【調べてみた】お金を沢山刷るだけで、本当にインフレになるのか?

お金を刷るとなぜ「インフレ」になるのか?答えは「貨幣数量説」から考えるべき!_アイキャッチ画像

こんにちは読書ブロガーのネルです!

 

あなたは、「インフレ」という言葉について、どこまで正しく理解できていますか?

今回は、インフレについて、一歩踏み込んだ話題をまとめていきます。

 

インフレーション、いわゆる「インフレ」の話題と言うと、知り合いとこんなやり取りをしたことはないですか・・・?

 

Aさん:「日本の借金がやばい、とか言うけど、、。国は借金が増えたらお金を沢山刷れば良いだけじゃん。」

Bさん:「いや、お金を刷ると”インフレ”が発生するからだめだよ。」

Aさん:「なんで、お金を刷ったらインフレになるの?」

Bさん:「そりゃあ、お金が多いとお金自体の価値が下がるからでしょ。」

Aさん:「う、う~ん、、。よくわからん。。」

 

「お金を沢山刷ると、インフレが発生するからだめ」

この答えって、「なんだか分かったような気」にはなれますが、正直”もやっと”しませんか?

 

お金を刷ったら、果たして本当にインフレになるのか?と。

  • もしも、国がこっそり大量にお金を刷っていたとしても、それに世の中の人達が気づくか?
  • お店も、『世の中にお金が大量にあるなら、モノの値段をもっと上げよう。』ってなるか?

こんな疑問が湧いてきますよね、、。

 

そこで今回は、「お金を沢山刷るだけで、本当にインフレになるのか?」という疑問に対し、ネットを駆使して色々と調べてみました。

その調べた過程を含め、結果をまとめて行きます!

ヒヨコ
同じような疑問を抱いている人に少しでも役に立てば嬉しいです!

 

(↑今回、引用に使用した本です。画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

この記事のまとめ
  1. 「お金を大量に刷るとインフレになる」とは限らない
  2. お金の価値は、「貨幣流通速度」も関係がある
  3. お金が大量に刷られ、社会でお金が循環すると、インフレが発生する

 

最初に結論

まず、忙しい人のために、最初に結論をまとめておきます。

 

「お金を沢山刷るだけで、本当にインフレになるのか?」という問いに対する答えは・・・

「お金を刷るだけでは、インフレになるとは限らない。お金が増えて、社会へのお金の流通速度が上がると、インフレが発生することになる。」

これが結論です。

 

少し複雑な話なので、順を追って説明して行きます!

 

気になったきっかけは「ジンバブエのハイパーインフレ」

まず、そもそもなぜ「インフレ」について気になったか、という背景をお話します。

 

きっかけとしては、さくら剛さん著『世界のニュースなんてテレビだけでわかるか!ボケ!!』の以下の文章を読んだことでした。

ジンバブエの通貨はジンバブエ・ドル(以下「Zドル」)ですが、2000年代に「ハイパーインフレ」と呼ばれるすさまじいインフレが進行した結果、彼の国では最終的に 100兆Zドル紙幣 が発行されるまでに至っています。

(Kindle位置:405)

 

まず、南アフリカに、「ジンバブエ」という国があるんですね。

その国で使用していた「ジンバブエ・ドル」で、2000年のはじめ頃、インフレが発生したといいます。

 

それがただのインフレではなく、「ハイパーインフレ」と呼ばれる強烈なインフレで、お金の価値が異常なほど下がりました。

そして結果的に、なんと「100兆ジンバブエ・ドル」が発行された、という歴史があったそうです。

ヒヨコ
100兆円札なんて考えてみると、「どっかのふざけた映画の話か!」って突っ込みたくなりますよね笑

 

ではなぜ、そんな「ハイパーインフレ」が発生したのか?

その答えは実にシンプルで、「当時のジンバブエの大統領が、お金を大量に刷りすぎたから」です。

 

インフレとは

お金の無料写真

ここで一旦復習として、「そもそもインフレとはなにか」について簡単にまとめます。

 

インフレとはずばり、「お金の価値が下がること」=「モノの値段が上がること」です。

 

たとえば、日本でインフレが起こった場合を考えます。

日本では、「コーラが1個100円」で買えますよね。

これは、「コーラ1個と100円硬貨が、同じ価値のものだ。」とみなされているからだと言えます。

 

ここでもしインフレが起こり、「お金の価値がぐっと下がる」と、どうなるでしょうか。

お金の価値が下がったのですから、「コーラ1個に対し、100円では足りんだろ!」という話になってしまうんです。

 

そして、「コーラ1個が500円」「1,000円」「1,500円」・・・・、と、以前よりも値段がどんどん上がってしまうんですね。

 

「お金の”価値”が低くなったから、その分モノを買うときに、もっと多くのお金が必要になる。」

というイメージです。

 

実際、「ハイパーインフレ」の発生によって、お金の価値が激しく減少し、最終的には「卵3個が1000億ジンバブエ・ドル」で販売されていたそうです。

ヒヨコ
「卵3個を1,000億円」で買いに行くって想像してみると、もう意味がわからないレベルですよね、、笑

 

「お金が増えたからインフレになる」という説明は、一部論理が抜けている?

