【多忙な人が読書する方法】聞く読書Audibleは移動が多い人におすすめ

【多忙な人が読書する方法】聞く読書Audibleは移動が多い人におすすめ

こんにちはネルです!

今回は、多忙な人が読書数を増やす方法として「Audible」をご紹介したいと思います!

  1. Audibleの紹介
  2. 【体験談】オススメのAudible本

という形式で紹介しますので、

既にAudibleを知っているという人は②から読んで下さいね!

 

それでは順番に紹介していきます!

 

Audibleの紹介

このサービスは月額1,500円で月1冊本を選んで聴くことができるAmazonのサービスです!

月に二冊以上聞きたい場合は、本の料金を払って購入して聞くという形になります。

数ヶ月前にこのサービスを使ってみたのですが、個人的に「移動が多い人」にこそ使って欲しいサービスだと感じました!

 

Audibleの最大は移動を勉強時間に変えられる

読書をする時間が取れない!という方でも、通勤中に音楽を聞いているタイミングはないでしょうか。

このAudibleは音読のプロたちが聞きやすい声で本の内容を読み上げてくれるため、そういった移動中にAudibleを使うことで、本に触れる機会を飛躍的に増やしてくれます!

この「移動中に本が読める(聞ける)」というのが、最大のメリットなんです!

 

倍速再生の機能が便利

聞く読書は文字を自分で追う必要はなく、他事をしながら勝手に文章が耳に入ってくるので、読む読書よりも心理的なハードルは低いです。

ただ、本によっては1冊の再生時間が10時間、20時間ととても長いんですよね・・・(笑)

そのため、最初から最後までじっくり聞いていくと、これはこれで骨が折れるんです。

 

しかし、Audibleは倍速再生機能が充実しています!

アプリからの操作で簡単に1.5倍、2倍、3倍とスピードを上げていくことができるんです!

実際に通常スピードはけっこうゆっくりなスピードなので、聞いているとじれったくなってきます。

そのため、自分が一番好きなスピードに調整して聞くことができるのもおすすめのポイントです!

 

【体験談】オススメのAudible本

それではぼくがAudibleを数ヶ月使った中で、特にオススメだと感じた本を順番にご紹介していきます!

 

「コンビニ人間」村田沙耶香

芥川賞を受賞して一躍有名になったこの本。

驚いたことにこの本のナレーションは、芸人の「大久保佳代子」さんが担当しています。

そして、その大久保佳代子さんの声が主人公のイメージにピッタリなんです。

この本の主人公の年齢と大久保さんが近い、という点も大きく関係しているのかもしれません。

 

実は以前ぼくは、この本を紙ベースのもので読んでみようとしたことがあるのですが、内容が独特なだけに世界観にうまく入り込めず、途中で挫折してしまった経験があったんです。

しかし、その不思議な主人公の語り口を大久保佳代子さんはとても自然に表現してくれています。

 

音声として聞くことによって、内容が一定のリズムで進んでいくことになりますよね。

こういった独特な物語は受動的に聞く、という読み方(聞き方)が適しているのではないかと気づきを得た小説でした。

 

 

「人を操る禁断の文章術」メンタリストDaigo

続いては小説ではなく教養本です。

この本は「ぜひ一度Daigoさんの本に触れてほしい!」という思いで、今回のおすすめリストに挙げました!

 

Audibleって、人が本丸々一冊を音声として丁寧に読み上げるという大変な手間がかかっているために、ラインナップはまだまだ少ないのが正直なところなんですよね・・・。

そんな中、ぼくのおすすめの著者メンタリストDaigoさんの本がAudibleで見つかり聞いてみたところ、やはり内容が非常に深く、勉強になる箇所がとても多かったです!

この本はタイトルこそやや怪しいものの、「人の心に深く刺さる文章を書く秘訣」というものをあらゆるパターンで分析しています!

 

また、所々に文章でのテクニックだけではなく、上司との会話で使えるテクニックなども解説されているため、普段文章を書く機会があまりない方にもおすすめの本ですよ!

普段読書する習慣がない人も、この本で「本当に面白く勉強になる本」を知ってもらって、読書が好きになってくれればという思いで紹介しました!

 

「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

森見登美彦さんの本はとても人気がありますよね!

そしてこの本をAudibleでオススメするのは、「ナレーターの声が以上に可愛らしい」という理由です。(笑)

主人公は天然な大学生の女の子。少し不思議ちゃん系の子なんですが、その小説のイメージとピッタリの声でナレーターの方が読み上げてくれるのです!

もちろん他の登場人物の声も違和感なく読み上げてくれるのですが、主人公の声にいたっては、「このナレーター以上に、この本の主人公の声に合致する人はいない!」と思えるほど、ピッタリなんです!!

紙の本で読んだことがある!という人も、改めてAudibleとして聞いてみてほしいです!

 

まとめ

今回は、聞く読書「Audible」の説明と、おすすめのAudible本をご紹介しました!

「本を聞く」という感覚がどのようなものか、一度試しで触れてみることで、本に対するイメージが変わるかもしれません!

最初の1冊だけ全て無料で聞くことができ、無料体験中に退会することも可能ですよ!

ぜひ一度試してみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!