【障がい者という括り方について】人はグラデーションのはずなのに・・・という話。

こんにちは読書ブロガーのネルです!

今日は、「昔から少しモヤッとしていた話」を、まとめてみます。

それは、「障がい者と健常者という括り方はどうなの?人はグラデーションのはずなのに・・・」という話です。

 

結論

この記事で言いたいことの結論は、以下です。

この記事のまとめ
  • 現在の日本の制度では、「健常者」と「障がい者」と2つのグループに大別してしまっている。
  • しかし、人の健常者具合は、本来”グラデーション”であって、バサッと2分することはできない。
  • 明確な括り方をしてしまうことで、「障がい者よりの健常者」がひどく苦しんでしまう現実がある。

 

順番にまとめていきます。

 

障がい者は、大切に扱わないといけない

自分が小学生、中学生のときは特に、学校の先生から以下のようなことを言われていました。

「〇〇くんは、脳に障がいを持ってしまっているから、みんなそのことを理解して、助けてあげようね。」

 

もちろん、その教えは正しいと思いますし、当時の自分も納得していました。

 

一方で、「明確に障がい者という判定はされていないが、対人能力が人より少し低い人」も、学年に何人かはいたのではないでしょうか。

そういった人たちは、あくまで「健常者」という括りです。

 

そのため、学校の先生や親には、「なぜ、周りの子ができるのに、お前はこんな事もできないんだ!」と責められる。

そして、高い確率で同級生のいじめられてしまう。

 

悲しいですが、そんな事態を見たり聞いたりしてきました。

 

人の能力は本来は、「グラデーション」である

  • 「あいつは障がい者だからしょうがない。」
  • 「こいつは健常者だから、これができないのは努力不足だ。」

こんな言葉が出てしまうのは、多くの人が「人は、障がい者と健常者どちらかに分けることができる。」と勘違いしているからです。

 

実際は、人の能力は0か1か、という話ではなく、「グラデーション」となっています。

たとえば、世界で最も重度の障がいを持ってしまっている人を0,世界でもっとも優秀な知能を持った人を100とします。

すると、世の中のすべての人は、この0~100のどこかの位置にいることになります。

10ぐらいの人もいれば、36ぐらいの人もいる。そして、90ぐらいの超優秀な頭脳を持った人もいる。

 

このような状況の中で、現状の日本の制度では、「30以下の人を、障がい者と認定する。」とバッサリと区切ってしまっているわけです。

このように区切ったとき、31の人はどうなるのか。

制度上ではあくまで健常者という位置づけですが、限りなく障がい者のグループに近いわけです。

しかし、健常者という括りであるため、70,80の能力を持った人たちと比べられ、「みんなができることはできて当然。」とみなされてしまうわけです。

 

まとめ

つまり、人の能力はグラデーションであって、本来はグループ化することができない。

それを、無理やりグループ化してしまっているため、その区切りの境界線上にいる人たちが、ひどく苦しんでしまう状況ができているな、と思うんです。

 

「確かにそれはもっともだが、じゃあどうすればこの事態は解決するんだ?」という話ですが、これが一番むずかしいことだ思います。

障がいを持った方には給付金などもあるため、国としては無理やりどこかの区切りで、人をバッサリと区別しないといけない、という現実もあります。

 

よって、おそらく今できることは、すべての人が「人の能力はグラデーションである。」ということを明確に理解することなんだと思います。

それは、差別とか蔑視とかそういう話ではありません。

「あの人はたぶん対人能力は低いけれど、デザインを考える力が人よりも突出している。」

「あいつは、計算は苦手だけれど、企画を考えるのがすごい。」

そうやって、お互いの持って生まれた能力を理解し合い、リスペクトをすることができれば良いなと思っています。

 

特に、小学生、中学生では、人よりもちょっとできない子がいると、すぐにいじめの対象になりがちです。

だからこそ、学校の先生たちは、「障がい者と健常者」という2グループに分けることを子どもたちに伝えるのではなく、「人の能力はいろいろな分野でグラデーションとなっている。」ということを伝えてあげるべきだと思っています・・・!

 

『自閉症の僕が跳びはねる理由』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

赤ちゃん扱いされるたびに、みじめな気持ちになり、僕たちには永遠に未来は訪れないような気がします。  本当の優しさというのは、相手の自尊心を傷つけないことだと思うのです

(Kindle位置:182)

 

上記の本は自閉症の方の実際の気持ちをしるうえで、とても重要な本です。気になる方はぜひ読んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!