【読書で人生は本当に変わる?】1000冊の本を読んで得た6つの効果

「『読書が大事だ!』とか意識高い人は言うけど・・・。本をたくさん読んだだけで、本当に人生なんて変わるか?」

あなたは、こんな疑問を抱いていないでしょうか。

 

私はこれまで、1,000冊以上のビジネス書を読み、特にこの1年間では300冊以上の本を読み切るという経験をしてきました。

ヒヨコ
本が好きで、こういったブログを立ち上げることを決めたぐらいです!

 

学生時代、時間があったときに、小説以外の本を手にとってみて、「おいおい!ビジネス書ってこんなに面白いんか!」と衝撃を受けてから、読書をすることが完全に習慣化されたんですね。

今回は、そんな沢山の読書経験をもとにして、「読書で、人生にどういった変化が現れたの?」という視点でお話をしていきます!

 

次のような方にオススメの記事です
  • 読書のモチベーションをアップさせたい方
  • 日々の生活と読書の関係について知りたい方
  • 読書なんかしても意味がないと思っている方

 

読書で人生は変わるのか?

「読書で人生は変わるのか?」

結論から言うと、「人生レベルでの大きな変化はないが、日々の生活が圧倒的に変わった」ということになります。

 

さすがに、1,000冊の本を読んだからと言って、いきなり大金が手に入るような経験は一切ありませんでした。

ヒヨコ
それは当たり前すぎますね・・・笑

 

しかし、本を大量に読んだことで、「目に見えて変わったこと」は数え切れないほどあったんですね。

身近な人にも、「最近お前なんか、変わったな・・・!」と言われることがちらほらありました。

 

そこで、「読書によって変わったこと」のうち特に大きな”6つの変化”を紹介していきます!

 

本を読み続けて変わった6つのこと

それでは、本を読んで変わった6つのことをお話していきます。

 

結論から言うと、以下の6点です。

本を読み続けて変わった6つのことまとめ
  1. テレビを見なくなった
  2. 時間を一秒でも大切に扱うようになった
  3. 筋トレで体への投資もするようになった
  4. メンタルが強くなった
  5. プレゼン資料作成術などのスキルが上がった
  6. 謙虚になった

 

詳細を、上から順番にテンポよく解説していきます。

 

テレビを見なくなった

まず最初の変化点としては、テレビを全然見なくなったことです。

 

私は、読書にドハマリするまでは、毎日のようにテレビのバラエティ番組を何時間もボーっと見る習慣がありました。

それはそれで楽しいのですが、なんかこう刺激的ではない、というか、「やることがないから見ている。」という感じだったんですね。

 

読書が習慣化されてからは、テレビを見る時間が何分の1かに急激に減って、その分の時間を読書にあててゆったりとした時間を過ごすようになりました。

こんな変化が訪れた理由として、「テレビを見ているより、読書の方が圧倒的に刺激的で、純粋に楽しいな・・・!」ということに気づいたからです!

 

「刺激的で良い情報を得るため」には、テレビでは不足しているということに気づくことができたんです。

似たような変化で、スマホで見るネットニュースも、「芸能人のゴシップ系の記事」は全て「表示をOFF」にしました。これも、同じ理由からです。

 

このように、「情報を自分から取りに行く」という習慣ができると、日々の情報への向き合い方が大きく変わっていくんですね!

 

「ニュースをぼーっと見ているよりも、本でニュースの真の意味を学んだほうが面白い。」このことを体感的に知れる本として、この池上彰さんの本は非常におすすめです!

『おとなの教養』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

たとえばヨーロッパの高校に行くと、「歴史」という科目しかありません。「日本には世界史と日本史があります」と言うと、ヨーロッパの人は「なぜ二つもあるんだ?」とビックリします。ではヨーロッパの国々にとっての「歴史」とは何か。自分の国がヨーロッパの中でどういう位置にあったのか、それを記したのが彼らにとっての「歴史」なのです。ですから、そもそも世界史という意識は稀薄です

(『おとなの教養』 Kindle位置:1,908)

 

時間を一秒でも大切に扱うようになった

続いての変化点として、「時間を1秒でも大切にするようになった」ことが挙げられます!

 

たった10分でも読書すれば、驚くほど沢山の事を勉強できるんですね。

ヒヨコ
同じ10分でも、スマホをダラダラ見ているだけでは、一瞬で過ぎるし、特に何も残りませんからね・・・。

 

また変化として象徴的なのは、「飲み会を断る回数」がぐっと増えたことです。

それまで私は、飲み回に誘われれば参加し、友人と話すことが一番の楽しみになってました。

 

しかし、「読書でも、面白い人・頭の良い人に沢山会える」という事に気づいてしまってからは、参加を少し迷うぐらいの飲み会ははっきり断ってしまう。

その分の時間で家やカフェでリラックスして読書する、なんてことをするようになったんです。

 

もちろん、飲み会も楽しく、有意義なものであることは間違いないため、私は今でも大好きです!

