【論理の飛躍をなくす方法】人にわかりやすく伝えるには

【論理の飛躍をなくす方法】人にわかりやすく伝えるには_アイキャッチ画像

先日、別所栄吾さんの『「お前の言うことはわけがわからん!」と言わせないロジカルな話し方超入』を読んで、

「論理の飛躍をなくす方法」がとても参考になりました。

 

すごく簡単ですが、人に物事を伝える時や、ブログなどで文章を書く際に活用できそうなので、備忘録の意味も込めてまとめていってみます!

『「お前の言うことはわけがわからん!」と言わせないロジカルな話し方超入』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

この記事のまとめ
  1. 相手に伝わりづらいのは、論理が飛躍しているから
  2. 論理の飛躍をなくすには、「文と文の間に、キーワードを重複」させる
  3. キーワードを重複させることで、論理に抜け漏れがあることに、自ら気付ける

 

論理の飛躍をなくす方法

「論理の飛躍を無くす方法」とは一体どんなものか。

結論から言うとそれは、

「文と文の間に、同じキーワードを使うこと」

です。

 

このルールを守るだけで、「あれ、自分の文章・説明には、この一文が抜けているな・・・。」と自ら気づく可能性がぐんと上がります。

どういうことか具体的に説明しますね!

 

悪い例

まずは、比較をするために悪い例から。

以下の文章を読んで、すぐに意味がわかりますか?

 

「高速道路を無料化することで、経済が活性化するはずだ。」

 

・・・意味はなんとなくわかりますが、どこかしっくりこない感じもあると思います。

 

この文章が、なぜしっくりこないかと言うと、「中身の論理が省略されているから」なんですね。

つまり、論理的に見えて、実は論理が繋がっていないのが問題なんです。

 

良い例

そこで、この文章を「文と文の間に、同じキーワードを使う」という手法を用いてわかりやすくしてみます。

 

  1. 高速道路を無料化すべきだ。
  2. 無料になると、旅行に行く人が増える。
  3. 旅行に行く人が増えると、現地にお金が回り、経済が活性化するはずだ。

 

最初の例より、引っ掛かりなく、「ふむふむ」と読めたと思います。

なぜ、こちらの文章のほうが、そのようにスムーズに読めたのでしょうか。

それは、②「無料になると、旅行に行く人が増える」という文が入ったことにより、主張する人の「根拠」が明確になったからです。

 

人は、「自分にとって自明のこと」は説明を省いてしまう癖がある

そもそも、人は何かを考えるときに、こういった論理の繋がりを頭の中では浮かべているはずなんです。

しかし、人に説明する際に、”自分にとって当たり前と感じている根拠や事実”を、入れ忘れてしまうことがよくあるんですね。

 

その入れ忘れてしまった根拠や事実が、相手にとっても自明であるなら問題ありません。

しかし、自分にとって当たり前と感じる根拠でも、相手にとっては、それが当たり前ではない、ということはよくあります。

そのため、単純なことであっても、その間の根拠を明確に入れることが重要なんですね。

 

根拠が明確になっていることで、情報の受け手は納得感を得たり、「ここの根拠が誤っているため、その主張は正しくない」と指摘を受ける機会が生まれ、議論を活性化させることができるんですね。

 

一方で、わかっていても、普通に話をしたり、文章を書いているだけでは、つい論理が少しずつ飛躍してしまう。

それが普通のことだと思うんです。

だからこそ、意識的に「キーワードを重複」させることで、論理の飛躍がないかという「自分自身への監視」をつけることがとても重要なんです!

ヒヨコ
単純だけど、すごく納得した話でした・・・!

 

ブログでも同じ手法が使える

ブログを続けていて心苦しいのが、「これを書こう!」と考えて文章に落とし込んでも、その文章を読み返すと、なんだか論理がわかりづらい、という現象が起こることです。

 

「文章力がない」と一言で言ってしまえば、それまでなんですが、、。

なぜ文章力がないのかを深堀りしていくと、その大きな原因が、まさに「論理が飛躍している」ことだと感じました。

 

だからこそ、今後のブログでは、文と文の間のキーワードを重複させていく、という手法を活用したいと思います。

そうやって重複させることで、「あれ?ここ一文抜けているな・・・。」ということが、自ら気付くことができるようになると信じています!

 

「お前の話はわかりづらい!」と言われたことがある人、「自分の文章に納得感が持てない人」は、ぜひ、この手法を活用してみてください!

 

この記事のまとめ
  1. 相手に伝わりづらいのは、論理が飛躍しているから
  2. 論理の飛躍をなくすには、「文と文の間に、キーワードを重複」させる
  3. キーワードを重複させることで、論理に抜け漏れがあることに、自ら気付ける

『「お前の言うことはわけがわからん!」と言わせないロジカルな話し方超入』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!