【ポイントカードって、得するどころか”損”しますよ】カードにひそむ「3つの罠」について考える

【ポイントカードを持ち歩くのは完全に損ですよ・・・!】理由を3点挙げる_アイキャッチ画像

こんにちは、読書ブロガーのネルです!

 

数年前から、生活面で少し変わったことがあります。

それは、「ポイントカードを持ち歩かなくなったこと」です。

 

というのも、「ポイントカードって得するどころか、むしろ損してね!?」と、気づいたからですね。

 

「いやいや(笑)少なくとも無料なら、持っていて”損する”ことはないでしょ。」

あなたは、こんな反論を頭に浮かべたことでしょう。

 

しかし!!はっきりと反論させていただきたい!笑

たとえ無料のポイントカードであっても、高い確率で「損」している!

そう断言します。

 

そこで今回は、なぜ「ポイントカードを作ることは損」だと言えるのか。

その理由、ポイントカードにひそむ罠を「3点」挙げていきたいと思います!

ヒヨコ
ポイントカードで”財布がパンパン”って人にこそ読んでほしい記事です。

 

ポイントカードにひそむ「3つの罠」

トラップの無料ベクター画像

ポイントカードを作るとなぜ損をする?

カードにひそむ「罠」って一体なんなの?

 

結論としては以下の通りです。

ポイントカードにひそむ3つの罠
  1. 運び屋の手間に対してコストが見合っていない
  2. 会計に時間がかかる
  3. 自分の判断が支配される

 

上から順番にまとめていきます!

 

罠1:運び屋の手間に対してコストが見合っていない

いきなり身も蓋もない言い方ですが、ポイントカードって、そもそも邪魔じゃないですか・・・?

 

カードって沢山作る人は、財布に10枚、20枚も入っていて、いつもパンパン状態だったりしますよね。

つまり、常にカードを何十枚も持ち歩いている、ということです。

ヒヨコ
自分も十枚以上カードを持ち歩いていたとき、「財布が常にパンパン状態」でした、、。

 

「うるさい!ポイントで得するからいいんだ!」と言う人がいるかもしれません。

そんな方に聞きたいです。

「じゃあそのポイントカードで、一体”いくらの得”をしているのか?」と・・・。

 

このことを考えやすくするため、例を考えました。

たとえばあなたは、あるカフェのポイントカードを持っているとします。

ポイント還元額は、利用金額の1%です。

コーヒー代が「400円」として、年に「20回」その店を利用していたとしますよね。

 

では、「年間のポイントで得する額」はいくらでしょうか・・・?

 

・・・答えは、たった「80円」です。80円ですよ!!

 

つまり、そのカードを持ち歩いているということで、年に80円だけ得してることになります。

これを受けて、改めて言いたい!

「持ち歩くコストに対して、リターンが少なすぎんか!?」と・・・。

 

想像してみてください。

急にある人に、「このカードを1年間財布に入れておいて。そしたら”80円”あげるから。」

と言われたら、あなたは承諾しますか?

 

自分は、100%断ります、、!

「この俺の手間賃をなめんな!」と怒るレベルです(笑)

 

このように、ポイントカードを持つ時は「1年間で、一体どれだけ得をしてるの?」という観点は必ず持つべきです。

 

大量の買い物をする店舗のポイントカードであれば、年に数千円分の還元があったりするので、それはお得だと私も思います。

しかし、年間数百円のお得さのために、1年もカードを持ち歩くのはもったいなすぎる!

 

このように、「手間に対してコストが見合ってるの?」という点は、必ず意識すべきです。

 

罠2:会計に時間がかかる

ポイントカードの罠2つ目は、「会計に余分な時間がかかる」です。

 

というのも、ポイントカードって、会計時の読み込みなどに意外と時間がかかるな~って感じたことはないですか?

