【本当の幸せとは?人生の成功とは?】「漁師とビジネスマンの話」から考える

【本当の幸せ、人生の成功とは何か?】ある漁師とビジネスマンの話から考える_アイキャッチ画像

「とにかくバリバリ働いて、お金を稼ぎたい!」

そういう野望を持っている人は多いと思います。

 

私たち一般人は普通、「お金はあればあるだけ嬉しい」と考えがちです。

・・・しかし、今の時代で幸せに生きるためには、本当に多額のお金が必要でしょうか?

 

今の日本では、あらゆるものが安く買えるし、どこでも気軽に旅行にも行ける。

インターネットを使えば、動画やSNSなど、娯楽もタダで手に入るほどです。

こう考えると、普通に楽しく生きていくために必要なお金はそこまで多くない、とも感じられるはずです。

 

先日、この話に関連する、面白い「寓話」を本の中で発見したので、ご紹介します。

「人生の幸せとは何か?成功とは何か?」を、改めて考えさせてくれる話です。

 

サクッと要点がつかめるように、元ネタをコンパクトにまとめています。

読むのにそこまで時間がかかるものでもないので、ぜひ本記事の寓話だけでも読んでみてください。

ヒヨコ
今回の寓話を知ることで、自分の中の価値観が、少し変わるかもしれませんよ!

 

『座右の寓話』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

【寓話】漁師とビジネスマンの会話

それでは、その「寓話」をコンパクトにして紹介します。

 

ある街に、自由気ままに暮らす”漁師”がいた。

毎朝ふらっと漁に出る以外は、家族と時間をゆっくり時間を過ごし、夜はワインを飲みながらギターを弾く、という気ままな生活を送っていた。

 

そんな彼のもとへ、あるビジネスマンが来て言った。

「もっと沢山漁をして、お金をたんと稼ごう!人を雇って大きな船を買うことで、事業を大きくできるはずだ。そうして20年も続ければ、君は億万長者だよ!」

 

これを聞いて、漁師はビジネスマンに尋ねる。

「なるほど。そうなると、その後はどうなるんだい・・・?」

 

ビジネスマンが答えた。

「そうしたら仕事は引退できるよ。その後は、家族と時間をゆっくり過ごし、夜はワインを飲みながらギターを弾くような、気ままな生活が可能になるんだ!どうだい、素晴らしいと思わないかい?」

 

・・・以上が、「漁師とビジネスマンの話」と言われている寓話です。

あなたは、この話を読んでどう感じましたか?

 

ヒヨコ
途中まで、「ビジネスマンがまっとうな賢いことを言っている」と思っても、最後に「あれ・・・?」となる話ですよね

 

本当の幸せ・人生の成功とは何か

ここで改めて考えたいのは、「本当の幸せ、人生の成功とは何か?」という話です

 

バリバリ働いてお金を稼ぐ。

これは格好の良いことであるし、誰もが憧れることです。

 

しかし、「じゃあ、稼いだ先に何があるのか?」と考えてみると、「それって、お金がなくても実現可能なことだよね。」と気づくかもしれません。

 

関連して、こんな話もあります。

病に侵されて死が近い人に、「人生で、後悔していることは何かありますか・・・?」と聞くと、返ってくる答えの多くは以下のようなものだと言います。

「他人の目を気にせず、自分が一番やりたい事をもっとやれば良かった・・・。」

 

仮に、その「本当にやりたいこと」が、お金がないとできないものであったら、貪欲にお金を稼ぐのも重要です。

しかし、以下のような夢であれば、どうでしょうか・・・?

  • あの国にいつか旅行してみたい
  • 毎晩、お酒を飲みながら家族とゆっくりと語り合いたい
  • 平日の朝は、毎日ゆっくり過ごしたい

 

こういった夢をもし持っているならば、「お金ばかり追い求めるような働き方」をすることは、反対にその夢の実現を遠のけることになってしまうという場合もあるのです。

ヒヨコ
よく言われる、「お金が手段ではなく、目的化してしまっている」陥りやすい罠ですよね・・・。

 

お金の重要度は、過去と比べて低下している

戦後の高度成長期の頃なんかは、「お金があるやつが強い」「金持ちこそが、成功者だ」という考え方が普通であったと思うんです。

 

でも、今は、この価値観はかなり薄まってきているのではないでしょうか。

実際に、「沢山のお金=幸せな生活か?」と問いかけると、若者を中心として多くの人が、「NO」と答えるのではないかと感じています。

 

仮に、東京で暮らしている、次のAさん,Bさんの2人がいた場合、どちらに憧れを抱くでしょうか?

  • A:毎日23時まで働くスーパーサラリーマン。年収は1,500万円
  • B:毎日定時に退社し、夜は家族と楽しくディナー。年収は400万円

Aさんが良いか、Bさんが良いか。それは、価値観の問題なので、人によって違いはあると思います。

 

それでも、昭和以前の時代と今の時代とを比較すると、「どちらに憧れるかという割合」は変わっているのだと強く思います。

更に未来のことまで考えていくと、今から20年後には、上記の比率はより大きく変わり、Bのスタイルに人気が出てくるのではないかと思っています。

 

本来、お金を稼ぐのは「生きるため」であったはずです。

そして、生きるだけなら、年収は400万円もあれば十分可能です。

 

更に、「お金がなくても実現できる幸せ」というのは沢山あるんですね。

むしろ、「お金を稼ぐことに執着しすぎて、自分の貴重な時間を失っているのでは?」という視点も、これからはより求められるんと思うんです。

 

今回の寓話から、「人生の幸せ」について、改めて色々な角度から考えることが出来ました。

読者の方々も、何か本記事で新たな発見を得られたらとても嬉しいです!

 

『座右の寓話』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

 

↑本書は、今回紹介したような、心にくる「寓話」が沢山紹介されています。沢山の寓話がありますが、文章としては読みやすく、サクッと読みすすめることができますよ。

寓話は1つでも覚えておくと、たとえ話として応用できるので、ぜひ手にとってみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!