【本を安く買う方法3点】特にKindle読書家は必読!

【本を安く買う方法3点】特にKindle読書家は必読!

「本を沢山読むために、少しでもお得に本を買いたい!」

こう思っている人は多いと思います。

ヒヨコ
実際に私自身、お金がない学生時代は特に本代をどう節約するか試行錯誤していました!

 

そこで今回は、「本を安く手に入れるための方法」をまとめていきたいと思います!

私自身の経験からのものですので、どれか1つでも役立ててくれたら嬉しいです!

 

ちなみに、今回取り上げる方法は図書館や立ち読みなどではなく、実際にその本を手に入れる方法についてまとめています。

 

本を少しでも安く買う方法3点

それでは、順番にまとめていきます!

 

小説は紙の本を、ビジネス書はKindleを狙うべし

本を買うとき、Amazonで検索をかけて、ブックオフなどと値段比較をする人は多いと思います。

そこで覚えておいて欲しいのが、

「小説は紙の本を、ビジネス書はKindleを狙うと安く買いやすい」ということです。

 

そもそもビジネス書の問題は、単価が高いことですよね。

小説は文庫本だと1冊500円とかで買えたりするのに、ビジネス書は1冊1,500円ほどかかることが多いです。

・・・しかし、Kindleとなったら話は変わってきます。

 

Kindle版のビジネス書は、Amazonで急に50%オフなどの超お得なセールをやることが多いんです!

たとえ流行しているものであっても、突然セールが行われます。

なので、人気のビジネス書でもそのセールを待って買えば、本代はかなり節約できるんです。

 

一方で、小説はKindleセールをめったにやらない、というのが個人的な印象です。

特に、人気作家の本は全くと言っていいほど、お得なセールは開催されません。

しかし、ブックオフなどの古本屋に行くと人気小説は売る人も多いため、ある程度の時間が経てばぐっとお得に購入できることが多いという印象です。

 

よって、小説は古本を狙ってブックオフなどで買い、ビジネス書はKindle版のセールを狙って買う、という戦略を強くおすすめします!

 

本を「ほしい物リスト」に入れる時は、Kindle版を入れるべし

続いては、1つめの方法と同じようにKindle版に抵抗がない人には必ず実践してほしい方法です。

「Amazonで本をお気に入りリストに入れておく場合は、必ずKindle版を選択してから入れる」

 

繰り返すと、Kindle本というのはセールがとても頻繁に行われています。

そして、Amazonのマイページから、「ほしい物リスト」を見ると、値段が下がった時に「〇〇%下がりました。」と表示してくれるわけです。

Kindle本セール

今回の写真の例だと、半額ほどになっているものすらあります。

 

ポイントとしては、本を紙の本として欲しい物リストに入れているだけでは、この情報は見れないんですね。

よって、こういったセール情報を一覧からサクッと確認するためにも、本は「Kindle版」をお気に入りリストに入れる癖をつけてください!

 

Kindle Unlimited加入者は”必ず”Kindle版を欲しい物リストに入れる!

ちなみに、「Kindle Unlimited」に加入している方は、”必ず”Kindle版を欲しい物リストに入れるようにしてくださいね!

なぜなら、欲しい物リストにあるKindle本がKindle Unlimitedのラインナップに追加されたら、スマホで通知をしてくれるようになっているからです!

これは、最近追加された機能でめちゃくちゃありがたいです。

ヒヨコ
Kindle Unlimited加入者は、とりあえず少しでも気になる本があれば、気軽に欲しい物リストに追加しておくことを強くおすすめします!

 

また、Kindle Unlimitedについて詳しく知らない方は以下の記事も読んでみてください。

【アマゾンKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)って何?】4つのメリットも解説!

2019.11.17

 

好きな作家がいれば、メルカリで検索する

最後3つ目の方法は、あなたが「好きな作家がいて、その人の本をまとめて買いたい時」に非常に有効な方法です!

それは、「メルカリで、著者名を検索して”セット販売”されているものを購入する」という方法です。

つまり、「〇〇の本3冊セット」などと出品しているパターンを狙うんです!

 

メルカリは普段本を買う時は、そこまでお得というものではないんですよね。

その理由が、送料や梱包の手間があるからです。

売り手からしたらそりゃあ、たった1冊数百円のために手間も時間も取られるのは損なわけで、それによって値段が割高になる傾向があります。

 

しかし、これがセット販売になると、売り手側はまとめて梱包、発送がおこなえるため、客単価が高くラクになるわけです。

それによって、商品の値段が下がり、買い手側もお得に帰る可能性がグンと高くなります。

ヒヨコ
私自身、伊坂幸太郎や西加奈子などでこの方法をとって、1冊あたり100円ちょっとで人気本を手に入れることに成功しました。

この方法は、完全に1冊1冊を独立して販売している、ブックオフやAmazonでは取れない方法です。

 

メルカリでまとめて買えば、人気作家の本でも想像以上にお得に買えることが多々あるので、ぜひ試してみてください!

 

まとめ

今回は、本を少しでも安く手に入れる方法を3点まとめていきました。

 

もちろん、「本当に欲しいと思った本」は、迷うことなくその場ですぐ買って自分の血肉にすべきだと思っています!

 

しかし、そこまで欲しいわけではないが、「ちょっと気になる・・・」という本も沢山ありますよね。

そういった本に対しては、今回紹介したような方法をぜひ試していだければ、これまで以上に安く欲しかった本が手に入るはずですよ!

Amazonの欲しい物リストに入れるコツなどは、手間もまったくかからないので、今日からすぐにでも試してくださいね!

 

本を安く買う方法まとめ
  1. 小説は紙の本を、ビジネス書はKindle本を狙うべし
  2. 本をAmazonの欲しい物リストに入れる時は、Kindleにしてセールを待つべし
  3. ある作家の本をまとめて買いたい場合は、メルカリを使うべし

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!