【つい忘れがちな事実】読書は目的ではなく「手段」である

【つい忘れがちな事実】読書は目的ではなく「手段」である_アイキャッチ画像

「俺は、一ヶ月に10冊も本を読んでいる。どうや!」

沢山の本を読んでいると、つい、そう自慢したくなる危険があります。

自分もあからさまな自慢はしていないものの、読んだ冊数が自信に繋がっていた時期もありました。

 

・・・しかし、こういう人に伝えたい。

読書はあくまで「手段」であって、「目的」ではないことを。

今回は、そういった話を簡単にまとめていってみます!

 

読書は目的ではなく「手段」である

読書は目的ではなく「手段」である。

本記事の一番言いたいことです。

 

今は読書をする人が少ないからこそ、本を読んでいること、特に難解な本を読んでいること=ステータス、のような風潮が少なからずありますよね。

しかし、本を読むことは、何かをインプットすることであり、それ以上でもそれ以下でもない。

そして、本当に求められるのは、「そのインプットしたことを使って、何ができるか。何を考えられるか。」ということです。

 

まずは、読書数を重ねて自慢気になってしまっているならば、ここを今一度冷静に見直した方が良いです。

「自分は、読書をしていて、何が変わったのか?」と、、!

 

インプット数を自慢していても何もならない

そもそも、読書、つまりはインプットそのものだけを自慢していることは、「恥ずかしいこと」でもある、と言える。

これは芸人の「小籔千豊」さんが、ある番組で語っていたエピソードから気づきました。

 

ある芸人Aさんが「俺、映画とか絵画とかが趣味なんだよね。〇〇(名作)とか△△(名作2)とか、めっちゃ好きだわ~」と言っていたそうです。

しかし、小籔さんから見てAさんは、他人のお笑いネタをすぐパクリ、自分で面白い返しも全くできないような人だったそう。

これを見て、小藪さんはこう感じたと言います。

「インプットばかり自慢して、なんにもアウトプットができていない人は、『自分はアホです。』と言っているようなもの。学んだことを自分で咀嚼できていなことを公言しているだけや。」

 

個人的には、この話はビビッときました。

読書であっても同じことで、どれだけ沢山の本を読んでいようが、難解な本を読んでいようが、その人自体に知性が感じられなかったら、何をしていない人よりも、レベルの低い人間である、ともいえます、、。

 

自分に自信がないときほど、とにかく沢山インプットして、それだけで自分を安心させてしまう

そんな状態にならないようにしたいな、とこの小藪さんのエピソードで強く感じました。

 

ただし、短期の成果に目を向けるのはNG

「実際に本を読んでも、すぐに効果を実感したことはない。と、いうことは、読書はアウトプットに何も活かせていない悪い手法なのでは?」

そう感じる人もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ここで注意しておきたいのが、「長期の視点」を忘れてはいけない、ということです。

つまり、「本を読むことで得られるメリットは、長期的にじわじわと現れる」ということ。

 

これは個人的なエピソードですが、自分は学生の頃に急激に本を読むようになり、それまで月に2,3冊ほど読んでいたのが、当時は20冊~30冊を毎月読むようになりました。

それまでは小説しか読んでこなかったのが、ビジネス書や教養書など、あらゆるジャンルの本を読む楽しさを知り、読む本すべてが面白く新鮮で、空き時間があれば常に本を読む、というような状態を2年ほど続けていました。

 

その経験が、数年以上経った今振り返ると、非常に強く活きていると感じています。

実用的なことだと、「お金」や「政治・経済」などの知識もつき、こうやって「ブログ」を始めるきっかけにもなりました。

また、「哲学」や「様々な頭の良い人の人生観」を知り、メンタルが明らかに強くなっていきました。

「もし、あの頃に大量の読書をしていなかったら、自分はどれだけ無知だったのだろう。」

そう考えてみると、ゾッとするほどです。。

 

しかし、では、当時大量に読書をし始めたときに、今感じているような効果が出ていたかというと、そんなことはありませんでした。

当時はただ読書が面白いから続けていた。

しかし、その本によってジャンルを問わず学んだことが、すぐに学業や仕事に活きてはいなかったんですね。

本で学んだことは、今の自分が直面している問題とは遠いジャンルだったりするなど、直接的な繋がりは薄かったからです。

 

それでもやはり、時間が経つごとに、読書で学んできたことがふと繋がることがある。

「あ、あの時に学んだ場面に今、自分は直面しているな。」という体験がどんどん出てくるようになるんです。

すると、「じゃあ、こうした方が得策だな。でも、〇〇といった危険もありそうだな、、。」と先回りして考えることができるようになってきました。

 

そういった体験をしてきたからこそ言えるのは、

「読書は短期的な成果に目を向けるのではなく、長期的な成果に目を向けるべき。」ということ。

 

読書は目的ではなく手段である、と言う話をしましたが、だからと言って「すぐに効果が現れないから、良くない”手段”だ。」と考えてしまうことのないようにしてほしいです、、!

 

『悩みどころと逃げどころ』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

↑最近読了して、非常に面白かった本です。お二人の真逆と言える人生観についての対談に触れると、いろんなことを考えさせられます。こういった本は、「すぐには役立たないけれど、非常に学びの大きい本」だと思います。どんな方にも自信をもってオススメできるので、ぜひ手にとってみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!