読んでも、すぐに行動を変える必要はない
  • 本は意外な発見を得ること、思考を深めることにも役立つ
  • 行動がすぐに変わらなくても、未来の自分の決断・思考が変わる可能性もある

 

本を読んでも、すぐに行動を変える必要はない

今回、反論したい内容としては、以下の主張です。

「本を読んでも、すぐに行動にうつさないと意味がない」

ヒヨコ
ビジネス系YouTuberの方々が、特にこういった発言をされているのを耳にします、、。

 

この主張は、部分的には正しいと思います。

しかし、本の効用を、「短期目線」で考えすぎていないか?と感じているんです。

 

たしかに、自己啓発系の本であれば、この主張はあてはまると思います。

  • 「朝起きたら、最初の10分は瞑想しよう。」
  • 「通勤電車に乗っている間に、今日やることのリストをまとめておこう」

 

こういった、短期的な行動を促す本は、書いてあることをすぐに実践してみるべきだと思います。

「ふむふむ。」と思って、はい終わり。

なんてことを繰り返しているだけでは、いつまでも自身の行動が変わらないですよね、、。

 

しかし、本には沢山のジャンルがあることを忘れてはいけない、と思っています。

 

科学本であったり、経済学・歴史・心理学、さらには哲学の本など、世の中の本は、自己啓発書だけではありません。

こういった本についても、「読んだら、すぐに行動を変えろ!」と言えるのでしょうか・・・?

 

人と会話したときにも、行動を変えないと意味がない?

ここで少し脱線しますが、次の言葉を聞いたことはありますか?

「本を読むことは、著者との対話である。」

 

本を読むということは、著者の主張に対して、

  • 「これは賛成できるけど、ここは否定したいな。」
  • 「この言い回しは面白い!」

という気持ちを抱いていく、ということでもあります。

『本を読む本』読書の大切さを語った、今でも根強い人気のある古典的な本です!

 

読書をしているだけで、色々な人と会って、会話をしているのと等しいとも言えるんですね。

 

では、ここで考えてほしいのが、「人と会話したあとに、自分が変わらないと意味がない」と言えるか?ということです。

 

言い換えると、「自分の行動がすぐに変化しない会話だったら、人と会う意味がない。会話しても無駄」と言えるか、ということです。

こんな主張はすぐにナンセンスだとわかりますよね。

人と会って話をすることは、そもそも”楽しい”。

そして、その会話の中に、「意外な発見」があり、それが自分自身の「深い思考」に繋がることも忘れてはいけないんです。

 

「読書を著者の対話」と捉え直すと、

「自分の行動がすぐに変わらない”読書”だったら、意味がない、本を読んでも無駄。」

この主張も、ナンセンスであると言えるのではないでしょうか。

 

意外な発見が得られ、思考が深まる

つまり、今回お伝えしたかったのは、「読書の効果には、意外な発見が得られ、思考が深まることがある」ということです。

 

そのため、すぐに行動が変わらないからと言って、それを「無駄だ」と言ってしまうのは、乱暴すぎるな、と思うんです。

ビジネス系YouTuberがよく主張する、「行動が変わらない読書は意味がない。」というのは、「自己啓発書」に限った話です。

「いつまでも、自己啓発書ばかり読んで意識だけ高くなっていても、もったいないよ。」という意味で、こういった発言をされているのかもしれません。

 

ここまでの話をシンプルに言い換えると、

  • 自己啓発書 → 行動を変える
  • その他様々なジャンルの本 → 楽しむ、思考を深める、意外な発見を得る、など

こういった意識で読むことが正解なのではないか、と強く思っています。

 

未来の自分の行動が変わる可能性がある

ここまでを読んで、こんな反論が出るかもしれません。

「いやいや、読書で思考が深まるのはわかったけど、それで自分の行動に変化がなかったら、それはただの自己満足じゃない?」

 

たしかに、「よし、思考が深まった。満足、満足。」となっていは、それはただの娯楽と変わらないでしょう。

しかし、読書から意外な発見・思考のトレーニングをしているとどうなるか。

 

”将来の自分の行動”に、何かしらの変化が”無意識に”訪れる可能性があるんです。

 

本で得た気づきによって、数年後、「あ、これはあの時に知った事象だ・・・。なら、こういう行動を取ろう。」とか、

特に意識せずとも、「A→Bが起こると、次にB→C→Dとつながってしまう危険があるから、、。」といった、論理的な思考ができるようになるのかもしれません。

 

つまり、読書をしておくことで、将来の自分の行動が変わる可能性は十分にあるんです。

だからこそ、多数のジャンルで、知識・思考を深めておくことは娯楽以上の有用な価値がある、と考えています。

 

まとめ

今回は、「本を読んでも、行動が変わらないと意味がない」という主張に対する反論をまとめてきました。

こういった発言に振り回されて、実は本が好きなのに「この読書は意味がないのかな・・・?」と、読書自体が嫌いになってしまう、というのが個人的に一番悲しいです。

 

好きなジャンルの本を読んで知識を増やすことも、とても有意義なことだということを、ぜひ再認識してほしいです!

 

この記事のまとめ
  • 本を読んでも、すぐに行動を変える必要はない
  • 本は意外な発見を得ること、思考を深めることにも役立つ
  • 行動がすぐに変わらなくても、未来の自分の決断・思考が変わる可能性もある

↑いわゆる「リベラルアーツ」として、最近読んだ本でトップレベルで面白かった本です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!