【商売のあるべき姿とは】客の利益と店の利益の”ジレンマ”に悩むこと!

【商売のあるべき姿とは】客の利益と店の利益の”ジレンマ”に悩むこと!_アイキャッチ画像

こんにちはネルです!

今回は、「【商売のあるべき姿とは】客の利益と店の利益の”ジレンマ”に悩むこと!」というテーマで話をまとめていきます!

参考にした本は、水野敬也『夢をかなえるゾウ3』です。

 

この記事のまとめ
  • 商売のあるべき姿は「客の利益と店の利益の”ジレンマ”に悩むこと」
  • 「お客さんのために赤字覚悟で売っています」というのは信用度が下がる危険も
  • 企業が求められているのは、誠実かつ正直な態度

『夢をかなえるゾウ3』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

それでは、順番にポイントをまとめていきます!

 

「商売のあるべき姿」とは

この本で強く印象に残ったのが、「商売のあるべき姿」を語る場面です。

早速引用します。

『何がなんでも 儲けたい』ちゅう考えと『お客さんのために儲けを出したい』ちゅう考えは違うんやで。お客さんを喜ばせるために値段は下げてあげたい。でも仕事続けていくために利益は出さなあかん。そのジレンマに悩むんが、商売のあるべき姿やねん。

引用:『夢をかなえるゾウ3』

つまり、

  • お客さんのために、良い商品を安く売ってあげたい
  • しかし、利益を出さないと店が続けられない

この2点に「悩む」ことが、商売のあるべき姿だと言うんですね!

 

お客さんのために値段を最大まで下げるという嘘

よく企業が言うことって、「お客さんのことを第一に考えて、限界まで値段を下げています!」とか、「赤字の覚悟で売っています!」とかの謳い文句ですよね。

これって、なんだか怪しく感じませんか・・・?

ヒヨコ
私はよくこういう言葉を聞いて、「そう言っているだけで、本当はただ自分たちの利益を出したいだけだろう」とひねくれた見方をしていました(笑)

 

「自分たちのことは二の次で何よりもお客様の笑顔が見たい」

こういった言葉は一見すると素敵ですが、どうも人間らしさがない、という印象を受けますよね。

しかし、そうは言っても、「客のことを考えず、自分たちが利益を出したいだけ」という、なんとも冷徹な態度も悲しいですし、商売もうまくいかないと思います。

 

そういったことに対して、「お客さんのために価格を下げたいが、自分たちも利益を出さないとやっていけない。だから、お互いが幸せになるような営業します」正直かつ誠実に言ってくれたほうが、客としても気持ちが良いのではないでしょうか。

 

正直かつ誠実な態度が良い企業

最近は、有名企業で不祥事があり、幹部たちがテレビで謝罪&記者会見をしている場面をよく見ますよね。

こういったことを見ていて思うのは、「正直・誠実に謝ってきちんと対処を取った場合には、むしろその企業への好感はあがる」ということです。

 

明らかにその企業が悪いのに、妙な言い訳を言って逃れようとしている場面を見ると、その企業のイメージはガタ落ちですし、見ていて悲しい気持ちにさえなります。

 

商売について「自分たちの利益も大事だし、お客さんの利益も大事。だから商売は難しい。」と、正直・誠実に語ってくれたほうが受けても信用できるように、なにごとも企業が求められているのは「美辞麗句」ではなく、「正直で誠実な発言」に尽きるのではないか、と感じました。

ヒヨコ
正直さが生きるのは、常に誠実な態度の場合に限りますが・・・(笑)

 

まとめ

今回は、『夢をかなえるゾウ3』より、「【商売のあるべき姿とは】客の利益と店の利益の”ジレンマ”に悩むこと!」というテーマで話をまとめていきました!

「商売のあるべき姿」とは、「客の利益と店の利益のジレンマに悩むこと」

ぜひ覚えておきたい名言ですよね!

 

この記事のまとめ
  • 商売のあるべき姿は「客の利益と店の利益の”ジレンマ”に悩むこと」
  • 「お客さんのために赤字覚悟で売っています」というのは信用度が下がる危険も
  • 企業が求められているのは、誠実かつ正直な態度

『夢をかなえるゾウ3』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!