「じゃあ、なんでインフレが起きるの?」そういった疑問が出てくると思います。

 

ふと気になってもやもやしたため、「インフレ 原因 お金 刷る」などといったキーワードで、Google検索をかけまくり、色々なサイトを読んでみました。

その結果、答えのほとんどが、「お金を刷りすぎたから」というんですね。

  1. 一般的に、大量にあるモノは価値が低くなる。
  2. お金を刷りすぎると、国に大量のお金ができてしまう。
  3. だから、お金を刷りすぎると、お金の価値が下がってしまう。

 

うーん、なるほど、、

一見ロジカルで、最初は「なるほど~。」と素直に思っていました。

 

でも、冷静に考え直してみると、私はこの回答に”引っかかり”を感じました。

引っかかりとは、次のような疑問です。

 

「たとえば、政府がお金を100兆円分刷ったとする。」

「これを、ある富豪が受け取って、その富豪1人だけが豪遊していたとする。」

「その場合は、富豪が宿泊したホテルとか、利用した飲み屋はたしかにある程度儲かるけど、、。」

「それによって、『最近世の中のお金が増えてきたから、モノの値段を上げよう!』と、全ての国民が思うか?」

「見ず知らずの人が豪遊しても、自分の生活に変化もなさそうだし・・・。

 

つまり、「お金を政府が大量に刷ったところで、自分たち庶民の生活には影響なさそうじゃないか?」と感じたわけです。

ここまで読んで、あなたはどう感じますか・・・?

 

国がお金を大量に刷っても”必ずしも”インフレにはならない

貯金箱の無料イラスト

もっと言えば極端な例を出せば、「国が100兆円お金を刷っても、それを国がタンス預金していたら、誰にもなんの影響もない」はずですよね。

ヒヨコ
考え方がひねくれているのかも知れませんが、、笑

 

つまり、「お金を大量に刷る」ことと「インフレになること」は、必ずしもイコールではないと思ったんです

 

なにか、なにか一部論理が抜けているはずだ、、。

そう調べているうちに、出会ったのが、「貨幣流通速度」という概念です。

 

インフレになる鍵は、「貨幣流通速度」にあった!

「貨幣流通速度」とは何か?

 

「貨幣流通速度」とは、「お金が、どれくらいのスピードで社会を回っているのか?」ということを示した言葉です。

 

それが、今回の話にどう繋がるのかと言えば、

「お金の価値は、『お金の量』×『貨幣流通速度』で決まる」

ということが分かっています。

 

つまり、お金の価値は「お金の量」だけでは決まらず、「お金の流通具合」も関係がある、ということなんです。

 

「こ、これだ!!」となりました。

最初に、「お金が世の中に多いほど、お金の価値は下がってしまう」とお話しましたが、実は、この説明では一部説明が足りていないんですね。

 

正しい答えは、

「お金が世の中に多く、また、お金が世の中できちんと循環している」ほど、お金の価値が下がる、ということなんです。

 

「貨幣数量説」

この「貨幣流通速度」は、もともとも、「貨幣数量説」という理論からもってきたものです。

 

少し難しい話なので・・・私の今の理解できている範囲でまとめます(笑)

貨幣数量説とは、「お金の関係は以下のような式で表される」という理論のことです。

 

【貨幣数量説の式】

「物価(P)×生産量(T)=貨幣数量(M)×貨幣流通速度(V)」

(参考:『三井住友DSアセットマネジメント 貨幣数量説』https://www.smd-am.co.jp/learning/glossary/YST2935.html

 

簡単に言ってしまうと、「たとえお金の総量が増えても、貨幣流通速度が落ちれば、物価は変わらない」ということです。(上式の、Mが増えて、Vが減った状態)

ヒヨコ
お金が”巡っていない”と、ほとんどの人たちは「会社の売上も悪く、給料も増えない。生活が苦しい。」となりますもんね。

 

お金を刷って、きちんとそのお金が循環していると、モノの値段は上がる

この貨幣流通速度の概念を入れることで、私のもやもやしていた気持ちは、晴れてスッキリとしました!!

 

前述した、「国がお金を大量に刷っても、タンス預金していたらインフレなんて起きないよね・・・?」という疑問は、正しかったのです。

この場合、「お金の量は確かに増えている。しかし大量のタンス預金によって『貨幣流通速度』が落ちたかたら、結果的に物価は変わらない。」ということです。

 

つまり、インフレは以下の状態で発生すると結論づけられます。

  • お金が大量に刷られて、しかも社会できちんと循環している状態
  • お金が増えてはいないけど、みんなの”羽振り”が急激に良くなって、お金が社会で好循環している状態(例:日本のバブル期)

 

こういった状態の中では、「みんながお金を沢山使っている」ということなので、その分、モノの値段は上がっていきますよね。

 

本で疑問に思ったことが深く調べるきっかけに

以上、「インフレになるメカニズム」について、まとめてきました!

 

今回は、何気なく読んだ本の説明で、インフレへの理解が大きく進んだと思っています。

この説明で、私と同じように「もやもやが晴れた!」という方が1人でもいてくだされば嬉しいです!

 

この記事のまとめ
  1. 「お金を大量に刷るとインフレになる」とは限らない
  2. お金の価値は、「貨幣流通速度」も関係がある
  3. お金が大量に刷られ、社会でお金が循環すると、インフレが発生する

(↑今回、引用に使用した本です。画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

今回の記事を書くきっかけになったこの本は、世界のニュースを”超くだけた言葉で”、分かりやすく解説してくれている本です。

ヒヨコ
言葉がくだけすぎて、正直言ってしまうと”下品な”レベルです、、笑

出版年がやや古い(2015年)ため、扱っているニュースも少し古いですが、歴史的に大きなニュースを取り上げているので、とても大きな学びにつながると思います。

 

またこの本は、2022/07/09現在、「Kindle unlimited」で”無料”で読むことができるのも嬉しいポイントでした。

まだ利用したことのない方は、下記のリンクからチェックしてみください!

 

また、インフレについて詳しい方は、ぜひコメント欄で補足などしてくださると嬉しいです!

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!