【リーダーとマネージャーの違いとは】マネージャーだけでは成功できない!

【リーダーとマネージャーの違いとは】マネージャーだけでは成功できない!_アイキャッチ画像

こんにちはネルです!

今回は、【リーダーとマネージャーの違いとは】マネージャーだけでは成功できない!というテーマで話をまとめていきます!

参考にした本は、ロバート・キヨサキ『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント(改訂版)』です!

 

この記事のポイント
  • マネージャーは自分が何でもやり、リーダーは自分よりも優秀な部下を動かす
  • 今の時代に求められるのは「悟空型」よりも「ルフィー型」のリーダー
  • 専門スキル以上に、人に好かれる能力、人を引っ張る能力が重要になってきている

『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

それでは、順番にポイントをまとめていきます!

 

リーダーとマネージャーの違いとは

「リーダー(指導者)」と「マネージャー(経営者)」は何が違うか、わかりますか?

結論から言うと、「マネージャーは部下を自分より低く扱い、リーダーは自分より優秀な部下を動かすこと」だと言うのです!

 

マネージャー(経営者)の視点

マネージャーの視点では、自分がその組織のメンバーのトップに立ち、部下たちの手本として存在することが求められます。

こういった性質上、マネージャーは部下よりも常に高い位置にいて、自分が一番優秀である必要があるわけなんです。

 

一見すると気持ちよさそうな立場ではありますが、これは自分が一番せっせと働いていることになり、誰よりも大変な思いをしている、というようにも見ることができます。

 

リーダー(指導者)の視点

一方、リーダーの視点は少し違います。

リーダーは組織の方向づけを行いながらも、実際に行動に移すのは”自分よりも優秀な部下たち”なんです!

 

この「自分よりも優秀な部下たちを動かす」という点が何よりも大きなポイントです!

 

一般的に、グループを作ってリーダーを決めるとなると、そのメンバーで一番優秀な人がなるような印象があると思います。

しかし、本当の意味のリーダーは、「人を上手に動かす能力」が長けているんです。

よって、メンバーの中でも、数字に強かったり、デザインに強かったりと特定の分野に突出した才能を持つようなメンバーをまとめ、上手に引っ張っていくことが求められるわけです。

 

このように、

  • マネージャー:自分がトップに立って一番に動く
  • リーダー:自分は方向づけだけをして、周りの優秀な人達に力を貸してもらう

という違いがあるということをまずはおさえてください!

ヒヨコ
つまり、リーダーには「何でもできる能力」よりも、「人に好かれ、組織を引っ張っていく能力」がより強く求められるというわけなんですね・・・!

 

「悟空型」より「ルフィー型」のリーダーが強い

出典は失念してしまいましたが、こんな言葉があります。

「これまでは、”悟空型”のリーダーが活躍していたが、現代は”ルフィー型”のリーダーが一番成功できる」

ここでいう悟空とは、アニメ「ドラゴンボール」の主人公悟空であり、同様にルフィーはアニメ「ワンピース」の主人公ルフィーのことです。

 

彼らはそれぞれ以下のような特徴を持っていると言えます。

  • 悟空:圧倒的パワーを持っていて、どんな強敵も最終的に悟空が倒してくれる
  • ルフィー:自分が足りない能力をもったメンバーをどんどん増やしつつ、困難が合った場合は力を合わせて乗り越えていく

これはやや強引に言えば、悟空はマネージャー型であり、ルフィーはリーダー型と言えるのではないでしょうか?

ヒヨコ
悟空がマネージャー型はかなり違和感はありますね・・・(笑)

 

悟空もルフィーも人格的に優れており、どんな人からも好かれる性格を持っているという点では、どちらもリーダー型の素質があると言えます。

ただトラブルに合った時にどういった立ち向かい方をするのか、という点では、一人の力で乗り切るか、メンバーの力を借りて乗り切るか、という違いが大きいですよね。

 

組織のトップだからと言って何でもできる必要は全くない

そして現代では、ITの発達などによってとても変化が早い時代だと言われています。

このような時代だからこそ、一人だけですべての技術をつけ、何でもかんでも自分だけで対処しようとするのはムリがあります。

一方で、すべての分野で知識と経験を持った人はいなくとも、それぞれの分野で卓越したスキルを持った人は沢山いるわけです。

 

そう考えても分かる通り、「ルフィー型のリーダー」つまり、人に好かれやすい性格をもち、優秀なメンバーを引っ張る能力を持った人が今後の世界を生き抜く上で重要になるんです!

一生懸命な人ほど「悟空型のリーダー」を目指してしまいがちですが、見方を変えてみても良いかもしれませんね!

ヒヨコ
「組織のトップとて自分が何でも背負わなければいけない」と気負う必要は全くない、ということなんですね!

 

まとめ

今回は、『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント(改訂版)』より、【リーダーとマネージャーの違いとは】マネージャーだけでは成功できない!というテーマで話をまとめていきました!

「リーダーは”自分より優秀な部下”を動かす能力がある人」ということを意識していきたいですね!

 

この記事のまとめ
  • マネージャーは自分が何でもやり、リーダーは自分よりも優秀な部下を動かす
  • 今の時代に求められるのは「悟空型」よりも「ルフィー型」のリーダー
  • 専門スキル以上に、人に好かれる能力、人を引っ張る能力が重要になってきている

『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!