【ポイントカードを作る派は損】3つの理由

【ポイントカードを持ち歩くのは完全に損ですよ・・・!】理由を3点挙げる_アイキャッチ画像

本を読んで色んなことを学ぶうちに、生活面で少し変わったことがありました。

それは、「ポイントカードを持ち歩くことがなくなったこと」です。

 

というのも、「ポイントカードを持っていると、得するどころか、実は色々な損をしている・・・」ということに、気づくことができたからです。

 

「ポイントカードって、その名の通り”ポイントがつくカード”だから、持っていて損するなんてことはないでしょ笑」

こんな反論をしたくなるかもしれません。

しかし、この考え方にははっきりと反論をさせていただきたい!笑

 

今回は、なぜ「ポイントカードを作ることは損」だと言えるのか。

理由を「3点」挙げていきたいと思います!

ヒヨコ
ポイントカードで”財布がパンパン”って人にこそ読んでほしい記事です。

『レバレッジ時間術』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

ポイントカードを持ち歩くと損する「3つの理由」

まず結論としては、以下の3点です!

ポイントカードを持ち歩くと損する3つの理由
  1. 1年でいくらの”運び屋”をしているか考える
  2. 会計に時間がかかる
  3. 自分の判断が支配される

 

上から順番にまとめていきます!

 

1年でいくらの”運び屋”をしているか考える

いきなり身も蓋もない言い方ですが、ポイントカードって、そもそも邪魔ではないですか・・・?

 

ポイントカードを沢山作る人は、カード類が10枚、20枚も財布にはいっていて、パンパン状態ではないでしょうか。

これは、常にカードを30枚も持ち歩いているということですよね。

 

「財布がパンパンになっても、ポイントで得をしているからいいんだ!」と思った人がいるかもしれません。

では、「そのポイントカードで、年間”いくらの得”をしているか?」ということをぜひ確認してみてほしいです。

 

この考え方の理解を深めるために、以下のような例題を考えました。

たとえば、あるカフェのポイントカードを持っているとします。

ポイント還元額は、利用金額の1%

コーヒー代が「400円」として、年に「20回」もその店を利用していたとしますよね。

 

すると、年の使用金額は合計8,000円で、還元額は・・・いくらでしょうか?

 

・・・その答えは、たった「80円」です。

 

つまり、そのカードを持ち歩いているということで、年に80円だけ得をしているということになります。

ヒヨコ
これって、持ち歩くコストに対して、リターンが少なすぎませんか?

 

急にある人に、「このカードを1年間、常に財布に入れておいてくれ。そうしたら、1年後に80円あげる。」

と言われたら、あなたは承諾しますか?

自分は、絶対に断ります、、!

 

このように、ポイントカードを持つ時は、「1年間でこのカードによって、どれだけ得をしているか?」という観点で見直してみてほしいです。

 

ポイントが数千円分もつくようなものなら確かにお得ですが、年間500円などのために、カードを1年も持ち歩くのは非常にもったいない!

私は強くそう思っています。

 

会計に時間がかかる

これは、もう言葉通りです。

ポイントカードを使うと、会計にちょっとした時間がかかるんですね。

 

【ポイントカードがない場合】

「ポイントカードはないです。」

→現金で払う

→終了

 

【ポイントカードがある場合】

「ポイントカードあります。」

→ポイントカードを財布から探して渡す

→ポイントカードを読み取ってもらう

→返却されたカードを財布にしまう

→お金を払う

→終了

 

これだけ、手間が変わるわけです!

 

さらに、今は会計はスマホだけでおこなえるようになってきましたよね。

しかし、折角お金の支払はスマホで完結しても、ポイントカードを出すために、財布を取り出さないといけなくなります

 

このように、ポイントカードによって会計に余分な時間がかかることも、見過ごしてはいけない点です!

 

自分の判断が支配される

そして、ポイントカードを持ち歩くべきべきではない3つ目の理由。

それは、「自分の判断がポイントカードに支配される。」ということです。

 

私の実体験でもあるんですが、ポイントカードがあることによって、以下のような状態になりませんか?

「ここから、セブンイレブンが一番近い。けど、ファミマのポイントが多く溜まっているから、ファミマまで行くか~。」

 

このような考え方に共感できる人は多いと思います。

 

そして、これこそまさに、「店側の意図していた作戦」なんですよね・・・。

つまり、ポイントによってお得感を植え付けさせ、自分の店をひいきに使ってもらう、という作戦です。

 

これも考えると、ポイント10円分のために、自分の時間が10分も取られている

かと言って、ポイントカードを持っているにも関わらず、違う店に行くのもなんだか損をした気分で喜ばしくない・・・。

そういった「ポイントカードに自分の判断・行動が支配されている」という状況は注意しないといけないです。

 

さらに、ポイントカードが賢いなと感じるのは、「有効期限」の存在です。

ポイントカードには、「ポイントは2年で失効」などの注意書きが書いてあることが大半だと想います。

 

これによって、

「還元可能ポイントまで、あと50ポイント足りない。」

→「せっかく貯めたポイントだから、今から5,000円分の買い物をして、ポイント交換しよう!」

という思考になりがちです。

 

そうして、「たいして要らないものを買ってしまう」という罠にはまっていくんですね。

これらをひっくるめて、「ポイントカードで、自分の判断が支配される。」と言ったわけです!

 

まとめ

ここまでで、「ポイントカードを作ると損する3つの理由」をまとめていきました。

 

私自身、これらのことに気づいてから、ポイントカードをできるだけ作らなくなりました。

すると、本当に「買いたいもの」を、本当に「欲しいタイミング」で買えるようにもなりました

 

改めて注意してほしいのが、「せっかくポイントが貰えるなら、カードを作らないと損じゃん!」という思考になってしまうことです。

これこそ店側の罠なんですね。

 

「たいした金額を利用しない店のカードは作らない。持ち歩かない。」

これを意識すると、財布の中もスッキリとする上、「自分の時間」がもっと有意義に使えるようになりますよ。

 

ポイントカードを持ち歩くと損する3つの理由
  1. 1年でいくらの”運び屋”をしているか考える
  2. 会計に時間がかかる
  3. 自分の判断が支配される

『レバレッジ時間術』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

今回この記事を書くきっかけを作ってくれのが、上記の『レバレッジ時間術』です。

本書は、「自分の貴重な時間を有効活用する」という視点を得るのに、大きな気付きを与えてくれますよ!

ヒヨコ
今回の「ポイントカードで自分の時間が不当に奪われている」という言葉で、”ハッ”とした人は、読んでみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!