会社を成功させるには「ビジョン」が大切【LCCピーチの例】

会社を成功させるには「ビジョン」が大切【LCCピーチの例】_アイキャッチ画像

こんにちはネルです!

今回は、「会社を成功させるには「ビジョン」が大切【LCCピーチの例】」というテーマで話をまとめていきます!

参考にした本は、山口周『ニュータイプの時代』です!

ヒヨコ
LCCピーチの創業者が語った「ピーチの存在意義」がとても衝撃を受けますよ!

 

この記事のポイント
  • 成功している会社ほど「壮大なビジョン」を打ち立てている
  • LCCピーチの理念も、ただ安く海外旅行を提供することにとどまらない
  • たとえ個人の目標であっても大きなビジョンは大切

『ニュータイプの時代』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

それでは、順番にポイントをまとめていきます!

 

会社を成功させるには「ビジョン」が大切

最近、スタートアップを始め多くの企業が「壮大なビジョン」を打ち立てていますよね。

たとえば、

  • ユニクロ→「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」
  • RIZAP→「人は変われる証明をする」
  • クックパッド→「毎日の料理を楽しみにする」

などがあります。

 

このように、現代で成長し続ける会社は「明確でわかりやすく、大きなビジョン」を抱えていることが多いのです!

こういったビジョンは、従業員に対しゴールを意識させ、モチベーションを高める効果が期待できます。

 

そしてとても印象に残ったのが、『ニュースタイプの時代』で紹介されていた、格安航空会社LCC「ピーチ」の創業理念についてです。

 

なぜ格安航空会社ピーチは存在するのか?

それでは、格安航空会社ピーチ・アビエーションの創業理念はどのようなものか、本文より引用します。

筆者からの「ピーチは何のために存在する会社なんですか」という不躾な質問に対して、井上社長は「よくぞ聞いてくれた」という表情をしながら、ゆっくりと「それは戦争をなくすためですよ、山口さん」と即答されていました。

引用:山口周『ニュータイプの時代』

ヒヨコ
なんと、旅行目的で使用される格安航空会社の理念が「戦争をなくすため」だというのです・・・!

 

これは一体どういう意味なのでしょうか。

 

誰もが気軽に海外に行き来できる世界ならば戦争は起こらない

ピーチの井上社長は以下のように考えているそうです!続けて引用します。

「過去には日本とアジアの国々とのあいだで不幸な出来事がありましたね。ああいうことを二度と起こさないために、友達がいろんな国にいるという状態にしたいんです。そのためには若いうちからどんどん外国に出て、いろんな文化に触れ、たくさんの人と知り合ってほしい。ではどうするか? 財布の軽い若い人でも乗れて、いろんな国に行ける、そういう航空会社が必要なんです。ピーチはそれをやるんです」

つまり、戦争をなくすためには「友達が色々な国にいる状態」にすれば良い。

そのために、お金がない若者でも海外に気軽に行けるようにピーチを作った、ということなんです。

 

たしかに、仲の良い友人が世界のあちこちに住んで民族も関係なく友情を築き合える世界ならば、戦争を起こしてお互いを不幸にするような戦争をする気は起こりませんよね。

そういった状態をピーチは作りたいわけなんです。

 

実に、壮大で格好の良いビジョンだと感じませんか・・・?

私自身、この社長の話を聞いて心が震えるようでした!(笑)

このようなビジョンを抱えることで、従業員の士気が上がり、これまで以上に会社を成長させるように一人ひとりが努力するようになるわけなんです。

 

いかに会社のビジョンが大切か、よく伝わったのではないでしょうか。

 

とてつもない大きな目標が成功への近道かもしれない

格安航空会社ピーチのビジョンの話を挙げましたが、もしここで「平凡なビジョン」をピーチが打ち立てていたら、どのような印象を受けるでしょうか。

たとえば、「誰でも気軽に海外旅行ができるようにする」という理念を掲げていた場合を想像してみてください。

 

きっと、これを聞いた従業員も「まあ、そりゃそうだよね。」ぐらいで、その理念自体も忘れてしまうようなものではないでしょうか。

このように考えても、ビジョンがいかに従業員のやる気を引き出すものか想像できます。

 

個人単位でも壮大な目標は重要

また、ここまでは会社のビジョンの話をしてきましたが、これは「個人単位」にも強く当てはまることだと思います。

たとえば、大学受験を頑張っている学生が「絶対に東大に合格する!」という目標を立てるよりも、「東大に行って、学生のうちに出会った仲間と共に会社を立ち上げるんだ!」ともうワンステップ大きな目標を立てたほうが、勉強のモチベーションも数段上がるはずです。

こういった、個人の目標も「大きなビジョン」として設定することは効果的なんですね。

 

ぜひ、目の前の小さな目標だけではなく、たとえ個人レベルであっても「壮大で大きな目標」を打ち立ててみてください!

ヒヨコ
目標が大きければ大きいほど、成功する確率が上がることもあるわけなんですね・・・!

 

まとめ

今回は、『ニュータイプの時代』より、「会社を成功させるには「ビジョン」が大切【LCCピーチの例】」というテーマで話をまとめていきました!

格安航空会社ピーチの理念は、一度聞いたら忘れないようなものになっています。

ぜひ、飛行機に乗ったときなどに、友人に話してみてください!

 

この記事のまとめ
  • 成功している会社ほど「壮大なビジョン」を打ち立てている
  • LCCピーチの理念も、ただ安く海外旅行を提供することにとどまらない
  • たとえ個人の目標であっても大きなビジョンは大切

『ニュータイプの時代』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!