本を好きになるためのコツは、「賢く見られたい症候群」と戦うこと

こんちは!読書ブロガーのネルです!

「読書が大事とはよく聞くけど、本を読む気が起こらんのや・・・。」という方、かなり多いと思います。

 

今回はそんな方に向けて、「そもそも読書が好きになるには、どうすれば良いのか?」について、コツをまとめていきます!

 

読書を好きになるコツは、「賢く見られたい症候群」と戦うこと

私は読書ブロガーとしてブログ運営をしながら、最近は月に10~20冊の本を読むことが習慣になっています。

ここまで本好きになったことを振り返って、「本が好きになるコツ」に気づきました。

 

読書が好きになるコツとは何か。

それは、「賢く見られたい症候群」と戦うことです。

これが、めっちゃくちゃ重要です!!

 

というのも、読書を”しなければ”と考える真面目な人ほど、本屋に行くと「なんか難しそうな本」を選ぶことが多いんですね。

「本は勉強になるものを選ぶべきだ」という固定概念が強いからだと思っています。

 

そして、賢そうな本を買うことで、本屋の店員や、家に遊びに来た友人や家族に、「ワシはこんな難しそうな本を読んでるんじゃ。どうや??」と見せたい。

そんな下心がわずかでもあるのではないでしょうか?

ヒヨコ
めちゃくちゃ煽ってすみません・・・笑

 

これを、個人的には、「賢く見られたい症候群」と読んでいます。

人はだれしも、「他人から優秀な奴だと思われたい。」という願望を持っていて、それは決して悪いことではないです。

 

しかし、普段読書をしない人に限って、この「賢く見られたい症候群」に無意識に囚われすぎてしまうことが多いんですね。

 

しかし、そういう基準で選んだ本は、文章がやたらと難しく、単調であることが多いです。

端的に言ってしまうと「つまらない本」ばかりなんですね・・・笑

 

すると、読書を折角しよう意気込んで読んでも、

  • 「何書いとるのか全く分からん・・・!!」
  • 「だから読書はつまらんのだ。。。」

と苦痛を感じてしまう結果になるんです。

 

そうして、読書熱はあっという間に冷めてしまう。

こんな悲しい結末を迎えることになるのが、典型的なパターンです。

ヒヨコ
振り返ると、読書にのめり込む少し前までの自分が、まさにこんなパターンでした。。

 

好きな本を選んでいれば、自然と読む量は増えていく

本の無料写真

じゃあどうすればいいのか?

それは、本屋にいって、「読みやすそうだし、面白そうやんけ!」って素直に感じる本を選び続けることです。

ヒヨコ
本好きになるコツは、これに尽きます!!

 

どんな人でも、今抱えている悩みとか、好きなジャンルがあると思います。

 

たとえば、営業職として配属された新入社員は、「どうやったら、商品が売れるんだ・・・。」と悩みますよね。

そうしたら、本屋に行って「営業1年目に送る!商品を売るための10個のコツ」など、「簡単そう」で「興味がある本」を選べば良いんですね。

 

このとき、タイトルが胡散臭かったり、意識が高そうなものでも、「なんかアホっぽそうなタイトル」でも一切関係なし!!

 

とにかく、「お!これはちょっと気になるかも。。」という直感を信じて、それを読んでみるべきなんですね。

なぜかというと、純粋に興味を持った本は、とても高い確率で読み進めることができるからです。

 

1冊を無事読破できたら、そのまま2冊目、3冊目と読み進めていってみてください。

そうして似たような本を何冊も読破していくと、「う~む。どれも結局同じようなことが書いてあるな」と感じるようになります。

そうなった時に始めて、少し難しそうな本を手にとってみたり、別のジャンルの本にチャレンジしていけば良いんです。

 

そうこうしているうちに、必ずや読書数は増え、いつの間にか「習慣」になってきます。

自分がまさに、こんな感じで「簡単な読書」からはじめ、今では読書が完全な習慣となっています。

 

まとめ

・・・ということで、「読書を習慣にしたい!」と思っている方に改めて念押ししたいのが、「本は純粋な興味で選べ!」というアドバイスです。

特に読書週間がない人は、決して「勉強になりそう。」「賢そう」という基準で本を選んではいけません。

 

最初に、「賢く見られたい症候群」とうまく戦うことができれば、読書は必ず習慣化します!

 

「そもそも読書なんて興味ねえよ!」という場合でも、「大きな本屋に行ってみる」だけで、絶対に1冊は「ん?この本だけ、なんか気になる、、、。」って本が絶対あります!!

そうして読書が趣味になる方が、少しでも増えてくれると、読書好きの自分としてはめっちゃ嬉しいです!

 

↓「どんな本を読めば良いのか分からん!」という人は、こちらの本を強くおすすめします!

この本自体がめちゃくちゃ刺激的だし、「おすすめの名著」が沢山紹介されているので、ここから興味を探すことができますよ!

『読書を仕事につなげる技術』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

まずは今すぐに本屋へ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!