【考察してみた】なぜ企業はオンライン研修でも「ライブ配信」にこだわるのか?

こんにちは読書ブロガーのネルです!

 

突然ですが、企業の”研修担当者”に問いただしたい。

「なんで、オンライン研修でも、”ライブ配信”にこだわるの!?」

「なんで、”録画ファイル配信方式”にしてくれないの?」

 

録画ファイル配信方式とは、いわゆる「オンデマンド配信」と言われる方法で、「研修内容の録画ファイルを、受講生は好きなタイミングで見ることができる」というものです。

 

この記事で言いたいことは「今すぐ企業はオンライン研修を基本としてくれ!!」です。

今回は、そんな話をまとめていってみます。

 

この記事のまとめ
  • ライブ配信より、オンデマンド配信の方が遥かにメリットが大きい
  • しかし、企業側として、オンデマンド配信に切り替えづらい理由がある?
  • ”会社全体として”本当に効果的なことは何か?という視点が重要

 

ライブ配信とオンデマンド配信のそれぞれのメリット

前提として、オンライン研修には、「ライブ配信」と「オンデマンド配信」の2種類があると思います。

 

ざっくりと、それぞれ次のようなイメージです。

  • ライブ配信:講師と受講生が同じ日時にZOOMなどのルームに集まり、リアルタイムで講義を聞く形式
  • オンデマンド配信:予め研修内容を録画しておき、それを受講生が好きなタイミングで見れるようにした形式

この2種類があるうえで、私の強い思いとしては、「オンデマンド配信が最強なんじゃ!!」です。

 

その根拠などを示すため、まずは「それぞれの方式のメリット」をまとめてみます。

 

ライブ配信のメリット

まずはじめに、「ライブ配信」のメリットを挙げます。

  • 講師に質問したり、生徒同士のグループワークなどでリアルタイムに議論ができる
  • 主催者側が参加者の理解度を汲み取り、補足説明ができる

言ってしまえば、「ライブ配信では、議論ができるし、受講生へのフォローもしやすい!」ということなんですね。

 

オンデマンド配信メリット

では、次に、オンデマンド配信のメリットを挙げてみます。

  • 好きなタイミングで視聴/学習ができるため、仕事のコントロールがしやすい
  • (修正が加えられた動画がアップロードされるため、)講師の言い間違いなどがなく、より正しい情報を学べる可能性が高い
  • 簡単な箇所は倍速再生などを活用でき、時間的効率性が高い
  • 逆に、不明点は巻き戻して聞けるため、取りこぼしが少ない
  • 1度録画動画を作るだけで、講師側も何度も同じことを説明する必要がない

 

つまり、「オンデマンド配信は、時間の融通が効き、説明効率&学習効率も高い」と言えます。

 

工夫次第で、いくらでも「良い所どり」ができる

デジタル化の無料写真

ここまでで、2つの配信方式のメリットを並べてみました。

こうやって並べてみると、「オンデマンド配信の方が圧倒的によくない?」と、より強く感じるはずです。

 

少なくとも、「講師が一方的に教える講義型の研修」であれば、ライブ配信のメリットはほぼ消えてしまいます。

ライブ配信のメリットは、議論できること/講師がフォローできるところにあったわけです。

ただ、講師が一方的に説明をするだけの講義は、ライブ配信のメリットは「なし」となってしまいます。

 

ここで、こんな反論があるかもしれません。

「オンデマンド配信は質問がしにくい!」

しかし、この点に関しては、方法次第で容易に解決できます。

 

対処法として、「疑問点を聞ける『問い合わせフォーム』を作っておく」ことも1つです。

また、「質問がある人は、〇〇月XX日に質疑応答配信をするので、参加してください!」として、質問用のZOOMルームを作れば良いわけです。

 

質疑応答用だけなら、せいぜい1時間もあれば十分に終わると思いますし、必要な人だけが参加すればよいわけです。

「丸1日」も実施するようなライブ配信型の研修と比べても、圧倒的に効率が良いですよね。

 

また、「グループワーク研修は、ライブ配信にするしか無いのでは?」と考えるかもしれません。

しかし、この場合でも良い対処法があります。

 

それは、「ハイブリッド型の研修」を実施することです。

ハイブリッド型とは、「オンデマンド配信」→「ライブ配信でグループワーク」という流れで研修を進める方式です。勝手に命名しました(笑)

 

つまり、「グループワーク前に必要な説明」は、予めオンデマンドで受講者に見てもらい、グループワークが必要なフェーズから、参加者に同時刻に集まってもらってディスカッションすれば良いわけです。

これも、

  • 「説明からディスカッションまで丸1日みっちり研修」と、
  • 「事前に好きなタイミングで4時間ほどの説明動画を見る&ディスカッションに数時間だけ参加する研修」

この2つで、どちらが効率的だと思いますか?

 

このように、工夫次第で、柔軟にオンデマンド配信を取り入れることができます。

「研修はライブ配信だけです!」という研修がいかにナンセンスかよく分かると思います。

 

なぜ、企業はライブ配信の研修をしてしまうのか?

