Kindle Unlimitedは意図的に「自己啓発本」のラインナップを多くしてる!?

Kindle Unlimitedは意図的に「自己啓発本」のラインナップが多い!?_アイキャッチ画像

こんにちはネルです!

今回は、「Kindle Unlimitedは意図的に『自己啓発本』のラインナップが多い!?」というテーマで話をまとめていきます!

ヒヨコ
電子書籍Kindleの読み放題サービスKindle Unlimitedを約2年間使用してきた僕が気づいた、このサービスの仕組みの一部について勝手に考察した記事です!

 

Kindle Unlimitedは「自己啓発本」が多い

月1,000円で電子書籍が読み放題という、私が以前から非常に強くおすすめしているKindle Unlimited。

読める本も「数十万冊」と恐ろしく多いのですが、この本のラインナップはいわゆる「自己啓発本」が非常に多いということに気づきました・・・!

ここでいう自己啓発本とは、たとえば、

  • 「他人の嫌味を気にしないようにする方法」
  • 「ありふれた会社人生で終わらないために」

などのタイトルがついた本のことです。

 

Kindle Unlimitedではこういった本が非常に多いんですね。

その理由を独自に分析していってみます!

 

読もうと思ったらいくらでも読めるのが自己啓発

なぜ、Kindle Unlimitedで自己啓発本が多いのか、それは「読もうと思えばいくらでも読めるのが自己啓発本の特徴だから」だと考えます。

 

この読もうと思えばいくらでも読めるといういのは、自己啓発本には以下のような特徴があるからです。

  • 文章が読みやすいものばかりなので、何冊読んでも疲れにくい
  • 世の中には膨大な量の自己啓発本が出回っている
  • 似たような内容の本でも、読むたびにモチベーションが上がる効果が得られる

一回でも自己啓発本を読んだことがある人ならば、この特徴を理解できるのではないでしょうか。

 

そしてこういった特徴は、「電子書籍読み放題」というKindle Unlimitedと非常に相性が良いわけなんです!

自己啓発本は似たような内容が多いので、1冊あたりに売上が集中することは少ない。

よって、Amazonにとっても、読み放題のラインナップに追加したところで、売上の機会損失は少ないわけです。

 

さらに、「読み放題だから、色々読んでみよう」という気持ちで読むのには自己啓発は相性がよい

読むためにエネルギーがいらないうえに、定期的に読むことでモチベーションアップというメリットが得られるからです。

これによって、毎月1,000円という利用料金を定期的に得ることを狙っているのではないかと考えられます!

 

ヒヨコ
このように、「読み放題」というサービスは、「自己啓発本」と相性がよいため、Amazonはあえてそういった本を大量に置いているのではないか、と考えています。

 

ビッグデータによる解析が活用されている!?

そしてもう一つ、ラインナップに自己啓発本が多く置かれている理由の1つとして、「ビッグデータの解析が使われた結果」なのではないか、とも考えています。

大量の顧客情報を抱えているAmazonにとって、「どういった客がどういった商品を購入したり、関心を示したりするのか」というデータを持っていることが予想されます。

 

そして、月1,000円を払って電子書籍読み放題というサービスに登録する人達について考えると、以下のような特徴があると予想できます。

  • 本に関心がある勉強意欲が高い人
  • しかし、資金面で十分な余裕があるわけではなく、月に数万円も本代には使えない人
ヒヨコ
そもそも、勉強意欲が全くない人ならば、わざわざ月1,000円を払ってまで、本を読もうとはしないわけですよね。

 

つまり、このサービスに登録している時点で、勉強へのモチベーションは一定数あるわけです。

このような勉強へのモチベーションが一定数ある人に対して、「自己啓発本」は相性が良いのではないでしょうか。

 

一方で、大量の読書をし、それを十分に社会で発揮する超優秀なビジネスマンの方々は、「自分が本当に読みたい本であれば、迷わず購入して読む」という習慣ができていると思うのです。

例を挙げると、メンタリストDaiGoさんや、見城徹さんなどですね。

こういった人たちは、「自分の中の哲学」が出来上がっているため、わざわざ自己啓発本を読むことは少ないと思います。

 

要するに、「勉強意欲は一定数あるけれど、とんでもなく優秀というわけではない層」に、一番自己啓発本は読まれる、と予想できるわけです。

もしかしたら、Amazonは顧客の購入履歴からこういったデータを保持し、それを活かした結果が、Kindle Unlimitedのラインナップに反映されているのかもしれません。

 

まとめ

今回は、「Kindle Unlimitedは意図的に『自己啓発本』のラインナップが多い!?」というテーマで話をまとめていきました!

すべて勝手な予想ではありますが・・・(笑)Kindle Unlimitedの対象本ラインナップについて自分なりの考えが伝わったのなら嬉しいです!

 

この記事のまとめ
  • Kindle Unlimitedには自己啓発本が多い
  • 自己啓発と本読み放題の相性は良い
  • 「勉強意欲はあるけれど、トップクラスに知識人ではない層」には自己啓発本は人気!?

 

また、Amazonの”超合理的な”戦略について知るには、以下の本がオススメです。

『Amazonと物流大戦争』

少しだけ古い本ですが、私は2年ほど前にこの本を読んで、Amazonという企業の恐ろしさ・力強さを強烈に感じられた本です。

 

また、「Kindle Unlimitedをまだ利用したことがない」という方!

今なら、最初の30日間は無料で利用できるので、ぜひこの機会にお試し入会してみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!