オリエンタルラジオ中田さんが売れた「3つの理由」

オリエンタルラジオ中田さんが売れた「3つの理由」

最近、オリエンタルラジオ中田さんの活躍が凄まじいですよね・・・!

 

ちょっと前まで、「パーフェクトヒューマン」で大ブレイクしていたと思ったら、今度はYouTuberとして勉強になる超人気動画を沢山出しています。

それにしても、中田さんはなぜこんなにも人気を得ることができたのでしょうか?

 

「慶応大学卒で頭が良いから」ぐらいの漠然とした理由で考えていましたが、

先日、彼が書いた本『労働2.0』を読んで、その考え方が変わりました。

 

やっぱり本当に売れている人は、その戦略と日々の行動力が凄まじい(笑)

今回は、この本から学んだ「中田さんが売れた理由」について、自分なりにまとめていきたいと思います!

『労働2.0』

オリエンタルラジオ中田さんが売れた3つの理由

「面白さ」だけで戦う世界をずらした

「才能がある芸人でも全く売れない人はとても多い。その理由は、”面白さ”だけで戦おうとしていたから」

 

今の時代、テレビに出て漫才をしていなくても、YouTubeやオンラインサロンなど、「自分が得意とするジャンル」でお金を稼ぎながら好きなことを仕事として続けていくことができますよね。

中田さんはこのことを強く意識して、「面白い漫才をしてTVでトップに立つ」という昔ながらの戦い方から脱して、自分が得意な戦略を狙いに行ったのです。

 

中田さんにはよく芸人が”売れるため”に相談に来るといいます。

しかしその相談内容が、「M1でチャンピオンになる方法を教えてくれ!」など、とにかく”面白さ”だけでしか、自分たちの成功を測れない人ばかりだというのです。

ヒヨコ
これでは本当にトップに立つ、つまりナンバーワンになるまで、常にもがき続けることになり、あまりにも過酷ですよね。

 

中田さんは、はやくもこの「面白さ」という1つの土俵から抜け出し、「自分が勝てるジャンル」を探し続けたわけなんです。

 

自分のいるべき場所を探し、他人との差異を活かした

「100万人に1人の人材に簡単になる方法」をご存知でしょうか。

これは、「100人に1人しかないような特徴を3つ掛け合わせる」ことだといいます。

つまり、他人と比べて自分が持っているちょっした特徴、差異でも、それが複数重なれば、その人は他にはいない貴重な人材になる、ということですね。

 

中田さんは、周りの芸人と比べて「自分はどういった特殊な武器を持っているか?」と自問自答を繰り返したと言います。

そして、出てきたのが「慶応大学出身」という点。

そして、「音楽」に興味があるという点でした。

 

実は、中田さんは初期の頃、高学歴は芸人にとって足かせにしかならないと考えて、そのことを隠してすらいました。

しかし、「高学歴ってよく考えたら、お笑い芸人には珍しくない?」ということに気づきました。

そしてそれを活かすことで、一気にクイズ番組などの幅が増えたといいます。

 

さらに「芸人×音楽」というジャンルも今までなかった。

だから、オリエンタルラジオの2人はその”掛け算”に挑戦することで、今までにない新しい成功を手にすることができたんです。

 

ちょっとしたものでよい。他人と比べて自分はどういった特徴があるか。

そして、そのちょっとした特徴を掛け合わせることで、何か面白いことができないか。

こういった思考をもって動いてきたからこそ、中田さんは独自に大きな成功をすることができたんですね。

 

常日頃から考え続け、動き続けた

そしてやはり、中田さんの何よりも強い武器は、「日頃の思考癖と、行動力」だと感じました・・・!

 

たとえば中田さんはある日「遊園地のお土産屋さんは売れないのに、ディズニーランドのお土産があれだけ売れるのは何でなんだろう」と考えました。

すると、

  • 遊園地は、入り口近くにお土産屋さんが集まっている
  • ディズニーランドは、アトラクションのそばに、お土産さんが散らばっている

という”違い”を見出しました。

 

この違いから、

「ディズニーランドは、アトラクションに乗った後の”興奮”で、そのままお土産を買うようになっている。」

「つまり、購買理由は、”記念に買って帰りたい”という気持ちだ!」

ということを推測したといいます。

 

そこでさっそくこの手法を活かし、

  1. グッズの販売では当日の話と絡めながら紹介し、
  2. そのグッズの創作秘話なども明かす

ということをしました。

そして見事この作戦は大成功。

紹介したグッズは、お客さんが”記念に買って帰ろう”と考え、飛ぶように売れたそうです。

 

ただの遊園地を観察し、違いを見出し、その理由から自分たちにも活かせるアイデアをつかみとる。

そして、それをすぐさま行動に移しているわけです。

この部分を読んで、「そりゃ、これだけ日頃からよく考えて、行動していたら人気芸人になるのも納得だ・・・!」と、私は強く感じました。

 

まとめ

やっぱり、人気がある人は、それだけの理由があるわけなんですね。

ヒヨコ
今回、『労働2.0』を読んで、この単純だけど重要な法則を改めて思い知らされました・・・!

 

日頃からぼーっと生きるのではなく、身近なものを観察し、自分なりに分析して結論を出す癖をつけてみる。

そしてアイデアが浮かんだら、小さいことでもまずは動き出してみる。

こういった姿勢をこれから私自身、もっと大切にしていきたいと思います!

 

『労働2.0』

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!