KindleマーカーはWeb上で一覧表示できるのが超絶便利!【ただし、難点もあり・・・】

こんにちはネルです!

今回は「KindleマーカーはWeb上で一覧表示できるのが超絶便利!」【ただし難点もあり・・・】というテーマで話をまとめていきます!

 

この記事のまとめ
  • Kindleはマーカーを引いた文章を後から一覧表示できる!
  • 「Ctrl+F」で検索すれば、特定のキーワードの重要箇所が再確認できる
  • ただし、「どの本に書いてあったか覚えてない」という場合は、すごい不便・・・

 

Kindleマーカーの一覧表示機能は超絶便利!

前々から当ブログでは、「Kindle使ったら、読書がこれまで以上にはかどる!」という話をこれまで何度も語ってきました!

 

そんな便利なKindleですが、特に一番優れている特徴が、「Kindleメモとハイライト」という機能なんです。

どういうものかというと、「これまでKindleでマーカーを引いた文章を、後から一覧で確認できる機能」なんです!

Kindleメモとハイライト

↑リンク先でAmazonアカウントでログインすれば、以下のようなページが表示されます。

ヒヨコ
もちろん、今までKindleを使ったことがない人は、何も表示されません!

 

Kindleメモとハイライトによって、自分が重要だと思った文章が、スマホやPC上でサクッといつでも確認できるんですね。

この機能が私にとって、紙の本よりもKindleを使いたくなる大きな理由になっています。

 

【小技】「キーワード検索」をかけたいなら、「Ctrl+F」を使う

大事な箇所が一覧表示されるのは便利ですが、1つ困りごとがあります。

もしも、1冊の本に対して何個もマーカーを引いた場合、一覧表示される文章が多くなりすぎて、「特定の部分を抜き出したいときに探すのが大変になる」という事態になるんです。

ヒヨコ
たとえば、私が大好きな本、山口周『武器になる哲学』では、マーカーが”247箇所”もされており、すごい文字数のページが表示されてしまいます・・・(笑)

 

しかし、実はこの悩みに対しては「PCの小技」を使えばラクラク解決できます

あくまでWindowsのPCを使った場合での話ですが・・・、ページ上で「Ctrl」キーと+「F」キーを同時に押すと、「語句検索」の機能が使えるんです。

 

例)ある本で「イノベーション」についてのマーカー箇所を確認する方法

たとえば、自分が『武器になる哲学』という本で、「イノベーション」について、自分がマーカーをつけた記述を確認したくなったとしましょう。

 

このとき、以下のステップを踏めば解決です。

  1. Kindleメモとハイライトを開く
  2. 左上の「タイトル検索窓」に『武器になる哲学』と入力し、該当ページを開く
  3. Crtl+Fキーによる語句検索で「イノベーション」と入力すると、対象箇所が瞬時に表示される

 

このような3手順で、すぐに目的の文章までたどりつけるんですね。

 

問題は「どの本に書いてあったっけ?」という場合

しかし、私はこのKindleの機能に対して、「あともう一歩踏み込んだ機能がほしい・・・」と強く感じています。

 

それを説明するために、今度は以下のような例を想定してみてください。

「イノベーションについて、これまで読んだKindle本の中から、全て見直したい」

実際に、ふとある問題に詰まったときや、こうやってブログを書いているときに、このような状態は割と頻繁に起こります。

 

この場合は、一つ一つ本を開いてから検索が必要・・・

では、上記の問題に対してどうするか。

 

現状は、「この本に書いてあった気がする」という記憶を頼りにその本のマーカーの一覧表示を開き、「Ctrl+F」を使うという戦術しかないんですね。

つまり、1冊1冊「Ctrl+F」→「イノベーション」という作業をしていくしか探す方法がないんです・・・。

ヒヨコ
めんどくさいんや・・・

 

つまり、私が「Kindleメモとハイライト」に欲している機能とは、「これまでマーカーを引いた”すべての文章”に対して、キーワード検索をかける」というものです!

この機能は、実装はそこまで難しいものではないと思いますし、需要はけっこうあると感じています。

ヒヨコ
Amazonさん、、もしこのページを見ていたらぜひお願いします!

 

まとめ

今回は、「KindleマーカーはWeb上で一覧表示できるのが超絶便利!」【ただし難点もあり・・・】というテーマで話をまとめていきました!

 

Kindleメモとハイライトの便利さと、ちょっとした小技を紹介しましたが、やはり「全本から検索」ができるようになると、さらに電子書籍の強みは大きく高まると確信しています!

いつの日か、こういった機能が実装されることを願っています!!

 

この記事のまとめ
  • Kindleはマーカーを引いた文章を後から一覧表示できる!
  • 「Ctrl+F」で検索すれば、特定のキーワードの重要箇所が再確認できる
  • ただし、「どの本に書いてあったか覚えてない」という場合は、すごい不便・・・

 

こういった不満はありますが、Kindleメモとハイライトは間違いなく超絶便利なサービスであることは変わりありません!

「Kindleを読んだことがあるけど知らんかった・・・」という人は、ぜひこれから使ってみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!