「趣味は読書」と言う”3つの危険”と、好印象な伝え方・書き方【パターン別に解説】

「趣味は読書」と言う”3つの危険”と、好印象な伝え方・書き方【パターン別に解説】_アイキャッチ画像

「趣味は読書、と言っておけばまあ安全だろ。」

あなたは、こんなふうに思っていませんか?

 

・・・実は、何も考えずにこの伝え方をすると、相手にはあまり良い印象を与えられません!

ヒヨコ
安易に趣味が読書だと伝えることは、むしろマイナスになったりするんですね・・・。

 

そこで今回は、読書が趣味だと伝える「3つの危険」をご紹介します。

また、それを受けて、”好印象を与える伝え方”についても、パターン別に解説してみたいと思います!

ヒヨコ
ビジネスの場、交流会、合コン、SNS・マッチングアプリの自己紹介欄など、趣味を伝える場所で活用できると思いますよ!

 

もちろん、私の経験からオリジナルに考えたものです。

ひねり出して考えたものなので、どれか1つでも共感していただけるととっても嬉しいです!

 

「趣味は読書です。」と伝える場合の3つの危険

それでは最初に、「趣味は読書」と伝える3つの危険について考えていきます。

 

結論から言うと、以下の3点です。

「趣味は読書」と伝える3つの危険
  1. 「他に趣味がない、つまらない人だな」と思われる
  2. 上品・知的アピールをしてると思われる
  3. 「意識高い系」というレッテルを貼られる

 

詳細については、順番に解説していきます!

 

「3つの危険」が生じる理由と、その回避策【パターン別に解説】

それでは、なぜ上記3つの危険が生じるのか、パターン別に解説していきますね。

また合わせて、「ではどうすれば、相手に良い印象を与えられるのか」という点も考えてみました!

ぜひ、参考にしてみてください!

 

①「他に趣味がない、つまらない人だな」と思われる

まず、1つ目の危険として、「この人、他に趣味がない人なんだな」と思われることを挙げました。

これに特に、「月に2,3冊ほどしか読書をしない人」こそ、注意が必要です。

 

と言うのも、こういう人の場合、以下のような会話の流れになりやすいんですね。

 

Aさん「趣味は、読書ですね・・・。」

他人「読書が趣味なんですか!どれくらい読むんですか?」

Aさん「えっと、、月に2,3冊程度です。」

他人「(ああ、それぐらいか・・・。)どんな作家が好きなんですか?」

Aさん「東野圭吾さんとか、有川浩さんとかです。」

他人「(そうだと思った、、。)そうですか。東野圭吾さんとか面白いですよね。」

と、こういう流れになりやすいんです。

ヒヨコ
実際に、私も何度かこういう場面に会いました・・・。

 

もちろん、読む量が少ないからと言って、趣味が読書と言ってはダメと言うつもりは全くありません!

ただ、先ほどの例のような残念な会話になりやすいんですね・・・。

 

なぜかと言うと、読書量というのは人によってかなり大きな差があるからです。

なので、本が好きで頻繁に読んでいる人からしたら、「読書が趣味」とだけ言われた場合、マニアックな本も知っている人だと勝手に期待されてしまうんです。

ヒヨコ
そして、実情を知られてがっかりされてしまう(笑)

 

そこで、こういう人の場合、伝え方を以下のようにしてあげると一気に好印象になります。

【好例】

「趣味は、たまに読書することです。月に2,3冊ほどですが、マイペースに楽しんでいます!」

 

つまり、”あまり分量は読まない”ということを最初に言ってしまうんですね。

 

初めから、「たしなむ程度に読書を楽しんでいる。」と言ってあげれば、相手の期待値を無駄に上げることを防げるため、会話がスムーズになるんです。

ぜひ読書量が少ない人には、それを「最初から正直に言ってしまう」という戦法を強くおすすめします。

 

②上品・知的アピールをしてると思われる

「読書が趣味」と伝えるとき、次に危険なのが、「上品・知的アピールをしてると思われる」ことです。

これは①とは逆に、「月に10冊など、多くの本を読む人」にこそ、注意してほしいです。

 

そもそも読書は、比較的知的な人・上品な人に好まれる傾向がありますよね。

ヒヨコ
はっきりとしたデータがなくても、皆さんの共通認識ではないでしょうか・・・?

 

こういう暗黙の認識がある以上、

「(ほんのりドヤ顔で、)趣味は読書です。

とかやっちゃうと、相手はどう感じるでしょうか?

 

「うわあ、うぜえ、、」「プライド高そう」

こう思われることでしょう・・・。悲しいことに(笑)

特に、相手があまり読書をしないタイプだと、こういう悲劇が生まれかねません。

 

では、どうすればよいのか。

この場合も、本当に多くの読書をするならば、それを最初から言ってしまえば良いんです!!