ただ、日によって「今日は家でゆっくりと読書しよー!」という、「楽しみ方の選択肢」をもてるようになったのは確実に大きな変化でした。

 

筋トレで体への投資もするようになった

「時間の貴重さを知った」ことから、「体への投資」の大切さも意識するようになりました。

 

というのも、「不健康な体では頭がさえず、結果的に何事も楽しめなくなる」ということに気づいたからです。

 

ここでもちろん、筋トレの方法や注意点などは「本で学んだ知識」を活かしているため、より無駄のないものになっていると自負しています。

ヒヨコ
以前はそこそこ細身の体質だったのですが、筋トレによって半年間で5kg以上体重を増やして、より健康体になりました!

 

「筋トレ系の本」と言ったら、圧倒的に人気なのがこの本!

『筋トレが最強のソリューションである』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

著者の「テストステロンさん」は、筋トレ好きのひとはほぼ全員知っていると言えるぐらい有名な著者です。

ユーモア要素も強いので、ニヤニヤしながら読み進めていけますよ!笑

皆さんタンパク質=プロテインの語源をご存知でしょうか? 古代ギリシャの言葉で「最も重要なもの」を意味するプロティオスが語源とされているそうです。古代ギリシャの偉い人が「最も重要なもの」って言ってるんですよ。 もうメチャメチャ大事ってことで間違いないでしょう。

(『超筋トレが最強のソリューションである』 Kindle位置:640)

 

メンタルが強くなった

続いての変化点は、「メンタルが強くなった」ことです。

 

これまでを振り返ると、何かに悩んだときには「親や友人に相談する」or「ネットで検索する」という手段がほとんどでした

しかし、人に悩みを打ち明けることもなかなか難しく、ネットでは「まとまった解決策」は得られなかったりしますよね。

ヒヨコ
みなさんも、ネットでは悩みへの解決には繋がりにくい、ということにうなずけるのではないかと思います。

 

しかし最近では、「本で悩みを解決する」という手段を知って、非常に気分が楽になりました。

 

実際に本屋によく行かれる方ならわかると思いますが、「自分の今の悩み」をそのままタイトルにしたような本って、ほとんど書店に置いてあったりするんですよね。

本は情報量が多く、中身も体系的になっているために、関連する情報の本を読んでいると、「たしかに、、それが一番の解決策か・・・!」と気づくことがこれまで何度もありました。

 

本屋にふらっと行くだけで、人生の先輩方が一瞬で悩みを解決してくれる。

こんな心強いことは他にない、と言い切れるほどです。

ヒヨコ
「〇〇な人への対処法」「転職を考えているあなたへ」など、悩みそのものがタイトルになっている本は心強い!

 

↓たとえば、「人間関係の悩み」への対応本として、以下の本は人気です。

『反応しない練習』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

本当の「僧侶」の方が書いた本で、「仏教の教えをもとにして、人間関係の悩みを克服する方法」を解説しています。

方法として賛否両論ありますが、一定の気付きは得られると思いますよ!

「過去を引きずる」というのは、仏教的には「記憶に反応している」状態です。ここは大切な点なので、ぜひ理解してください。

(『反応しない練習』 Kindle位置:1,140)

 

こんな悩み解決策を知っているだけでも、メンタルは圧倒的に強くなると思っています。

 

プレゼン資料作成術などのスキルが上がった

読書によって訪れた変化点として、「ビジネススキルが上がった」という点も見逃せません。

分かりやすい例で言うと、PowerPointやExcel術の本を読んで、パソコンでの作業が一気に改善されるという経験をしてきました。

PCのソフトって、説明書を読まなくても雰囲気で使えたりしてしまう分、本で体系的に一度でも学んでおくと、その効果が絶大だったりします。

 

↓ちなみに、「PowerPointのデザイン」を学ぶには、この本が圧倒的におすすめです!

非常に見やすいレイアウトの本で、内容も1つ1つ納得感が強いものになっています。

(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

また、「文章術」や「会話術」の本も沢山読みましたが、学んだことはふとしたときに実践できています。

ヒヨコ
「あ、あの本で学んだことをここで実践してみよ」と、ゲーム感覚で人との会話を楽しんでいるときもあります(笑)

 

こういうスキル系も会社で開かれる研修などに頼るのではなく、積極的に「書籍」などでビジネススキルを学んだほうが、コストパフォーマンスが非常に高いと思いますよ!

