【自分のために文章を書け!】『読みたいことを、書けばいい。』

【自分のために文章を書け!】『読みたいことを、書けばいい。』

「ブログ記事を書くの疲れてきた・・・」

そう思っていた時に出会った本が、『読みたいことを、書けばいい。』です

ヒヨコ
結論から言うと、、めちゃくちゃ笑えました(笑)

Amazonでレビューを見ると、高評価と低評価ではっきり意見が別れているようですが、、

私は、「文章を少しでも書いたことがある」という人には強くおすすめします!

 

せっかくなので、ポイントをかいつまんでまとめていきたいと思います!

 

自分が読みたいことを書く

タイトル通り、「読みたいことを書けば良い。」

これがこの本の主張でした・・・!

 

自分が書いた文章を最初に読むのは誰だ?・・・自分だ。

だから、自分が読んで面白いと思うものを書くべし。

こういった主張でした。

 

わかる。言いたいことはとてもわかるんですが、でもやっぱり、「大勢の人に、自分の文章を読んでもらっている」という感覚が楽しくて、みんな文章を書いているわけですよね。

だから、独りよがりの文章をただ書きなぐるのも、正直限界があるな、と思っています。

だからと言って、たしかにカチカチにお堅い文章ばかりでは、誰も読んでくれない。

 

読みたいことを書いていても、その文章が多くの人に読まれるには、センスが必要だと感じます。

そして、そのセンスが、著者の田中泰延さんは、抜群。

読みやすい文章と、笑える文章を書ける能力が抜群に高い、と感じました。

 

そして、本書でも紹介されていますが、著者は大の「読書好き」

だからこそ、これだけ読みやすい文章が自然と書けるのだろう、と思ってしまう部分がありました・・・!

ヒヨコ
この「センスを鍛える」という気持ちで、これからも文章を書いていきたい・・・!

「読みたいことを、書けばよい。(ただし、センスがある人は)」

言ってしまえば、こういうことなんだろうと思いました(笑)

 

「ライター」は研究者とジャーナリストの中間

本書で、印象に残ったことをまとめます。

 

文章を書くライターと、小説家、そしてジャーナリストの違いは何か。

それが以下の通りだと言います。

  • ジャーナリスト:事実を書く
  • 小説家:イメージで書く
  • ライター:事実とイメージを織り交ぜて書く

 

この例えは、本書でも非常に記憶に残りました!

つまり、ブログなどを書くライターに求められているのは、「事実とイメージ、自分の感想」を適度に織り交ぜながら書くことなんですね。

これが、ただ事実だけを書いているのでは、ライターではなく「ジャーナリスト」だし、

イメージ、自分の気持ちだけを元に書いているのでは、「小説家」と変わらないのです。

 

だからこそ、ライター、そしてブロガーに求められるのは、事実に対して、価値のあるイメージ、感想などを付け足すこと、だと理解しました!

 

ブログは書きたいことを書いてはいけない

本題に戻すと、本書の最大の主張である「読みたいことを書けば良い」というのを聞いて思い出したことがあります。

それは、有名ブロガーマナブさんの言葉です。

「書きたいことを書いていると、ブログは伸びない」

ブログが伸びない人は「書きたいこと」を書いている件【それは失敗】

 

ヒヨコ
最初は、本書を読みながらこの言葉を思い出し、「あれ?逆のこと言ってない?」と感じました。

・・・しかし、少し時間をおいて考えてみると、実はふたりとも同じことを言っているんだ、ということに気が付きました

 

結局は「読み手の気持ち」に添えるかどうか

  • 読みたいことを書けば良い
  • 書きたいことを書いてはいけない

この2つの文章を見て、「矛盾してるやんけ!」と感じるのは、ぼくだけかもしれないですね・・・(笑)

冷静に見れば、反対のことを言っているわけではなかったです。

 

1つ目は、自分が読み手となった時に、君が書いている文章は果たして面白いのか?ということであり、

2つ目は、読み手のことを無視し、自分が書きたいことをただ書いていないか?と問いているんですね。

・・・まとめると、「文章とは、読み手のことを意識しろ!」ということなんです!

 

文章は、書くために書いているのではない。読むために書いているんですよね。

そして、読んで”もらう”ために書いているんです。

 

自分が書きたいこと書いている状態、自分すら読みたいと思えない文章を書いている状態は、「読んでもらう」という文章の目的から、大きくハズレてしまっているわけです。

 

今回、この本を読んで、「読み手のことを意識して書く」という文章術の究極だけど、とても重要なルールに改めて気付かされました!

 

まとめ

「そもそも、文章を書く目的って何か?」

これをつい忘れていた自分にとって、今回の『読みたいことを、書けば良い』は、かなり心に響く本でした。

今後もブログに記事をアップしていくと同時に、毎回、「自分の文章のどこを変えれば、読み手を惹きつけられるようになるのか?」と、改善を重ねながら、日々精進していきたいと思います!

 

この記事のまとめ
  • 文章は、自分が読みたいことを書く
  • 事実と自分の感想を適度に織り交ぜるのがライターの役割
  • 書きたいこと書くのはダメ。自分も他人も読みたいと思えるものを書く

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!