【好例】

「趣味は小説です。月に10冊近く読みます!(笑)好きな作家の新刊を読んでいるときが至福の時間です。」

 

どうでしょうか。

ただ、(ドヤ顔で)「読書は趣味です。」と言われるよりも、このように言われる方が、数段印象が良いのではないでしょうか。

そして、周りの人も「初心者におすすめの本を教えて!」などと、興味を持ってくれやすいです。

 

このように、①②とも、「読書への本気度」を最初に語ってしまうほうが、好印象を与えられるんです。

 

③「意識高い系」というレッテルを貼られる

では、「趣味は読書」と伝える際に生じる3つ目の危険は、「意識高い系というレッテルを貼られる」ことです。

 

この③の危険は、①②の小説好きな人とは違って、「ビジネス書が好きな人」こそ要注意です。

ヒヨコ
今回の記事で一番良いたかったのは、この③の危険なんです・・・。

 

こちらも会話の流れを想像してみます。

Aさん「趣味は読書です。」

他人「読書なんですか!どういったものを読むんですか?」

Aさん「ビジネス書を読みますね。今のビジネスの流れを掴んでおくことを大事にしています。」

他人「そ、そうなんですね。すごいですね・・・!(この人、意識たけえ・・・。)

Aさん「はい、最近だと、ホリエモンが書いた〇〇という本が、、、」

・・・と、これぐらいにしておきます(笑)

 

このように、ビジネス書をメインで読む人が安易に「趣味は読書」と言うと、深ぼりした話をする時に、意識高い面倒くさい奴、という悲しい印象をもたれやすいのです。

 

(補足)そもそも、小説とビジネス書では前提が違う

そもそも、読書と一言で言っても、以下のような違いがあることを忘れてはいけません。

  • 小説   :娯楽。あくまでリラックして”楽しむもの”
  • ビジネス書:インプット。ジャンル的には”勉強”的な位置づけ

 

こう並べると、娯楽という性質を持った小説なら趣味と言われても納得がいきますが、ビジネス書を読むこと、つまりインプットが趣味と言われると、なんか”嫌”ではないでしょうか。

そう、ビジネス書を読むことが趣味というのは、相手に「趣味はインプットです。」と言っていることに等しいんです!!

ヒヨコ
だからこそ、相手にうざいやつ、という印象を持たれてしまう・・・。

 

では、どうするべきなのか。

この場合に大事なのは、「そのインプットの結果、何を生み出したか」、つまり、「アウトプットを伝えること」なんです。

 

たとえば、以下のような伝え方はどうでしょうか。

【好例】

  • 「ブログに読んだ本の感想を書くのが趣味です!その更新のためにも、最新のビジネス書を鬼インプットしています(笑)」
  • 「パソコンのショートカットなど、効率化にはまっています。最新のIT情報を仕入れるためにも、本やネットでいろいろな情報をかき集めています。」

こういう言い方をされたら、「おお、なんか独特で面白い人だ・・・!」と思いませんか?

 

このように、「そのビジネス書によるインプットによって、何をアウトプットしているか」を中心に話してみてください!

 

一方で、「いや、、ただビジネス書を読むぐらいしかしていない」という人。

こういう人は、「趣味はインプット」ということになってしまうので、それは正確には趣味ではないのではないでしょうか。

 

どうしても、読書が好きなことを伝えたい場合は、

「趣味は読書です。小説も読みますし、ビジネス書など真面目な本も読むようにしています!」

ぐらいに伝えたほうが、無難ではないかと思います。

 

この危険③への対処法も基本的には「具体的に伝える」ということになるのですが、今回は特にアウトプットまで意識をしてみて欲しい、ということです!!

 

まとめ

今回は、「趣味は読書」と伝える際にありがちな3つの危険について紹介しました。

 

まとめて最重要なポイントを言えば、「具体的に伝える」ということに尽きます!!

「読書が趣味」と言っても、ジャンルはどんなものなのか、どれくらいの頻度で読むのか、など、人によって読書への向き合い方は大きな ”ばらつき” があるんですね。

だからこそ、それを一緒くたにして一言で自己紹介してしまうと、相手に誤解され、微妙な印象を与えてしまう恐れがあるんです。

 

ぜひこの記事で紹介した①~③のどれに自分が当てはまりやすそうか確認し、おすすめの伝え方を活用してみてください!

「パターン別」正しい伝え方のまとめ
  1. 【正直あまり読まない場合】→「たまに読書します!マイペースに楽しんでいます。」
  2. 【ヘビーに小説を読む場合】→「月に○冊は読み漁ります。読書しているときが至福・・・!」
  3. 【ビジネス書が中心の場合】→「こういうことをやっています。そのためにインプットを・・・。」

 

せっかくの趣味ならば、相手に少しでも良い印象を与えられるように伝えたいですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

(↑読書が本当に趣味になると、こんなことまでできるのか、という話。実体験のとても面白い話なので、ぜひ!!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!