このプチ時間の浪費が、案外バカにならなかったりします。

 

ここも冷静に、ポイントカードがある場合とない場合で、「会計の流れ」を確認してみます。

 

ポイントカードがない場合

「ポイントカードありますか?」

→「ないです。」

→現金で払う

→終了

 

ポイントカードがある場合

「ポイントカードありますか?」

→「あります。」

→ポイントカードを財布から探して渡す(「どこに入れたっけ?」って人が大半、、笑)

→ポイントカードを読み取ってもらう

→返却されたカードを財布にしまう

→現金を払う

→終了

 

このように、ポイントカードがあると、会計でバタバタする可能性は劇的に高まります。

会計でバタバタすると、レジに並んでいる後ろの人達からのプレッシャーも感じますし、良いことは決して無いはずです。

 

さらに、最近はスマホだけで会計できるようになってきました。

折角「スマートに電子決済!」と思っても、ポイントカードを出すために、財布を取り出さないといけなくなります

 

このように、ポイントカードによって会計に余分な時間がかかることも、忘れちゃいけません。

 

罠3:自分の判断が支配される

ポイントカードにひそむ罠の3つ目。

「自分の判断がポイントカードに支配される。」です。

 

支配されるって何?ってなったことかと思いますが、以下の例から言いたいことは伝わると思います。

 

思い返してみてください。

ポイントカードを持つ派は、こんな経験をしたことはないですか?

「コンビニ行きたいなー。ここからだと、ファミマよりセブンのほうが近い。けど、ファミマポイントの方が沢山溜まっているから、ファミマまで行くか~。」

・・・この考え方に共感できる人は案外多いと思います。

 

このように、ポイントカードによって行動や考え方が”誘導”されてしまうんです。

そして、これぞ「店側の意図していた作戦」です。

ポイントによってお得感を植え付けさせ、自分の店をひいきに使ってもらう、という作戦ですね。

 

さらに、ポイントカードが賢い(やらしい)のは、「有効期限」の存在です。

「ポイントは2年で失効」なんてルールがあるのがが大半だと思います。

 

これによって、

「ポイントの有効期限まであと1ヶ月。それなのに、還元金額まで50ポイント足りん!」

→「せっかく貯めたポイントだから、今から買い物して、足りないポイントもゲットしちゃおう!」

という思考になりがちです。

 

そうして、「たいして要らないものを買ってしまう」という罠にはまっていくんですね・・・。

 

これらをひっくるめて、「ポイントカードで、自分の判断が支配される。」と言ったわけです!

ヒヨコ
たかがポイント。でも、それによって判断が影響されているはずです。こうやって考えると、お店側がポイントカードを作らせようと必死になる理由も分かりませんか、、?

 

まとめ

ここまでで、「ポイントカードを作ると損する3つの理由」をまとめました。

 

私自身、これらの3つのことを考えるようになってから、ポイントカードはできるだけ作らなくなりました。

すると、以前よりも「買いたいもの」を、「本当に欲しいタイミング」で買えるようになったと感じています。

 

改めて注意してほしいのが、「せっかくポイントが貰えるなら、カードを作らないと損じゃん!」という思考になってしまうことです。

これこそ店側の罠なんですね。

 

「たいした金額を利用しない店のカードは作らない!持ち歩かない!」

これを意識すると、財布の中もスッキリとするうえ、「自分の時間」がもっと有意義に使えるようになりますよ。

 

ポイントカードにひそむ3つの罠
  1. 運び屋の手間に対してコストが見合っていない
  2. 会計に時間がかかる
  3. 自分の判断が支配される

 

今回この記事を書くきっかけを作ってくれのが、下記のの『レバレッジ時間術』です。

本書は、「自分の貴重な時間を有効活用する」という視点を得るのに、大きな気付きを与えてくれますよ!

ヒヨコ
今回の「ポイントカードで自分の時間が不当に奪われている」という言葉で、”ハッ”とした人は、読んでみてください!

 

『レバレッジ時間術』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

ポイントカードの罠、恐るべしという話でした、、。

※あと、「ポイントカードありますか?」→「ないです。」のやり取り毎回面倒くさいから、誰かどうにかしてください・・・笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!