コピーライティングは論理という”エンジン”と感性という”ガソリン”が重要『広告コピーってこう書くんだ!』まとめ

コピーライティングは論理という”エンジン”と感性という”ガソリン”が重要『広告コピーってこう書くんだ!』まとめ_アイキャッチ画像

こんにちはネルです!

今回は、 谷山 雅計『広告コピーってこう書くんだ!』の重要箇所をピックアップしてまとめていきます!

 

この記事のまとめ
  • あなたのコピーライトは「誰も読みたいと思っていない」と考えて書く
  • 「描写」ではなく「解決」を意識して書く
  • センスという「ガソリン」を気にするのではなく、論理という「エンジン」を鍛えよう!

『広告コピーってこう書くんだ!読本』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

それでは、順番にポイントをまとめていきます!

 

コピーライトを書く時のコツ

広告の文字である「コピーライト」をうまく書くコツとは、

「誰もコピーなんか読みたいと思ってない」

という点からスタートすることが何よりも重要だといいます!

 

自分がある製品の広告を書こうとするとどうしても力が入り、無駄に要素を沢山詰め込んでしまいがち。

しかし、そもそも広告というのは多くの人にとって”邪魔なもの”であり、好き好んで見ようとする人は同業者じゃない限りいないわけです。

 

そこで、「誰も自分のコピーなんて読みたいと思ってないんだ」という意識を持って書く。

すると、「じゃあ、どうやってそういう興味のない人達を振り向かせるか」という発想になり、短く・シンプルだが効果的な広告が出来上がるというのです。

ヒヨコ
広告業界で働いているわけではない人も、こういった「人目を引く言葉」をさらっとかける技術をもっていると、いざというときに大きな武器になりそうですよね!

 

コピーライトの目的は「描写」ではなく「解決」

これも非常に勉強になった箇所でした。

コピーライトの目的は「描写」ではなく「解決」を意識する

 

一体どういうことでしょうか。

 

例)古本屋を広告する

もし、「古本屋」を多くの人に使ってもらえるような広告を考えてほしい、と依頼が会った場合、あなたならどのような言葉を選ぶでしょうか。

 

たとえば、

  • 古くて懐かしい本が積んである店
  • 本好きのがんこオヤジがいる場所

などが思い浮かぶと思います。

 

しかし、これらはあくまで「古本屋の姿を描写しているだけ」なんですね。

 

では、「描写」ではなく「解決」とはどういうことか。

本書では以下のような例が挙げられていました。

「お風呂で読むための本なら、ぜひ古本屋で。」

 

半身浴ダイエットが流行っている現在、お風呂で読書をする人が増えている。

そして、お風呂の中だと本はふやけてしまいますが、安い古本屋の本ならば気兼ねなく使えるのでは、と提案をしているわけなんですね。

これがまさに、「コピーライトで”解決”」している例なんです。

 

「自分のペンの力で、 いまある状況を美しく描こう」と考えだすと、ちょっと方向がズレてきます。  むしろ考えてほしいのは、「自分のペンの力で、 いまある状況をなんとか変えてみせよう」ということ。 コピーの第一の目的は、「描写」ではなく「解決」なのです。

引用:『広告コピーってこう書くんだ!読本』

 

コピーライティングは論理という”エンジン”と感性という”ガソリン”がある

良いコピーライトのアイデアを思い浮かべるのは「センス」が必要だろう、と感じる人は多いと思います。

私も、こういった類のものは、センスが非常にものをいうものだと感じていました。

 

しかし著者は、「コピーライトはセンスは3割程度で、残り7割は論理が重要」だと言うんですね。

論理とはつまり、「どのように考えて書けば、良い広告が書けるか」という「知識・ノウハウ」のこと。

 

これらに対し、さらに著者は面白い例を出していました。

エンジンが論理、ガソリンが感性で、2つが合わさって、コピーライティングという動力を生み出す。

ガソリンという感性・センスは、”石油”から出るものだから、天然資源であって生まれながらに持っていたり、これまで何をどのように考えて生きてきたかに依存している、と言えます。

 

しかし、エンジンという”論理”は、人から教わることによっていくらでも伸ばすことができる

たとえ、ガソリンがちょっとしかない人でも、最高のエンジンを持っていれば良い出力が出せる。

だからこそ、多くの人はガソリンの量、つまり自分のセンスに対して評価するのではなく、いかによい「エンジン」を身につけるか、ということに注力すべきなんですね!

ヒヨコ
ガソリンとエンジンの例え。とても良い例えなので、ぜひ覚えておきたい・・・!

 

まとめ

今回は、 谷山 雅計『広告コピーってこう書くんだ!』の重要箇所をピックアップしてまとめていきました!

 

人を魅了する文章を書けるだけで、その人のチャンスは一気に広がるものだと思います。

私自身も広告業界ではありませんが、こういったコピーライトの技術をこれからもどんどん吸収していきたいと思います!

 

この記事のまとめ
  • あなたのコピーライトは「誰も読みたいと思っていない」と考えて書く
  • 「描写」ではなく「解決」を意識して書く
  • センスという「ガソリン」を気にするのではなく、論理という「エンジン」を鍛えよう!

『広告コピーってこう書くんだ!読本』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!