会社の研修って、内容やレベル感が自分に合わずに退屈、、なんてことあったりしますからね・・・。

 

謙虚になった

本を読んで変わったこと、最後の1つです。

それは、

「謙虚になった」

という点です。

色々お伝えをしてきましたが、私の経験上、この点が最も大きな変化点だと強く感じています。

 

「本を読むと、むしろ知識を得て”傲慢”になるんじゃないの?」

もしかしたら、あなたはこう思うかも知れません。

 

しかし、実際に大量に本を読んでいって体感的に知ってしまったことが、以下のことなんです。

「おいおい!!世の中には、こんなにも化け物みたいに頭の良い人達がゴロゴロいるんかい・・・!」

私は、本当にこのことを強く痛感しました。

 

というのも、もしあなたが本を読んでいないとすると、普段話をする相手は、どんな人達でしょうか。

必然的に、周囲の友人や先輩・後輩、両親や親戚などになりますよね。

しかし、もし本を読む習慣をつけると、その対話相手は、「世の中に出回っている無限大といえるほどの量の本とその著者」ということになるんです。

対話相手の量が比較にならないほど違います。

ヒヨコ
今や、「1日で200冊以上の本が出版されている」と言われるほどなんですよ・・・!

 

しかも、本を1から執筆できる時点で、その人たちはそれだけでも頭の良い可能性が高いわけです。

そういった本を何冊も読んでいると、「自分はなんて小さい世界で偉そうにしていたんだ・・・」と打ちひしがれる事間違いなしです(笑)

 

ぜひ、読書によって頭の良い人に触れることで「謙虚になる経験」をしてみてください!

 

↓個人的に、「じっくりと考えるための本」といえば、この本が真っ先に浮かびます。

『社会心理学講義』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

こちらは、非常にヘビーな本ですが、よくある「文章が難解で読みづらい」なんてことは一切なく、文章自体は読みやすいんです。

ただ、ここで述べられていることが、一般的に自分がこれまで信じてきた事とは”正反対のこと”を述べるので、頭が混乱するんですね・・・笑

それでも、じっくりと文章を追っていると、「確かに、、直感では受け入れがたいけど、言っていることは正しいかもしれない。」と感じてくる、まさに”スルメみたいな噛みごたえのある本”です。

反ユダヤ主義が原因でホロコーストが生じたのではない。しかし、いったん虐殺が開始されれば、 殺戮者の苦悩を麻痺させる手段が必要になる。そういう意味で、反ユダヤ主義はホロコーストの原因というよりも、逆に虐殺の結果だと言えるでしょう。

(『社会心理学講義』 Kindle位置:1,043)

「難しい本にアタックしてみたい!けど、どんな本が良いか分からぬ。」という方は、こちらの本は非常に強くおすすめします!

 

まとめ

今回は、「読書によって変わった6つのこと」というテーマで、まとめてきました。

 

ここで改めて、本を読んで変わった6つのことを振り返ります。

本を読み続けて変わった6つのことまとめ
  1. テレビを見なくなった
  2. 時間を一秒でも大切に扱うようになった
  3. 筋トレで体への投資もするようになった
  4. メンタルが強くなった
  5. プレゼン資料作成術などのスキルが上がった
  6. 謙虚になった

 

色々とお伝えをしましたが、結局、私が読書好きである一番の理由は、「とんでもなく頭が良い人と、安価に手軽にいつでも話ができること」なんですよね。

ヒヨコ
良質な本に出会うたびに今でも、「何だこの人!洞察深すぎてすごい・・・」と衝撃を受けてばかりです(笑)

 

その「難しいこと、知らなかったことを学ぶ感覚」が好きで次々に本を読んでいたら、いつの間にかかなりの読書量になった、ということが実態です。

 

これまで読書をあまりしてこなかった方も、月1冊からでも良いので読書習慣をぜひつけてみてください!

「1冊でも、本当に面白いと思える本」に出会うだけで、読書への抵抗感は一気に0になるはずです。

 

また、「読書のメリットはわかったけど、時間が確保できない」という方へ。

読書数を増やすポイントをまとめた記事もありますので、こちらも合わせてぜひ読んでみてください!

大学生のぼくが実践した読書数を増やす工夫を紹介!

2019年1月27日

 

ちなみに、読書数を更に増やしてくれたきっかけの1つが、以下の記事で書いた「Kindle Unlimited」でした。

本が高くて買えない学生こそ「Kindle Unlimited」をおすすめする3つの理由_アイキャッチ画像

本が高くて買えない学生こそ「Kindle Unlimited」をおすすめする3つの理由

2019年7月5日

 

本が高くてお金がなかった学生の頃の自分に、これだけ大量の本を読む機会を与えてくれたAmazonには、本当に感謝しています・・・!

「Kindle Unlimited」は、”本気でおすすめ”したいサービスです。

無料体験もあるので、一度は試すことを本当におすすめします。

ヒヨコ
「本が無料で読める」ことで、読書へのハードルが何段階も下がるはずです。

 

少しでも多くの方が読書によって、毎日の生活が良い方向に向かっていくことを願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!