【女性同士で仲良くするコツは”総論”】『女子の人間関係』より

【女性同士で仲良くするコツは”総論”】『女子の人間関係』より_アイキャッチ画像

 

「自分も”女子”だが、職場の人間関係などは本当に疲れる。。」

「うざい言葉ばかり言ってくる知り合いがいて、とにかく良い対処方法を知りたい。」

こういう悩みを抱えている方にこそ、ぜひ読んでほしい記事です。

先日、こんな本を読みました。

『女子の人間関係』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

この本で特に良い勉強になったのが、

「女性の人間関係は、”各論”よりも”総論”に着目せよ」

ということ。

 

自分はあくまで男性ですが、とても勉強になった箇所、気付かされることがありました。

女性同士の人間関係について疲れている人、嫌気が指している人には、きっと役立つ「ちょっとしたコツ」が知れると思います

コンパクトに内容をまとめていますので、ぜひ読んでみてください。

 

最初に、この記事のまとめを冒頭に述べておきます。

この記事のまとめ
  1. 女性の人間関係は”各論”よりも”総論”に目を向けるべし
  2. 自分とは違うライフスタイルの相手を攻撃する人が存在する
  3. 「グループ分け」を変えてみて、相手と自分は同じ悩みを持つ立場であることを伝えよう

 

女性の人間関係は”各論”よりも”総論”

まず、結論からご説明します。

「女性の人間関係は、”各論”よりも”総論”に着目せよ。」

これが、この記事で一番お伝えしたいことです。

 

これだけでは分かりづらいと思うので、まずは、以下の簡単な例を読んでみてください。

 

(例)

3歳の子供を持つ、専業主婦のAさんと、

同じように3歳の子供を持ち、”会社で働いている”Bさんから、

ある休日のランチの際に、こんなことを言われたとします。

B「仕事しながら、子供を育てるのって本当に大変。その点、あなたは子育てだけだで良いから楽だよね~。」

この時に、

A「うん、、そうね・・・。Bさんは仕事もあるし、大変だもんね。。(は?専業主婦も、専業主婦なりの特有の悩みはあるわ?なに急に喧嘩売ってんの?)」

こう思ってしまう方は多いと思います(笑)

 

ですが、ここで「女子の人間関係は、各論よりも総論に着目せよ」というアドバイスを実践してみたいと思います。

すると、こうなります。

A「そうね~。でも、私達ぐらいの子供を持つ母たちは、本当に大変だよね~。」

 

女性は、自分とライフスタイルが違う女性に敵意を向けやすい

詳しい説明に移る前に、一旦本書を引用してみます。

ライフスタイルが多様な女性が「各論」を論じている限り、どうしても「違い」にばかり目が向いてしまい、「味方か敵か」ということになってしまいます

(kindle位置:666)

つまり何が言いたいかと言うと、

「女性は、自分とライフスタイルが違う相手に対して、敵意を向けてしまう」

ということです。

それぞれの状況に応じて論じることから、「各論」という言い方をしているんですね。

 

先程挙げた例でいうと、以下の2つのライフスタイルの違いが際立っていますね。

  • 専業主婦で子育てをしているAさん
  • 仕事もしながら子育てをしているBさん

Bさんからすると、「自分は一生懸命働いているのに、Aさんは楽そうで”ずるい”」という意識が芽生えてしまっているんです。

 

特に、「旦那さんは稼ぎが多いAさんは専業主婦でいられるけど、Bさんは共働きじゃないとやっていけない」

なんていう状況のときは、Bさんからの嫌味は飛んできやすい、とも考えられますよね。

 

もちろん、個人差はありますが、「自分とは違うライフスタイルの人を、つい攻撃してしまう」というのが、一部の女性の特徴、ということです。

 

総論を意識して、「私とあなたは同じくくり」という認識に変えさせる

では、そのような特徴をもっている相手に対して、どう対応すればよいのか。

もちろん、嫌味に対して更にこちらも嫌味で返してしまうのは絶対にNG。

ドロドロの罵り合い合戦になってしまいかねまんせん、、(笑)

 

ここでまさに、「総論」を意識するんですね。

つまり、「専業主婦Aさん VS 共働きのBさん」という各論的なポジションから、

”同じ3歳の子供を育てている同士”として、

「3歳の子供を育てている母親のAさんBさん VS その他の人」

という構図にしてしまうんです。

 

別ポジションに立っていた自分を、「私もあなたと同じ状況にいるんだよ。」ということを伝えるんですね。

そのセリフこそが、例で挙げた「そうね~。でも、私達ぐらいの子供を持つ母たちは、本当に大変だよね~。」なんです。

 

相手と自分は同じ立場で苦労を分かち合っている

実際、人間なんて、家族構成、出身、体つきから、いろいろな違いを見ていくと、全く同じ人間なんていないわけです。

だからこそ、「物事をどうグループ分けするか」によって、2人が敵になったり味方になったりするだけなんですね。

 

相手が、「自分は大変な側、あなたは楽な側」なんてくくりで攻撃してくる「各論」を言ってきたら、

まずは冷静になって、「でも、こう見ると、私もあなたも同じ苦労を共有できる仲間だね。」と言ってみるべきなんですね。

 

まさに、誰も傷つけない、知的な対応策だと感じました。

自分は女性ではないため、こういった「人からの嫌味で困っている」という悩みを抱くことは少ないですが、

「ピリッとした場を和ます技」として、頭にストックしておきたいと思ったスキルでした!(笑)

 

今回参考にした本は、まさにタイトル通り「女性の人間関係」を考える上でとても参考になりました。

「”女”の面倒くささには、もうこりごりだ!」

なんて方がいたら、一読してみると、良い発見があると思いますよ!

『女子の人間関係』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

この記事のまとめ
  1. 女性の人間関係は”各論”よりも”総論”に目を向けるべし
  2. 自分とは違うライフスタイルの相手を攻撃する人が存在する
  3. 「グループ分け」を変えてみて、相手と自分は同じ悩みを持つ立場であることを伝えよう

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!