【考える力】思考力があるのではない。思考する”量”が多いかどうか

【考える力】思考力があるのではない。思考する”量”が多いかどうか_アイキャッチ画像

「思考力がある、ない」とか言うけれど、ちきりんが思うには、大事なのは「どれだけ考えたか」、つまり「思考の量」です。「思考力の高い人、低い人」がいるのではなく、「ナンも考えてない人」と「すごく考えてる人」がいるだけ。

(ちきりん『多眼思考』 Kindle位置:204)

いきなり引用文ですが、この言葉、めっちゃ響きました!

 

ちきりんさんは、超人気ブロガー・著者として有名で、「思考力」がとてもあるとして、絶大な支持を得ています

そんなちきりんさんが言ったのが、この言葉。

「思考力なんてないですよ。あるのは、何も考えていな人か、普段からよく考える癖があるか、の違いだけです。」

 

これを読んで色々考えさせられることがあったので、記事にしてみました!

『他眼思考』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

思考力ではなく、思考の量の違いだけ

ちきりんさんは、よく「何で物事をそんなに深く考えることができるんですか?」と聞かれるそうです。

実際にぼくも、ちきりんさんの本やツイートを見て、「この人はなんて深い思考ができる人なんだ・・・」といつも感心しています。

 

そんな方々に向けて語ったのが、「思考力なんてものはないですよ。」ということ。

大事なのは、「思考の量」であり、つまり、「普段から何も考えていない人達」と「よくよく考えを巡らせている人」の2種類がいるだけ、だと言っているんですね。

ヒヨコ
つまり、自分は思考力がないと思っている人は、実際には「単に思考をしていないだけ」と言えるんです。

 

これは逆に言えば、「誰でもきちんと自分の頭で考えれば、深い思考はできますよ。」というメッセージと捉えることもできますよね。

 

得た情報にただただ流される人達

これは、自分も日頃から気をつけているのですが、テレビや新聞・ネットニュースなどの情報をそのまま鵜呑みにしている人って、めちゃくちゃ多いのではないでしょうか。

政治や何らかの事件に対し、一見自分なりの意見を持っているように見えて、実はそれは「どこかの誰かが言っていた意見」であったりします

それを、(意図してか、意図せずしてか、)さも自分の意見のように語ってしまう。

こんなことって、とても多いんですね。

 

これこそまさに、自分の頭で考えていない証拠、思考をしていない証拠であるわけです。

 

思考をきちんとしている人、そういう癖が既についている人は、「こういうニュースが流れているけど、これって〇〇ということではないか?」「だとすると、次は△△ということに繋がるんじゃない?」と、数珠つなぎのように思考を深めていくことができるのでしょう。

自分も偉そうなことは一切言えませんが、そういうふうに物事を捉えられるようになりたい、という意識は持つようにしています。

 

自分で思考する癖をつけるためにも、常に「その意見は本当に自分の頭で考えたことなのか?」と問う姿勢は忘れてはいけないことだと思うんですね。

 

本を読むこと≠考えること

また、同じような視点で最近気をつけているのは、「本を読むことと、考えることはイコールではないな」ということです。

読書をしていると、色々な情報・頭の良い人達の思考が自分の頭にも入ってきます。

すると、そういった情報をただ得ているだけにも関わらず、自分自身が深い思考をできている、とつい勘違いしてしまいがちなんですね。

 

実際に本を読んでいていて、「な、なるほど!賢いな~!」と文章に感激することは多々あります。

が、じゃあそこから自分ごとにきちんと落とし込んで、何かを考えたかというと、「なるほど止まり」で、次に何も繋がっていない、なんてことが多々あるわけです。悲しいですが。

 

本を読むときでも、「この話って今の仕事の〇〇という部分に活かせるんじゃないか?」とか、「いや、この文は論理的に矛盾している!」とか、そういった知的態度を常に持つべきなんですね。

こういったことを、今回のちきりんさんの言葉で考えさせられました。

 

まとめ

ちきりんさんの思考系のツイートでもう一つとても好きなのがあります。

今、5分かけて話したことは、いったい何時間かけて考えたことなのか? ってのが話してておもしろい人とそうじゃない人の差だよね。5分考えたことを5分話す人と、100時間考えたことを5分話す人がいるんだもん。おもしろさが違ってあたりまえ。

(ちきりん『他眼思考』 Kindle位置:223)

話が面白いかどうかというのも結局、「その話の前に、一体何時間考えていたものなのか?」という点に限るということなんですね。

 

他者からちらっと聞いた話、今ふと思った話も、時には面白いです。

しかし、「ずっと考えてきたけど、俺はやっぱりこれは〇〇だと思うんだよな~。」なんて、深い話をされる時のほうが、「お、なんか面白い意見じゃん!」なんて、なったりしませんか?

 

日常生活をしていても、本を読んでいるときでも、とにかく「あらゆる事に対し、自分の頭で考えているかどうか。」

そのことが、ちきりんさんのように深い話を生み出すきっかけになるんですね。

『他眼思考』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

今回引用した『他眼思考』は、なんとちきりんさんがこれまでTwitterでつぶやいてきた話を単にまとめた本なんです・・・!

それなのに、1つ1つのツイートが深く、めちゃくちゃおもしろい!

強くおすすめしますので、ぜひ手にとって見てください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!