【英語の勉強は必要か不要か?】英語ができると”リスク回避”ができる!

【英語の勉強は必要か不要か?】英語ができると”リスク回避”ができる!_アイキャッチ画像

こんにちはネルです!

今回は、「【英語の勉強は必要か不要か?】英語ができると”リスク回避”ができる!」というテーマで話をまとめていきます!

参考にした本は、山口周『20代は残業するな』です!

ヒヨコ
「日本企業に勤めているのにわざわざ英語を学ぶ必要があるのか?」と疑問を感じている人におすすめの記事です!

 

この記事のポイント
  • 英語の勉強はすべてのビジネスマンに必要なもの
  • 英語ができると「パッシブセーフティ」に繋がる
  • そもそも英語ができると人生の充実度は上がる

『20代は残業するな』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

それでは、順番にポイントをまとめていきます!

 

英語の勉強は必要である

「自分は典型的な日本企業に勤めていて海外転勤もほとんどないから、英語は必要ない」

こう考えている人は案外多いのではないでしょうか。

 

このような考えに対し、著者の山口周さんは、「英語は誰にでも勉強が必要なもの」だと主張します。

理由は「英語がリスク回避に繋がるから」です!

 

海外企業に買収される日本企業

英語の勉強が「リスク回避」とはどういうことか。

それは、ルノーに買収された日産自動車が良い例です。

 

日産がルノーに買収された時、それまで出世コースを順調に歩んできた人の多くが「英語が話せない」という理由だけで、その出世コースから外されたと言います。

その一方で、それまで特に評価されなかった社員が「英語ができる」という理由だけで、仕事の大きなチャンスをつかめた人が多かったそう。

このように、海外企業に買収されると「英語の能力の高さ」で、出世できるかどうかが一気に決まりやすいと言います。

 

そして、現在日本の企業は海外展開すると同時に、国際競争で負けて海外企業に買収される例が増えてきていますよね。

日産の例のように、自分が勤める企業も突如買収される恐れがあるわけなんです。

そう考えると、英語を勉強しておくことは「リスク回避」に繋がると言えるわけなんです!

ヒヨコ
英語の勉強は、ある意味「保険」のようなものなんですね・・・!

 

英語は「パッシブセーフティ―」となる

このように、予期せぬ事態が起こったときに被害を最小限に抑えるための仕組み「パッシブセーフティ」と言います。

工学の分野ではよく使われる言葉です。

 

パッシブセーフティとして一番わかりやすい例が、自動車の「エアバッグ」です。

事故が起こることは良くないことですが、もしも起こってしまった時に大切な体を守ってくれる。

典型的なパッシブセーフティとなっています。

そして上で述べてきたように、英語もパッシブセーフティに繋がるとも言えるんですね!

 

実際に英語を多用することになる人は少数かもしれないが・・・

そして注意しておいて欲しいのが、「実際に英語をビジネスの場で多用することになる人は少数かもしれない」ということです。

しかし、すべてのビジネスマンにとって英語を学ぶ意味は大きいことは間違いありません!

一体どういうことか、『20代は残業するな』より本文を引用します。

現在販売されている自動車のほぼ100%にエアバッグは標準装備されていますが、実際にエアバッグのお世話になる人は1%もいません。

だからといって「99%の人にエアバッグはいらない」ということになるかというと、そういうことにはならないわけですね。(中略)英語が自分の人生を守るためのパッシブセーフティという側面もあるのだということは、ここで指摘しておきます。

(本文引用)

 

英語もこれと同じように、ビジネスの場で将来英語が必要になる人は少数かもしれません。

しかし、いざ英語が必須という状況に立たされた時に、英語が話せるか話せないかで雲泥の差が現れる。

そういう意味で、「すべてのビジネスマンは英語を学ぶ必要がある」と言えるんですね!

ヒヨコ
思いもよらないことから、英語の使用を余儀なくされるかもしれませんもんね・・・

 

そもそも英語を話せると人生が楽しくなる

ここまでで、「英語はパッシブセーフティになる」という少し怖い話をしてきました。

しかし、そもそも「英語を話せると人生が楽しくなる」という事実があるのを忘れてはいけません。

 

たとえば、英語が使えると以下のようなことが実現できるわけです。

  • 洋画を字幕なしで俳優の声を聞きながら楽しめる
  • 海外旅行に1人で行っても十分満喫できる
  • ジョークを言い合えるような外国の友人ができる
ヒヨコ
英語を話せない自分からすると、素直に憧れます・・・(笑)

 

「英語が必要である」という以前に、英語を使えることで人生の充実度が格段に上がるという事実を忘れてはいけません。

語学は一朝一夕では身につけることができません。

そして、AIによって自動翻訳の技術が進んでいるとは言っても、自然なレベルで使えるようになるにはまだ何年もかかる危険もあります。

これらのことから、毎日少しずつでも英語に触れる習慣を見につけ、英語力をきちんと高めておきたいですよね!

 

まとめ

今回は、『20代は残業するな』より、「【英語の勉強は必要か不要か?】英語ができると”リスク回避”ができる!」というテーマで話をまとめていきました!

英語ができると人生の充実度が上がるし「パッシブセーフティ」にも繋がる、ということを意識して英語の勉強に臨んでいきたいですね!

 

この記事のまとめ
  • 英語の勉強はすべてのビジネスマンに必要なもの
  • 英語ができると「パッシブセーフティ」に繋がる
  • そもそも英語ができると人生の充実度は上がる

『20代は残業するな』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!