【名言まとめ】伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』

【書評・まとめ】伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』_アイキャッチ画像

先日、伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』を再読しました。

 

本書は「銀行強盗をおこなう4人組」の話なのですが、魅力的なポイントはそのストーリーというよりも、所々に出てくる「名言」だと強く感じています!!

登場人物たちのシャレた発言がたまらなく響くんですよね・・・!

 

そこで今回は、本書から特に気に入った「名言」を紹介も兼ねてまとめていってみます!

『陽気なギャングが地球を回す』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

名言まとめ
  • 「人の価値は友を見ればわかる」→「あなたの友達は散々ね」
  • 「不良というのは秩序から外れたくてなるのに、結局秩序に組み込まれるんだ」
  • 「変わった動物は保護されるのに、奇妙な人は排除される」

あらすじと感想

さらっと、確認のために本書のあらすじを紹介します。

この本は、銀行強盗をする4人グループの話です!

 

ここで、ただ銀行を襲撃するわけではない、というのが本書の大きな特徴です。

というのも、主役の4人は、「特殊能力」をそれぞれ持っているんですよね。

これが、本書においても非常に大きな要素となります。

 

面白いのがその特殊能力の中身です!

それぞれのメンバーが以下の能力を持っています。

  1. 相手の嘘を必ず見抜ける能力
  2. 時間を正確に測定できる能力
  3. ぶつかっただけで相手の荷物をスルことができる能力
  4. 上手な演説ができる能力
ヒヨコ
4番の「演説ができる能力」だけ、普通すぎると感じませんか?(笑)

こんなユニークな特殊能力を持った彼らが、銀行強盗をしながらも、色々な事件に巻き込まれていくんです!

 

名言まとめ

それでは、本書からお気に入りの名言をまとめていってみます!

 

「人の価値は友を見ればわかる」→「あなたの友達は散々ね」

優秀な友人をもったメンバーの一人が、以下の発言をしました。

「人の価値は友を見ればわかる」

優秀な友のことを自慢することで、自分自身の価値を高めようとしたんですね。

 

それに対して、奥さんが以下のように返すんです。

「あなたの友達は散々ね。」

 

優秀な友を持った人は価値が上がっているのかもしれませんが、その「優秀な友」の方はレベルの低い友をもって価値が下がっている、というツッコミですね。

しゃれたやり取りにくすっときてしまいました笑

 

「不良というのは秩序から外れたくてなるのに、結局秩序に組み込まれるんだ」

普通の学生時代を送ってきた人からすると、「不良」を見て、次のような疑問を持ったことがあるかもしれません。

「そもそも、なんで不良になったの?」

その答えとして、「学校や社会の規則に反抗するため。」という発言を耳にします。

 

これに対し、本書では以下のような反論がされていました。

「不良というのは本来さ、秩序から外れたくて、なるものなのに、結局別の秩序に組み込まれるんだ。妙だよね。」

(本文引用:文庫版p.176)

 

「社会のルール」が鬱陶しくて不良になったのにも関わらず、不良の中にも派閥や暗黙のルール、厳しい上下関係があったりります。

こう考えると、むしろシビアな秩序に組み込まれているとも言えますよね・・・!

 

何気ない言葉ですが、ハッと考えさせられる一言ですよね。

 

「変わった動物は保護されるのに、奇妙な人は排除される」

学生時代、ちょっと変わった人がだいたい何人かはいたと思います。

そういう子は、(ひどい話ですが、、)仲間はずれにされてしまうことが大半ですよね。

 

そういった場面に対して、登場人物の一人が以下のような発言をしています。

「変わった動物は保護されるのに、奇妙な人は排除されるとは、おかしなものだ」

(本文引用:文庫版p.34)

 

この文章もなんだか、はっとさせられますよね。

哲学的な問いでもあり、この一言から受けた感想について、1時間ぐらい学校で議論できそうなテーマだと思います。

ヒヨコ
「生き物を傷つけてはいけない」という言葉はよく聞き、大切にされますが、人を傷つけてはいけない」というルールを確実に守れている人は非常に少ないのではないか?と感じました・・・!

 

まとめ

今回は、伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』の名言をまとめていきました!

ビジネス書ばかりではなく、たまには小説のまとめや名言についても、まとめていきたいと思います。

ヒヨコ
特に今回のように、「心に残った言葉」をまとめていくと、自分の復習にもなって楽しい・・・!

 

名言まとめ
  • 「人の価値は友を見ればわかる」→「あなたの友達は散々ね」
  • 「不良というのは秩序から外れたくてなるのに、結局秩序に組み込まれるんだ」
  • 「変わった動物は保護されるのに、奇妙な人は排除される」

 

今回まとめた『陽気なギャングが地球を回す』は、個人的にとても大好きな小説で、すでに4回も読み直している程です!

「軽快でシャレた会話」が好きな人には心からオススメします!

『陽気なギャングが地球を回す』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!