【読書を習慣にできる人と、読書が続かない人の違い】

【読書を習慣にできる人と、読書が続かない人の違い】_アイキャッチ画像

これまで本ブログでは、「読書はとにかく大事なんだ!!」と、強く強く、訴えてきました。

 

世の中を見渡しても、頭の良い人・成功している人たちのほぼ全員が、「読書は大事なんや。」ということを言っていますよね。

こういった声に耳を傾け、いざ読書を習慣にしようと思って本を開く、、、

それでも、1週間も経てば本を読まなくなり、結局いつもの生活に戻ってしまう。

そんな人は、けっこう多いと思います。

ヒヨコ
新しいことを習慣にするのは、何でも最初はとてもツライことですよね・・・。

 

そういった人達を見てきて感じたのは、「読書習慣がつかない人は、みんな同じような”罠”にハマっているんじゃ・・・」ということです。

特に、「読書は大事なこと。」と頭でわかっている人こそ、この罠にハマっている人が多い印象があります

 

そこで今回は、そんな「読書習慣がつかない人が陥りがちな罠」について、解説し、読書習慣をつけるコツにつなげていきたいと思います!

ヒヨコ
この記事を読めば、「読書は本当に楽しいものなんだ!」ということに気づいてもらえると思います!

『トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな (大和出版) 』

↑「なんでこんなタイトルの本をいきなり紹介した?」と思うかもしれません(笑)後半でその意味がわかりますので、ぜひ読み進めてみてください。

 

読書が続かない人がハマっている罠

まず、読書が続かない人がハマっている”罠”とは、一体なんなのか・・・。

それは、「読書を神聖なもの、と捉えすぎている。」ことです。

 

本を読むこと自体は、別にたいしたことはない

本を読まない人って、その多くが、「読書って難しいけど、とても大事なことだよね。」という印象を抱いているようです。

そしてこれに続くのは、「今は興味が湧かないから、またいつか読もう」というパターンです。

ヒヨコ
私自身も、数年前まではこういった気持ちを持っていました(笑)

 

こういった人でも、たまには気が向いて読書をすると思います。

そこで、どんな本を読んでいるかを見てみると、

  • 「資本主義がどうのこうの~」
  • 「法律と憲法がなんちゃら~」

などなど、やたら難しそうな本を読んでいるんです

本棚に本が少ない人ほど、そのタイトルが難しそうなものばかり、という現象ですね。

 

気持ちはわかる、本当にわかるんです・・・。

せっかく読むなら、頭がよくなりそうな本を読もう、という気持ち。

 

でも、その時代をなんとか乗り越えてきたぼくだからこそ、今となって感じることがあります。

「みんな、読む本を”背伸びして”選んでいませんか?」

 

難解な本は疲れるし、すぐに飽きる

今でこそ、年間200冊以上は本を読む習慣がついたぼくですが、それでも正直言って、難解な本は疲れるし、飽きます(笑)

というか、悔しいことに理解できないことも多いです・・・。

ヒヨコ
著者の頭の良さについていけないことなんてザラにあります(笑)

 

たとえば、最近、タイトルを見て、「面白そう!」と思って買った以下の本。

『私たちはどこから来て、どこへ行くのか (幻冬舎文庫)』

『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』なんて、興味をそそりませんか?

今回の主張とは違って、別に背伸びしたわけでもなく、純粋に読みたいと思って買ったので、問題なはないとは思っています。

 

しかし、中身が難解で、すぐに挫折しちゃいました(笑)

良い本であることは間違いないと感じましたが、「今の自分にはまだ早い」と感じたら、多少粘った末に諦めるようにしています。

 

 

たまに、こういう本に体当りして読み切ることももちろんあります。

しかし、毎回そんな難しい本ばかりに挑戦していたら、モチベーションがもちません。

でも、毎回こういった難解な本ばかり挑戦して、読書に挫折している人、かなり多いんじゃないでしょうか。

 

純粋な興味で本を選ぶだけで、読書は圧倒的に楽しくなる

ジャンルに縛られず、とにかく興味の赴くままに本を読む、いわば「乱読スタイル」を貫いてきた今だからこそ、わかることがあります。

それは、「興味で選んだ本が、結局一番頭に入るし、楽しいよな~!」ということです。

 

「よくわからんけど、頑張って最後まで読んでやるんだ・・・!」と頑張った本もこれまで沢山ありました。

しかしそういった本は、覚えていることがほとんどない、という悲しい現実があるんですよね(笑)

(もちろん自分の成長にはつながることも多いですよ・・・!)

 

そして、読解力がついてより高いレベルへ

興味のままにいろんな本を読んでくると、自分の読解力や知識レベルがぐんぐんと上がってきます

そして、”本に対する好意”も増してくる。

その後は自然と、1年前だったら決して読まなかったような難しい本に、挑戦したくなってくるもんなんです。

 

このように、背伸びせず、興味のままに本を読んでいると、

読書の理想サイクル
  1. 本を楽しみながら、知識が自然とつく
  2. 数週間もすれば、読書が習慣化され、読解力もぐんぐん伸びる
  3. そして難解な本にも興味がわき、さらに良いサイクルへ

このような理想の状態ができるわけです。

 

つまり、「読書は背伸びせず、読むのにラクそうで面白そうな本から読む」というのが、読書習慣をつけるうえでの鉄則なんです・・・!

 

読んで読んで、読みまくれ!

ちなみに、私が色んな本を沢山読むことに対し、とてもモチベーションを上げたくれた言葉があります。

 

私が尊敬するビジネス書作家「山口周」さんの本『トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな』からの言葉です。

「20代は、読んで読んで、読みまくれ」

たったこれだけの言葉なんですが、ぼくにはめちゃくちゃ心に響きました!!

『トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな (大和出版) 』

 

山口周さんとは、『武器になる哲学』や、『ニュータイプの時代』など、ベストセラーを数多く出版している方です。

ヒヨコ
個人的には、思考の深さが圧倒的に優れていて、この方の本を読むたびに、「どうしたら、こんな洞察力を身につけられるんじゃ・・・」といつもいつも、感服してしまうほどです。

 

そんな尊敬する方が放った言葉。

「とにかく、読んで読んで読みまくれ!!」

こんなシンプルで、読書において背中を押される言葉はないのではないでしょうか

 

実際に著者は、若いときに大量の読書をしてきたことが、現在の良質なアウトプットにつながっているんだ、と述べられていました。

 

別に20代に限らず、この「読みまくる」というのは読書において、何よりも重要な指針だと思います。

  • 少しでも気になった本があれば読んでみる
  • 悩みがあればそれに関連した本を読んでみる
  • 暇だから、とりあえず何か読んでみる

 

こういった、ある意味で”ハードルの低い読書習慣”が、結局は最も良質な読書体験につながるのではないでしょうか。

 

まとめ

ここまで、読書が続かない人が陥りがちな罠として、「背伸びした読書をしてしまう」ということを述べてきました。

個人的な経験からも、読書習慣をつけるコツは、「何でも良いから、どんな簡単そうな本でも良いから、気になった本を読んでいく」ということに尽きると思っています。

 

読書に大切なのは、「読んで、読んで、読みまくる」ということ。

ヒヨコ
ぜひ、これだけでも覚えておいてほしいです!!!

 

読書については、さらに以下の記事も合わせて読んでみてください。

【読書で人生は変わるの?】千冊の本を読んで明らかに変わった6つのこと

2019.02.09

読書のモチベーションを上げるのに、うってつけの記事ですよ・・・!(手前味噌ですがw)

 

それでは、一緒に、最高の読書生活を過ごしていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!