【感想・名言まとめ】伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

【感想・名言まとめ】伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

先日、伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』を読み終わりました!

 

いや~、私の大好きな作家だけあって、この本も期待通りにめちゃくちゃおもしろかったです!

出会いがいろいろな偶然で起こり、そして巡り巡って登場自分たちが影響を及ぼし合うストーリー。

そして、何よりも登場人物たちの「名言」が相変わらず凄まじく楽しめました・・・!

『アイネクライネナハトムジーク』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

そこで今回は、この本の感想と、心に残った名言をまとめていきたいと思います!

 

『アイネクライネナハトムジーク』感想

感想としては、メインは以下の3点です。

  • 伊坂幸太郎さんには珍しい、恋愛中心の物語でほっこりする
  • 短編集だけど、登場人物たちが意外なところで影響しあう様子が楽しめる
  • そして「解説」が非常に読みやすくて驚いた

 

小説の最後についている「解説」って、読みにくいものが多いと感じませんか・・・?

私はいちおう読むようにはしているものの、小難しい妙な分析に心惹かれることは滅多にありませんでした。

しかし、このアイネクライネナハトムジークの解説は、非常にわかりやすく書かれているうえに、その分析が読後感をさらに気持ちの良いものにしてくる内容でした!

ヒヨコ
なんというか、「めちゃくちゃ上手な読書感想文」を読んでいるような感覚になりました!!

 

本自体の物語がおもしろいのは当然のこと、この「解説」までたっぷりと楽しめるというのが、特に気に入ったポイントでした。

 

個人的に特に心に残った名言まとめ

それでは、この本から特に心に残った名言をまとめていきます!

 

「最高の出会い」とは

「出会いがない」と嘆く男性に対して、「最高の出会いとは何か」が語られたのが以下のセリフです。

自分がどの子を好きになるかなんて、分かんねえだろ。だから、『自分が好きになったのが、この女の子で良かった。ナイス判断だったな』って後で思えるような出会いが最高だ、ってことだ

実際にこのセリフから、「良い出会いをするコツ」は学ぶことができません(笑)

しかし、何か出会いについて真理をついている、そんな気がするセリフだと感じませんか・・・?

 

「ナイス判断だったな」って、”後で”思えるような出会いこそが、最高のものだ。

このセリフは、非常に強く印象に残りました。

 

結婚生活は「外交」そのもの

いいか、藤間、外交そのものだぞ。宗教も歴史も違う、別の国だ、女房なんて。それが1つ屋根の下でやっていくんだから、外交の交渉技術が必要なんだよ。

「結婚生活」に関する名言は、大昔から本当に色々なものがありますよね(笑)

 

伊坂幸太郎さんは結婚生活を「外交」にたとえて、以下の4つが重要だとしていました。

  1. 毅然とした態度
  2. 相手の顔を立てつつ
  3. 確約はしない
  4. 国土は守る
ヒヨコ
たとえが見事すぎて、笑いよりも感心してしまうほどでした・・・!

特に「国土は守る」というのが、オチとしても完璧!!(笑)

たとえが上手な人は頭のIQが高い、なんてことも言いますが、このずば抜けたセンスが羨ましいと感じた箇所でした。

 

自分が正しいと思い始めたら、自分を心配しろ

年齢を重ねるほど、人は自分の意見を曲げにくくなる、とはよく言います。

 

そして、私も少しずつその言葉の意味を実感してきている今日このごろです。

そんな自分に向けてか、「なるほど・・・!」となったセリフが以下です。

「お母さんに言われます。自分が正しい、と思い始めてきたら、自分を心配しろ、って」

(中略)

「あと、相手の間違いを正す時こそ、言葉を選べ、って」

これは、「忠告される側」と「忠告する側」の両方に気をつけるべき重要なポイントだと感じます。

「自分が正しいんだ」なんて傲慢な考えを持ち始めたら、周りの意見が耳にはいってこなくなります。

そんなことをしたらその自分の成長はストップしてしまいますよね。

 

そして、人に忠告する側も、「どんな言葉を使うか」は細心の注意を払うべき。

言い方次第で、相手がすんなり言うことを聞いてくれることもあれば、思い切り起こらせてしまう恐れもあるわけです。

この2つのセリフは肝に命じておきたいと思います!

 

まとめ

今回は、伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』の感想と、心に残った名言をまとめていきました!

 

特に「結婚生活という名の”外交”の4つの教え」は一生忘れれることはないと思います!(笑)

こういったとても絶妙なセリフに出会えるのが、伊坂幸太郎の小説が好きな一番の理由です。

ヒヨコ
やっぱりビジネス書ばかりでなく、小説も大切にしていきたいですね!

 

『アイネクライネナハトムジーク』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!