【宝くじは愚か者に課せられた税金!?】「臆病者のための億万長者入門」

【宝くじは愚か者に課せられた税金!?】「臆病者のための億万長者入門」_アイキャッチ画像

こんにちはネルです!

今回は「宝くじは愚か者に課せられた税金である」というテーマで話をまとめていきます!

参考にした本は、橘玲『臆病者のための億万長者入門』です!

 

橘さんはお金に関してとても沢山の本を出している方です!

どれも初心者に向けて非常にわかりやすく、それでいて中身もかなり突っ込んだ話が満載で、ぼくの最近のお気に入りの著者です。

 

今回はこの本から、「宝くじの期待値」などについて抜粋して考えていきますね!

次のような方におすすめの記事です
  • 宝くじの勝てる確率について考えたい
  • ギャンブル全体はどのような期待値なのか知りたい
  • お金に関して学び、人生を有利に進めたい

 

 

それでは、ポイントをまとめていきます!

 

宝くじは愚か者に課せられた税金である

経済学者の中では、宝くじについて以下のことが言われています。

宝くじは、愚か者に課せられた税金である

一体どういうことなのか、それは「期待値」を知ることで簡単にわかります!

 

「期待値」とは

まず、「期待値」という言葉を知らない人のために、簡単にご説明します。

期待値とは、「その賭けをした時に、賭け金が平均何%になって返ってくるか?」を表した数値です!

 

たとえば、 「あのギャンブルは期待値120%だから、賭けたほうが良い」といった使い方をします。

この場合、100円を投資したら、平均して120円になって戻ってくるという認識で問題ありません。

ヒヨコ
あくまで”賭け事”なので、負けるときも勝つときもありますが、「平均したら」いくらになるか、という数値が期待値です!

 

ジャンボ宝くじの期待値は49.66%

そして、ジャンボ宝くじの期待値はどれくらいかというと、、

なんと、たった49.66%なんです!!

つまり、100円賭けたら、平均して49円戻ってくるということですね。

ヒヨコ
半分になっとるやんけ・・・(笑)

 

宝くじの売り上げ金は、賞金分として半分が使われ、残り半分は販売経費を差し引いた上で、地方自治体に分配されるようになっているのです。

 

色々なギャンブルの期待値

それでは続いて、カジノなどの他のギャンブルでは期待値がどれぐらいあるか、見てみましょう!

  • ルーレット:95%
  • パチンコ:97%
  • バカラ:99%
  • 競馬などの公営競技:75%

競馬などは想像どおりとしても、パチンコやバカラなどは案外と高いんですね!

 

もちろん100%を超えていないので、よっぽど実力のある人でなければ、「賭けたらお金が減っていく」ということは間違いないのですが・・・。

 

宝くじと税金の違い

上の例で見たように、ギャンブルなどでもだいたいは70%以上の期待値がありますよね。

しかし、宝くじはたった50%。

改めて見ても、とても低い数字ですよね。

 

そして宝くじの売上の半分は、地方自治体に分配されるという構造から、「税金」と似ているとも言えるのです。

しかし、ここで注意することが以下のことです。

宝くじは税金とよく似ているが、消費税や所得税などとちがって国民全員に課税されるわけではない。宝くじを通じて「税金」を納めているのは、確率を正しく計算できないひとだけだ。

(本文引用)

つまり、税金は国民全員が強制的に払うものである一方で、宝くじはそれを買った人にだけ課せられる税金とも言えるのです。

まさに確率・期待値を計算できない人、つまり「愚か者に課せられた税金」と言えるというわけなんです!

 

「手軽に夢が買える」というメリットも確かにある

ここまで数値的な観点から、宝くじを散々たたいてきましたが、宝くじを買うことが絶対的に愚かかといえば、そう言い切れるものでもないと思っています。

というのも、「宝くじは手軽に夢が買える」ものでもあるからです!

 

普通に生活していただけでは、安い給料をコツコツ貯めてもお金持ちになれる可能性は100%ない。

それだったら、たとえ0.0001%以下でも、数億円が手に入る可能性に賭けたい!

そう考える気持ちもぼくも十分わかります。

また、宝くじを買ってワクワクした気持ちを得られている時点で、「お金を払って夢をみた」と考えることもできるわけです。

 

すべてを金額的な期待値だけで計算するのが正しいとは限らない

つまり、宝くじなどは「お金の面では損をするとわかっていても、精神的な面で得している」場合も考えられるわけなんです。

 

お金を失ってしまうことが大半の宝くじをおすすめするわけではありませんが、

こういった期待値の面からの知識を持った上で、「損をするとわかっていても、宝くじは楽しいし、自分はお金で夢を買うんだ!」という買い方なら、少額に限っては大いにありだとぼくは考えています!

 

ヒヨコ
「期待値的に低いから宝くじを買うやつはバカだ」と一蹴せずに、こういった見方も大切にしていきたいですよね!

 

まとめ

今回は、『臆病者のための億万長者入門』より、「宝くじは愚か者に課せられた税金!?」というテーマで話をまとめていきました!

宝くじは他のギャンブルと比べても期待値が圧倒的に低い、という事実だけはぜひ覚えておいてくださいね!

 

この記事のまとめ
  • 宝くじの期待値は約50%と非常に低い
  • 宝くじを買うことは、追加で国を税金に納めていると言える
  • ただし、「夢を買う」という精神的に良い効果があることも否定できない

 

 

ヒヨコ
生きていくのに大切な「お金の話」だからこそ、しっかりと勉強して少しでも豊かな生活を送っていきたいですよね!

橘玲さんの本はお金に関して、かなり突っ込んだ内容が多いので、どれか1冊でも読めば、自分が知らなかったお金の事実に出会えること間違いなしですよ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!