「哲学を学びたい!」と思ったら必ずこの本から!【哲学初心者に超おすすめ本3選】

あなたは哲学って聞くと、「よくわからん人たちが、難解なことを言っているだけの学問」というイメージを持っていませんか?

 

自分も一昔前までは、まさにそう思っていました。

 

もっと正直にいうと、

「哲学って、『俺は哲学書を読んでいる!(ドヤッ!)』って格好つけたい人が読んでるんだろ?」

なんて言う、ひねくれた印象すら抱いていました(笑)

 

しかし、今となってはその逆で、「哲学って学べば学ぶほど面白えええ!!」と本心で思っています。

 

そう、哲学は知る人ぞ知る「スルメみたいな学問」なんですね。

というか、もはや「哲学=スルメ」と言ってしまっても過言ではないでしょう。・・・いやさすがにそれは過言です(笑)

 

なんでそんな印象に変わったのかと言うと、「ある事」をきっかけに、哲学の真の面白さを知ってしまったからなんですね。

 

そしてその「哲学の面白さ」に気づかせてくれたのは、「初心者用の哲学本」です。

自分はこれらの本に運良く出会えたことで、哲学のイメージが180度変わりました。

 

そこで今回は、自分みたいに「哲学なんて全く知らん!」という方に超おすすめの、「初心者向け哲学本」を3冊紹介したいと思います!

簡単に本の紹介も書いていくので、どれか1冊でもぜひ手にとって、哲学の面白さに触れてほしいと思っています!

 

初心者向けの”超”おすすめ「哲学本」3冊

それでは、そのおすすめ本を、結論からお伝えします。

 

それは以下の3冊です。

おすすめ本3冊
  1. 史上最強の哲学入門
  2. 武器になる哲学
  3. 試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する

 

順番に紹介していきます!

 

史上最強の哲学入門

『史上最強の哲学入門』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

今回の紹介記事で一番おすすめしたかったのが本書『史上最強の哲学入門』です。

自分を「哲学の虜」にしてくれたのが、まさに本書です。

 

正直、上記画像でも見てわかる通り、「なんか表紙がリアルでキモっ!」って思ってしまう方もいるかと思います(笑)(著者の方すみません。。)

 

そしてこんな独特な表紙から、「内容も、どうせ難しい哲学の話をごちゃごちゃ喋ってるんだろ・・・?」と思った方!

それは全く違うので安心してください。

 

本書は、「哲学をいかに面白く学んでいくか?」ということを主眼に置かれており、「展開の熱い描き方」をしてくれているんですね。

「わかった、これこそが真理です。」と何を言ったところで、「いやいや、悪霊がそう思い込ませてるだけかもしれないよ」といくらでも疑えてしまうではないか。はっきりいって疑い過ぎである!

明らかな懐疑のオーバーワーク・・・。

(中略)

だが・・・、その懐疑のオーバーワークという暴挙が奇跡を生むことになる!

(Kindle位置:492)

 

こういった熱い議論が次々に展開されていきます。

読んでいると、「まるで漫画を読んでいるときのように」ストーリーが気になり、読む手が止まらくなります。

 

そして、読み終わった頃には、「哲学ってこんな面白い学問だったのか!」「なんで学校でこういうふうに教えてくれんかったんや、、!」となること間違いなしです。

 

武器になる哲学

『武器になる哲学』

1つ目の「史上最強の哲学入門」は、「哲学者たちの対決を楽しむ」「哲学そのものへの理解をする」という本でした。

一方、本書は「哲学を、”現代の社会”に活かしたら、どういうメリットが有るの?」ということを目的にまとめられた本です。

 

人の行動を本当の意味で変えさせようと思うのであれば、「説得よりは納得、納得よりは共感」が求められます。

(中略)

では人が真に納得して動くためには何が必要なのか? アリストテレスは著書『弁論術』において、本当の意味で人を説得して行動を変えさせるためには「ロゴス」「エトス」「パトス」の三つが必要だと説いています。

(Kindle位置:653)

 

自分は、史上最強の哲学入門を読んだあとに本書を読みました。

そのため、その効果は大きく、「あ、学んだ哲学って、こうやって現代にも活かせるのか・・・!!」という非常に多くの発見を得ることができました。

 

試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する

続いては、「試験に出る哲学」です。

『試験に出る哲学』

 

センター試験に出題された哲学の問題を取り上げ、詳しい解説につなげていく、という構成になっています。

こう聞くと、「いやいや、俺は別に学生じゃないんだから。。」と感じるかもしれませんが、本書は学生をターゲットにした本ではありません。

 

著者は、「センター試験の哲学問題は”良問”が多い」という気付きから、あえて本の中で問題を取り上げることで、哲学になじみのない多くの人に、哲学に触れてもらおうという思いで書かれた本なんです。

 

そのため、試験対策というよりは、「哲学者一人ひとりの考え方」をクイズを用いながら一般人向けに解説してくれているようなものになっています。

まず、マルクスの問題意識を共有しましょう。それは「利潤(利益) はどこから生まれるのか」という問題です。マルクスの答えは、 資本家が労働者から 搾取 しているから、 というものでした。では、搾取とは何でしょうか。ここに「労働力の商品化」 という問題が関わってきます。

(Kindle位置:1,828)

 

どんな人にもおすすめですが、中学生や大学受験を控えた高校生にとっては、哲学も学べてセンター試験対策にもなるということで、読んでみて損はしない本だと思っています。

 

まとめ

今回は、「初心者におすすめの哲学書」を3冊まとめてきました。

 

個人的には、①史上最強の哲学入門→②武器になる哲学→(余裕があれば、)③試験に出る哲学、と読み進めてほしいですが、もちろん、どれか1つだけ手に取っていただいても問題はありません!

とにかく、「自分が知らない分野」を本で学ぶときに心がけるべきは、「必ず最初は易しめの本」を手にとることです!

 

哲学なんて、ただでさえ難しい分野なので、いきなり哲学者の原著なんて当たったものなら、99.99%の人が挫折します。

(超天才くんの0.01%の人だけが、原著をいきなり読んで、「ふむふむ。」となるんでしょう・・・。(笑))

 

哲学にほんの少しでも興味を持った方!

いや、なんなら「哲学なんて全く興味すらねえわ!」という方にこそ、ぜひ今回紹介した3冊のうちどれかを試し読みしてみてほしいです。

 

そして、自分みたいに「哲学ってめちゃくちゃ面白いじゃねえか。。」ということを体感してみてほしいです!

 

おすすめ本3冊
  1. 史上最強の哲学入門
  2. 武器になる哲学
  3. 試験に出る哲学 「センター試験」で西洋思想に入門する

 

自分は今でも定期的に哲学系の本を読み漁るので、また追加で面白いおすすめ本を発見したら、このリストにも追加できればと思っています。

逆に、みなさんが見つけた「おすすめ哲学本」もぜひぜひ教えていただけるとめっちゃ嬉しいです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!