【名刺交換会の罠!】人脈は量?それとも質?

【名刺交換会の罠!】人脈は量?それとも質?_アイキャッチ画像

「名刺交換会をしても意味がない。」

こういった記述を、最近のビジネス書ではよく見かけます。

ヒヨコ
「浅いつながりをいくら作っても意味がない」という主張ですね。

 

しかし、だからといって、「ごく狭く深い関係が絶対に良い。」と言われても・・・。

なんだか、完全に賛成できないような気もしていました。

やっぱり周囲を見ていると、「交友関係が広い人」が、得をしているように見えますもんね。

 

そんなときに見つけたのが以下の答え。

結論から言うと、

「人脈は ”面積” で決まる」

ということなんです。

 

とても響いた言葉だったので、簡単にまとめます!

『トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな』

人脈は”面積”で決まる!

人脈は、「幅」か「深さ」か。

この論争にバッサリ、とても納得感のある解答を得られました。

「人脈に大事なのは、幅と深さ、つまり面積」ということです。

ヒヨコ
初めて聞いた時、「これだっ!!」ってなりました(笑)

 

つまり、縦軸が人脈の深さ、横軸が人脈の広さだとして、その”掛け算”で、人脈力が決まるというわけなんです。

だからこそ、「人脈は、幅が大事だ。」とか、「いやいや、深さが大事だ。」とか一面だけで論争しているのはナンセンス。

 

そのどちらのベクトルも重要な要素となっているわけなんです。

まずは、この「人脈は面積で決まる」という概念を意識してみてください。

 

では「人脈面積」を最大化させる方法は?

それでは、この人脈の面積を最大化させるにはどうすればよいのでしょうか?

 

それは、横軸と縦軸をバランスよく育てること。

つまり、「人脈の幅と広さ」の足りていない部分を優先的に伸ばす、ということが正解です。

これを理解するために、以下の例題とその解答を見てみてください。

 

【面積についての例題】

それでは、ここで「人脈という面積を最大化させる方法」について例題を挙げてみます。

 

<問題>

「縦と横の長さの和が10cmになるような長方形のうち、面積が最大となるものを作れ。」

 

ここで、縦が人脈の深さ、横が人脈の広さ、だと解釈しながら読み進めてください。

 

縦1cm、横9cmの長方形だと、面積は、1×9=9

縦4cm、横6cmの長方形だと、面積は、4×6=24

・・・と、ここまできたらわかる人が多いと思います。

 

そう、面積が最大となる縦・横の値は、5cmと5cm。

つまり、”均等に割り振った時”なんです。

このとき、縦5cm、横5㎝の長方形(正方形になります)。面積は、5×5=25です。

 

ヒヨコ
こんな例題を出して何が言いたかったかと言うと、、(笑)

つまり、人脈という面積を最大化させるには、「深さか広さ。自分が足りていない方を重点的に伸ばす。」ということなんです。

 

人脈の広さが圧倒的に足りない人は、名刺交換会も1つの手

人脈力は、面積で決まる。

そして、広さと深さのバランスを取ることが、最も人脈力をつけるうえで効率が良い。

 

そのため、人脈の深さはあるけど、幅が足りない、、、という人は、「名刺交換会」に参加するのも1つの手だと思うんです。

ここで得た人脈の広さが、思いもよらなかった作用をもたらし、急激に深さも伸ばしくれる。

そんな爆発力を秘めていることもあるんですね。

 

だからこそ、「名刺交換会」が必ずしも馬鹿にできるものではないんです。

しかし、一方で、「名刺交換」ばかりに意気込んで、深い関係を築けていない人。

こんなタイプの人は、人脈の広さばかりを育てても、その実りは得られない、といことになります。

 

普通、「あいつは人脈が広い」とかいった表現はしますが、「人脈が深い」なんて言い方はほとんどしません。

ヒヨコ
だからこそ、人脈の幅だけを広げる、という行動にハマってしまう人が多い。

繰り返しますが、大事なのは、「人脈の面積を育てること。」

これを意識することが、正解だということなんですね。

 

マズローの発言

ここで1つ、少し違う角度から人脈力についての話をします。

 

有名な「マズローの欲求五段解説」を唱えた、心理学者のマズローという方をご存知でしょうか。。

このマズローが言った、人間の最もレベルの高い欲求、「自己実現の欲求」について、こんな言葉を残しているそうです。

 

「自己実現を成し遂げた人の多くは、友達は少なく、ごく少数の人と深い関係を築いている。」

 

ヒヨコ
たしかに、なんとなく分かる気がしませんか・・・?

マズローは、「成功した人というのは、狭く深い人脈がある。」と言っているんですね。

 

あなたに親友と呼べる人はいますか?

ここまでは、「人脈は面積だ」と述べてきました。

ここで以下の問いについて、考えてみてください。

「あなたは、『この人こそが親友だ。』そう呼べる人が、すぐに頭に浮かびますか?」

 

・・・これ、けっこうパッと答えられない人が多いと思います。

何が言いたかったかと言うと、

「多くの人は、普通に生活していると、人脈の広さは自然に増えるが、深さはなかなか育たない」ということです。

 

だからこそ、この「人脈は面積」という言葉を意識し、特定の誰かと深い関係を築くこと。

これをより意識することが正解なんじゃないか、そう思えたという話でした。

ヒヨコ
人脈の広さは割と簡単に築けても、仲を深めるのは簡単なことではないですもんね。

 

まとめ

今回は、「人脈力は面積で決まる」という話をしてきました。

 

広さ・深さ論争を、上から俯瞰的に見て、「そのどちらも大事。要は掛け算だ」と気付きを与えてくれた本。

とてもビビッときた記述で、ついまとめて記事にアップしてみました。

 

『トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな』

 

タイトルが「20代は残業するな」なんて、かなり自己啓発よりのような本ですが、内容は非常にロジカルに書かれていて、私のとてもお気に入りの本です。

今回の話に少しでも惹かれた方は、ぜひ詳しく本もチェックしてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!