本を読む時間がない?足りないのは「時間を作る気持ち」です・・・!

本を読む時間がない?足りないのは「時間を作る気持ち」です・・・!_アイキャッチ画像

あなたの周りで、こんな発言をしている人、1人はいませんか。

「本を読みたいと思っているけど、時間がないんだよね~。」

「また暇ができたら、読書をするよ!」

 

・・・私はこれらの発言を聞くたびに、それが仲の良い人であるほど”ショック”を受けます。

ヒヨコ
「それを、本気で言ってるのか!?」と問いたい!(笑)

 

今回は、そんな「読書する時間がない」とかなんとか言っちゃてる人に向けた記事を書きました。

特に、後で出てくる「例題」だけでも読んで、考えてみてください!

 

「本を読む時間がない」「読書する暇がない」とか言っている人へ!

「本を読む時間がない」とか「暇ができたら、読書するよ~」と言っている人へ。

本当の本当に、読書できないのは、”時間がない”のが原因なのでしょうか。

 

・・・いえ、断じて違います!

ヒヨコ
勝手に言い切っちゃいました(笑)

 

こういう人たちは、「時間がない」のではなく、実際には、「時間を”作る気”がない」のです。

 

ダラダラとYouTube見てませんか?

ここで、「読書とかしてる時間がない」とか言っている人に聞きたいのは、

「じゃあ、娯楽向けのYouTubeとかテレビとかも見てないですよね?」という質問です。

 

はい、だいたいほとんどの人は見てると思います!

寝る前にベッドの中で1時間、YouTuberの動画を見続けるとか、かなり多くの人がやっているんじゃないでしょうか。

 

その時間のうち20%でも良い。

それだけでも、娯楽をグッと我慢して、読書にあてるようにしてみてください。

 

1日15分読書時間にするだけでも、1ヶ月続ければ、450分。

つまり、1ヶ月で7時間以上の読書時間が確保できるわけです!

ヒヨコ
これだけあれば、月に2,3冊は無理なく読むことができますよね。

 

「本を読む時間がない」とか本当に言う資格がある人は、経営者など、「1分1秒を誰よりも大事にしている人」だけだと思うんです。

こういう、「休む間もなく、インプット・アウトプットに追われている人」は、たしかに読書する時間なんてないでしょう。

 

しかし!

それ以外の僕らのような”一般人”には、絶対に、時間は確保できるはずです!

ヒヨコ
いま一度、自分の1日の時間の使い方を見直して、その一部でも読書に振ってみてください!

 

問い:「1時間読書したら、1万円あげるよ。」

それでは、「あなたが本当に読書をする時間がない」のか。

それを計るための、例題を考えてみました。

以下の問いについて、考えてみてください。

 

突然ある人に「今日1時間読書したら、1万円あげるよ。」と言われたとする。

あなたは、これをやりますか?

 

・・・私だったら、迷わずやります!

すでに毎日1時間は読書していますが・・・!笑

 

あなたは、この問いを聞いてどう考えましたか?

ヒヨコ
大半の人は、「さすがにやるだろ!」となったのではないでしょうか。

 

読書によるリターンは長期的に現れる

この問いで何を伝えたかったか。

それは以下の2点です。

  1. その気になれば、読書の時間なんて簡単に作れること
  2. 長期的に見れば、読書のリターンはそれぐらい価値が高いこと

 

1は簡単に意味がわかると思います。

2について、「長期的に見れば、読書のリターンはそれぐらい価値が高いこと」とはどういうことでしょうか。

 

これは、「読書によって得た知識というのは、今後人生を生きる上で長期的に大きなリターンとなって返ってくる。」

そして、

「たった1時間の読書でも、そこから得られたリターン・価値というのは、人生で1万円以上のリターンが得られる。」

こういうことを言いたかったわけです!

 

つまり、「実際に現金1万円をもらう以上に、1時間の読書には価値があるんじゃ!」ということです!

読書をよくする人は、この話の意味がよくわかると思います。

反対に、読書を普段まったくしない人は、この「知識に投資する」という考え方がピンと来ないかもしれません・・・。

 

しかし今回の例題によって、

  • それぐらいに読書の価値は高く
  • その気になれば読書の時間はいくらでも作れる

ということがわかっていただけたのではないでしょうか。

 

最後に

とは言っても、いきなり毎日1時間の読書は、ちょっとしんどいと思います。

そこで、まずは1日10分だけでも、寝る前のベッドの上で読む習慣などをぜひつけて欲しいと思っています。

 

なぜここまで読書をごり押しするかと言うと、、

ぼく自身が、読書にドハマリしたことによって、大きく良い方向に変わったからです。

【読書で人生は変わるの?】千冊の本を読んで明らかに変わった6つのこと

2019.02.09

 

これについては、上の記事で詳しくまとめています。

渾身の力で書いた記事で、多くの方に読んでいただいています!ありがとうございます!!

 

また、私自身を読書好きに変えてくれた、”最強・最高”のサービス

「Kindle unlimited」は本当に、本当に心からおすすめです。

1ヶ月は完全無料で試せるので、まずはそこからでも始めてみてほしいです。

繰り返しこのブログではお伝えしていますが、

こういう月額課金サービスは「もとを取ろう!」という人間の心理をうまく利用できるため、読書が自然と続けられますよ。

 

ぜひ、どんなサービスかだけでも詳細を覗いてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!