【感想・名言まとめ】伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

【感想・名言まとめ】伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

先日、伊坂幸太郎さん著『アイネクライネナハトムジーク』を読み終わりました!

 

いや~、私の大好きな作家だけあって、期待通りにめちゃくちゃ面白かったです!

 

出会いが様々な偶然で起こり、ちょっとした行動が巡り巡って互いに影響し合う、というストーリー。

その中で、何よりも登場人物たちの「名言」が凄まじく楽しめました・・・!

『アイネクライネナハトムジーク』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

そこで今回は、この本の感想と、心に残った名言をまとめていきたいと思います!

 

『アイネクライネナハトムジーク』感想

感想の概要としては、以下の3点です。

アイネクライネナハトムジークの感想まとめ
  1. 著者には珍しい、恋愛中心の物語。全体的に、ほっこりする話
  2. 短編集だけど、登場人物が意外なところで影響しあう様子が楽しめる
  3. 本編終了後の「解説」が、びっくりするぐらい読みやすい

 

ここで1つ皆さんに聞きたいことがあります。

小説の最後にある「解説」って、読みにくいものが多いと感じませんか・・・?

 

私は「折角だからな~。」という理由で、普段から必ず解説にも目を通すようにしています。

しかし、小説の解説って「小難しい妙な分析」が多いですよね、、笑

 

難しい表現を使っているし、「え?そこまで深読みする?」と思ってしまうこともしばしば。

そして、聞いたこともない沢山の他の著者の本が引用されて・・・。

正直、これまでは、そういった文章に心惹かれることは滅多にありませんでした。

 

いわば、「その本をすべて読みきった」という「達成感」を得るために解説を読んでいたレベルでした。

 

しかし、このアイネクライネナハトムジークの場合は全く違いました。

解説が非常にわかりやすいうえに、読後感をさらに気持ちの良いものにしてくる内容だったんです!

ヒヨコ
なんというか、「めちゃくちゃ上手な読書感想文」を読んでいるような感覚になりました!!

 

本自体の物語が面白いことに加え、「解説」までたっぷり楽しめることが、本書を気に入った1つのポイントでした。

 

個人的に特に心に残った名言まとめ

それでは、本書から「特に心に残った名言」をまとめていきます!

 

「最高の出会い」とは

「出会いがない!」と嘆く人って多いですよね。

そんなセリフをつぶやくある男性に対し、「最高の出会いとは何か?」が語られたのが以下のセリフです。

自分がどの子を好きになるかなんて、分かんねえだろ。だから、『自分が好きになったのが、この女の子で良かった。ナイス判断だったな』って後で思えるような出会いが最高だ、ってことだ

 

このセリフから、具体的な「良い出会いをするコツ」は学ぶことができません。

しかし、「出会いについて真理をついている」そんな気がするセリフだと感じませんか・・・?

 

「ナイス判断だったな」って、”後で”思えるような出会いこそが、最高のものだ。

個人的にこのセリフは、強く印象に残りました。

ヒヨコ
「未来が過去を作る」なんて格好良い名言がありますが、それに通ずるものがありますよね・・・!

 

結婚生活は「外交」そのもの

続いては、「結婚生活を上手にやっていくのは?」という問いに対して語られたセリフです。

いいか、藤間、外交そのものだぞ。宗教も歴史も違う、別の国だ、女房なんて。それが1つ屋根の下でやっていくんだから、外交の交渉技術が必要なんだよ。

「結婚生活」に関する名言は、大昔から色々なものがありますよね笑

ヒヨコ
個人的に好きななのは、ソクラテスの「結婚せよ。良い妻を持てば幸せになる。悪い妻を持てば哲学者になれる。」という名言です笑

 

この本の中では、結婚生活を「外交」に例えて、以下の4つが重要だと力説されていました。

【結婚生活で守るべき”外交政策”】

  1. 毅然とした態度
  2. 相手の顔を立てつつ
  3. 確約はしない
  4. 国土は守る

たとえが見事すぎて、笑いよりも感心してしまうほどでした・・・。

 

特に「国土は守る」というのが、オチとしても完璧、、笑

このずば抜けたセンスが羨ましすぎます・・・。

 

自分が正しいと思い始めたら、自分を心配しろ

続いての名言紹介は、人と話す際の注意点です。

「お母さんに言われます。自分が正しい、と思い始めてきたら、自分を心配しろ、って」

(中略)

「あと、相手の間違いを正す時こそ、言葉を選べ、って」

人は、年齢を重ねるほど、自分の意見を曲げにくくなる、とよく言いますよね。

 

「自分が正しいんだ!」なんて考えを持ち始めたら、そこからは周りの意見が聞こえなくなってしまいます。

そんなことを繰り返していたら、その人の成長はストップしてしまいますよね。

 

「あいつは何を言っているんだ。俺の意見が正しいに決まっている。」

そうなった瞬間に、

「あ、やばい。俺は今、『自分こそが正しい』って、まさに思ってるやんけ・・・。」

そう自分を客観視できるかどうかが、その後の「人としての器」を決める要因になるんですね。

 

そして、人に忠告する側も、「どんな言葉を使うか」には細心の注意を払うべきなんですね。

言い方次第で、相手がすんなり言うことを聞いてくれることもあれば、怒らせてしまう恐れもあるわけです。

 

忠告される側、忠告する側として、以下の2点はよく覚えておきたいです。

  • 自分が正しいと思ったら、一度冷静になれ
  • 他人の間違いを指摘するときは、言葉選びに細心の注意を払え

 

まとめ

今回は、伊坂幸太郎さん著『アイネクライネナハトムジーク』の感想と、心に残った名言をまとめていきました!

 

特に「結婚生活という名の”外交”の4つの教え」は、一生忘れることはないと思います!(笑)

こういった絶妙なセリフに出会えるのが、伊坂幸太郎さんの小説が好きな一番の理由です。

ヒヨコ
もはや、こういった「名言探し」のほうが、物語より好きだったりします、、笑

 

『アイネクライネナハトムジーク』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

また、別の伊坂幸太郎さんの本を読んだら、特に気に入った名言を本ブログに残していきたいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!