ここまで考えてみると、あなたは次の疑問が湧いてきませんか・・・?

「オンデマンド配信のほうが双方にメリットがあるはずなのに、なんで、企業はライブ配信の研修を沢山実施するのか?」という疑問です。

 

そう考えるとたぶん、ライブ配信にしたほうが良いと考える「企業側の隠れた理由」があるはずなんです。

・・・じゃあ、企業側の目線に立った時に、「オンデマンド配信では得られない、企業側のメリットは何か?」を考えてみました。

 

すると、以下のような理由かな?と勝手に推測しました、、!

 

【企業が、ライブ配信型の研修をよく採用する理由】

  1. サボらず研修を聞いていることを確実に把握したい
  2. 講師に仕事を与えたい

 

サボらず研修を聞いていることを確実に把握したい

1つ目はつまり、「オンデマンド配信だと、録画動画をいつまでも見ない人が現れる。」という論理です。

主催者側の目線に立った時に、少なからずこの目線はあるんじゃない?と思います。

 

少しだけ言いたいこと、分かります・・・!

ですが、これはよくある「目的と手段の混同」をしてしまっていますよね。

 

忘れてはいけないのが、研修の目的は「受講者に研修をきちんと聞いてもらう」ことではありません。

研修の真の目的は何なの?と言うと、「研修によって従業員がレベルアップして、より価値提供をしてくれる人材に引き上げること」ですよね。

 

そのため、「サボらずに講義を聞け!」と強制する方法は、目的に対する「1つの手段」にしか過ぎません。

また、たとえサボらずに聞いているからといって、真の目的である「従業員がきちんとレベルアップしているか?」なんて、分かったもんじゃありません。

ボーっと聞いていたり、内容が難しくパニックになっている、という可能性も十分ありえるわけですね。

 

研修内容を理解したかどうしても確認したい場合は、「確認テスト」を実施すればそれで良いわけです。

その確認テストできちんと基準点を取れるなら、「研修内容をきちんと吸収できている」ことが担保されるため、配信方式はどちらでも良いはずです。

 

講師に仕事を与えたい

企業がなぜライブ配信にこだわるか?

もう1つの理由が「講師に仕事を与えたいから」じゃないの?と考えました。

 

というのも、社内でやる研修の講師って、大半が「中堅~ベテラン層」の、「仕事のメインが研修の講師」という人じゃないでしょうか。

そしてそういった方たちは、数種類の研修講師として会社内で認知されていて、毎年同じ講義をし続ける、という状況です。

 

こういう人たちが何人もいる中で、もしも、「研修は全てオンデマンド配信にしましょう!」と企業が宣言したらどうなるでしょうか?

講師たちは、「1度講義を録画したら終わり」ということになり、仕事の大半が失われてしまうわけです。

 

すると、今までライブ配信をメインにしていた講師たちは、「自分の仕事が失われる!」と焦ります。

それによって、「研修をオンデマンド配信」にすることに対する「抵抗勢力」となってしまうわけですね。

 

以上のように、「目的と手段の混同」「社内の抵抗勢力」の2つの理由によって、企業はオンデマンド配信を充実させないのではないか?と考えました。

 

大切なのは、「会社全体として生産性を考える」こと

時間の無料写真

ここまでで、会社がオンデマンド配信に簡単に切り替えられない理由を挙げてきました。

 

ここで、改めて「会社全体としてどんな目線が必要なのか?」を考えてみたいと思います。

それは、以下のとおりです。

「いかに少ないコストで、最大の経営効果を出すか?」

 

そしてここまでまとめてきたように、研修という分野では、オンデマンド配信の方がライブ配信よりも生産性が高い、ということがわかっているはずです。

どうか、「”会社全体として”本当に効果的な方法って何なの?」という目線で、研修の制度設計をして欲しいと思います。

 

文豪として有名な「ゲーテ」は、以下のような名言を残したと言われています。

「常に時間はたっぷりある、うまく使いさえすれば」

 

オフィスで働いていると、時々こんな声を耳にします。

「最近、研修ばっかで全然通常業務が進まないよ・・・。」

こんな従業員が多い会社は、まさに「研修の時間の使い方」が誤っていると強く思います。

 

この記事のまとめ
  • ライブ配信より、オンデマンド配信の方が遥かにメリットが大きい
  • しかし、企業側として、オンデマンド配信に切り替えづらい理由がある?
  • ”会社全体として”本当に効果的なことは何か?という視点が重要

 

↓今回の記事作成のヒントになった本です。めちゃくちゃロジカルな本で、「まさに!」とうなる箇所満載の本ですよ!!

『生産性』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

研修によって、従業員のパフォーマンスが落ちていたら、あまりにも本末転倒すぎると思います。

どうか、研修に携わる人に、この意見が少しでも届いてくれると嬉しいです!

「オンデマンド研修」もっと増えてくれ・・・!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!