【ケチと節約の違いとは?】『世界一受けたいお金の授業』より

【ケチと節約の違いとは?】「世界一受けたいお金の授業」_アイキャッチ画像

「お金をあまり使わない人に対して、『ケチ』と言う場合と、『節約上手』と言う場合の”違い”って何だろう・・・?」

この疑問に対しての答えをまとめてみた記事です。

 

参考にする本は『世界一受けたいお金の授業』です!

 

「普段はお金を節約したいけど、だからと言って、周りに”ケチ”とは言われたくない、、。」

そんな方にこそ、ぜひ読んでほしい記事です。

 

 

それでは順番にまとめていきます!

 

ケチと節約の違いは、「周りを喜ばせるため」にお金を使えるかどうか

それでは結論から、「ケチと節約の違い」についてまとめます。

 

それは、「周りを喜ばせるため」にお金を使えるかどうかです!

 

詳しく言うと、それぞれ以下のように定義できるんです。

  • ケチ:他人を喜ばすためであっても、お金を使わない
  • 節約:他人のためならお金を使う。一方で、自分のための出費は努力して抑える

 

ケチっていうと、なんか嫌な感じ、友達にはしたくない印象を抱きます。

それは、ケチとは、「他人が喜んでくれる場合であっても、身銭を切ることができない」性質があるからなんですね。

 

一方で、節約上手と呼ばれる人は、あくまで「自分のためのお金なら、我慢できる」という人のことです。

自己完結できる話なので、ケチの人と違って嫌悪感も覚えないし、むしろ、「お金の管理がしっかりしている人」という印象を受けるんですね。

 

ケチと節約上手な人の具体例

ケチと節約上手な人が取る行動の具体例としては、それぞれ以下のようなイメージです。

 

例)【後輩と飲みに行ったときの会計時】

  • ケチな人  :「俺もお金ないから、ここは割り勘な!」(この浮いた金で、新作ゲームを買おう、、!)
  • 節約上手な人:「ここは先輩である俺が払うわ。」(この1ヶ月は、食費を浮かすために、ちゃんと自炊しよう、、!)

 

ヒヨコ
ケチな人は「自分が全て」、節約上手な人は「相手が喜んでくれるのが重要」ということですね。

 

「ケチと節約の違いってなんだろう?」と問われた時、案外すぐには答えが出ない人は多いと思います。

でも、こういった例で考えると、納得感をもって覚えておくことができますよね。

 

「自分は何に価値を置いているか」を明確にしておこう

実は、「ケチな人」にならないためには、ポイントがあります。

ポイントを本文から引用します。

 

「自分が何に価値を置いているのか」を自覚していない人は、無計画に浪費して、あとで後悔したり、逆に無目的にお金を貯め込んで、周りから「ケチ」と言われたりするのです。

(Kindle位置:248)

 

そう、お金を適切に扱うためには、

  • 自分が何に価値を感じるのか?
  • どんなものだったら、金額は高くても買いたいと思えるのか?

こういったことを明確にしておくべし、ということなんです。

 

つまり、「お金を使う基準」を決めておくということですね!

お金を貯めることが好きなタイプでも、この基準があるかないかで、「ケチか節約上手か」という違いが生まれているとも言えます。

 

ケチな人って、そのものの価値については深く考えず、「ただ単純に、お金がどれだけ財布から出ていくか」しか考えません。

そのため、他人のためにお金を払う場面であっても、

「うわあ、、今日だけで、XX円もお金が一気に減ったよ。。」

なんて思ってしまうわけです。

 

一方で節約上手な人は、お金を払う際に、「そのものの価値」を考えます。

「あいつが喜んでくれるなら、XX円はむしろ安いぐらいだ。」

こう考えることができるため、支払うべきタイミングの時は、気前よくお金を出すことができるんですね。

 

他人におごるには、ディナーよりランチ!

ここまでで、節約上手な人は「他人に対してもお金を払える」という話をしてきました。

ただ、そうは言っても、周りに対して次々にご馳走していたら、財布からは急激にお金が減ってしまいますよね・・・笑

さすがにそれは、現実的には厳しいです。

 

そこで著者がおすすめするテクニックとして、「ランチでおごる」という手法があります。

 

2人きりのランチは、メリットが豊富

なぜ、ランチが良いのでしょうか。

「価格が安いから」というのはパッと浮かぶメリットだと思いますが、それだけではありません。

ランチでおごる手法には、節約というメリットの他にも、忘れてはならないうまみがあるんですね。

 

「人におごるにはランチが良い」と言える理由は、以下の3点です。

  1. 夜ご飯よりも圧倒的に「値段」が安い
  2. 会う「回数」を増やせる
  3. 「時間制限」があるため、ダラダラと間延びすることがない

 

ランチの方がディナーより遥かに安く、通常半額以下で済みます。

だからこそ、財布へのダメージはかなり軽減されますよね。

 

更に、メリットの2つ目として、会う回数を気軽に増やすことができるメリットがあります。

たとえば、ある人と色々と会話をしたいからといって、

1ヶ月に2,3回もディナーに誘っていたら、なんだか頻度が多くて不気味ですよね。

相手も、「またこの人とか、、。」と思ってしまいます。

 

しかし、ランチなら仕事の合間にサクッといけるので、

週に1度ほどのペースでも違和感がないわけです。

これによって、同じ人に対しても、お互い負担を感じることなく、会う回数を気軽に増やすことができます。

ちょこちょこと定期的に会っていくことで、良い関係が築けていける、というわけです。

 

更に、ランチはディナーと違って、「時間制限」があります

だいたい、昼休憩の1時間で済ませる必要があると思います。

すると、「短い時間なので、重要なことから話そう」という意識が働くわけです。

そのため、非常に濃い話を短時間ですることができる、というメリットがあるんですね。

 

「他人に対してお金を使おう」と言っても、現実問題として、お財布事情があるわけです。

せっかくお金を使うならば、相手も自分も得をする、という方法が、皆が得をする一番良い方法なわけです。

その方法の1つとして、「人におごるには、ディナーよりランチ」テクニックを覚えておきたいですね。

 

まとめ

今回は、「世界一受けたいお金の授業」より、「ケチと節約の違いとは?」というテーマでまとめていきました!

 

最後に、本記事のまとめをします。

この記事のまとめ
  • ケチと節約の違いは、「人を喜ばすため」に、お金を使えるかどうか
  • 出ていくお金の数量だけではなく、支払いにより得られる「価値」に着目する
  • 「ディナーよりランチをおごる」方が、自分も相手もメリットは大きい

 

本書は、非常に読みやすい文章なので、気軽に次々と読み進めていけますよ。

「お金」について、向き合って考えたことがない方には、一冊目として敷居の低い本書はおすすめです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!