【学歴・教養があることの効果は何か?】「学歴は防具、教養は武器、語学は翼」

「学歴は防具、教養は武器、語学は翼」と捉える_アイキャッチ画像

「あいつは学歴はあるけど、教養がないよな~。」

なんてこと、言ったり聞いたりするのって、ありますよね。

 

実際に、「学歴があっても教養がない人」もいれば、その反対に、「教養があっても学歴がない人」もいるわけです。

ここで、学歴・教養とはなにか?を考えると、

  • 学歴とは、どんな高校・大学を卒業しているか
  • 教養とは、どれだけ世間の色々なことを知っているか

こういう性質があることはわかると思います。

 

では、実際に教養・学歴を持っていることで、”どんな良いことがあるか”、考えたことはありますか?

 

この問いについて、下記の本、『ニュースの“なぜ?”は日本史に学べ』を読んで、大きな気付きを得ました。

そこで今回は、「学歴・教養を持つことによってどんな良いことがあるのか?」についてまとめていってみます。

 

『ニュースの“なぜ?”は日本史に学べ 日本人が知らない76の疑問』(画像クリックでAmazonのページにジャンプします)

「学歴は防具、教養は武器、語学は翼」となる

  • A:「学歴こそが大事だよ。」
  • B:「いやいや、学歴なんかより教養が大事だ!」

こんな論争、よく聞きますよね。

一歩引いて客観的に考えると、「学歴」と「教養」のどちらが良いか悪いかなんて、一概に決められるものではないことはわかります。

 

しかし、この論争を考えるにあたって、とても良いヒントとなる文章を見つけました。

「学歴は防具、教養は武器、語学は翼、となる。」

とてもコンパクトで、かつ、非常に重要な言葉ではないでしょうか?

 

学歴も教養も、それぞれが「別の良さ」を持っている

実際に「学歴」それ自体は、現代ではそこまで大きな武器にはならない、そう感じている人は多いでしょう。

学歴が低くても良い会社に就職する人もいれば、学歴が高くても就活で失敗し、仕事ができない人は沢山います。

 

しかし、やはり学歴がある人は、いくらかは得をしているのも事実ですよね。

たとえば、今勤めている会社が何らかの理由で潰れてしまい、次の就職先を探すとしましょう。

こういった場合、学歴が高い人の方がそうではない人に比べて、より良い働き口を見つけやすい、ということは想像がつくと思います。

 

このような例で考えると、学歴とはつまり「防具」である、と言えるんですね。

言い方を変えれば、「保険」とも言えます。

 

一方、学歴とよく対比される「教養」はどうか。

改めて定義を振り返ると、教養とは、「どれだけ世間の色々なことを、周囲の人より知っているか」ということでした。

 

そういった知識・教養があれば、周りの人と上手に人間関係を作ったり、他の人が気づいていない需要を見つけて起業し、お金を儲けることができるわけです。

こういったことを考えると・・・、やはり「教養こそが武器である」と言えるわけですね。

 

そして、「語学」は、「翼」である、という言葉。

なぜ、語学を”翼”と表現するのか?

 

この言葉の意味を考えるために、仮にあなたが、「教養・学歴が十分だが、語学の能力が全くない場合」を考えてみてください。

語学の能力がない、つまり、日本語しか扱えない場合、あなたの高い能力は、日本という狭い環境でしか活かせないことになります。

 

しかし、ひとたび語学を身に着けてしまえば、戦えるフィールドが「世界」へと、何十倍にも広がるわけです。

英語を中心とした語学を多数習得することで、自分が活躍できるフィールドがぐぐっと広がる。

だからこそ、「語学は翼」と言えるわけですね。

ヒヨコ
この言葉は本当に気持ちが良く、まさに「言い得て妙!」という感じです笑

 

学歴が高い人は優秀な”確率”が高い

以上が、簡単なまとめですが、最初に「学歴は防具になる」と述べた点について、もう少し深ぼっていきます。

もしかしたら、学歴が高いだけで良い就職先が見つけやすい、という今の状況に、不平・不満を抱いている方もいるのではないでしょうか。

ヒヨコ
「子供の時に人より頑張ったからと言って、ずっと優遇されるのはおかしい」と思っている人は沢山いるはずです。

 

では、なぜ、学歴が高いほうが、就職面などで優遇されてしまうのか。

それは、一言で言ってしまうと、学歴が高いということは、「優秀である”確率”が高い」と言えるからなんです。

 

この意味を考えるために、以下のような「実験」について想像してみてください。

「A:学歴が高い人100人のグループ」と、

「B:学歴が低い人100人のグループ」を作り、

一斉に同じ仕事をさせる実験です。

 

どちらのグループが、より仕事ができると思いますか?

確実にどちらか?というのはもちろん断言はできません。

しかし、「どちらかと言うと、Aグループの方がパフォーマンスが良い”可能性が高い”」とは言えるのではないでしょうか?

 

間違えないでほしいのは、学歴が高い人が必ず仕事ができる、と言っているのではありません。

学歴に関係なしに、仕事ができる人もいれば、できない人もいるわけです。

 

しかし、高学歴のほうが、一般的に仕事ができる人である可能性が高いのです。

だからこそ、安全に良い人材を採りたい会社は、高学歴の人を積極的に採用するんですね。

ヒヨコ
面接だけで能力を判断しないといけない以上、企業側からしたら、仕方のない状況だと言えます、、!

 

「資格」の有効性も学歴に似ている

このように考えると、学歴のように「防具」となるものの一つとして、「資格」もあると思っています。

 

たとえば、英語の能力を測る「TOEIC」で考えてみましょう。

 

TOEICに少しでも触れたことがある人はよく知っているかと思いますが、よく以下のような論争をネットで目にします。

  • 「TOEICで高得点なんかとっても、本当の英語力とは関係がない」
  • 「TOEICが低くても、英語が話せるやつなんていくらでもいる」

上記の意見は、紛れもない”事実”だと思います。

 

しかし、この話に対しても、学歴と同じ考え方が適用できるんですね。

つまり、「TOEICの点数が高い人は、英語ができる”確率”が高い」のです。

 

これも学歴の時に出した例と同じ考え方を適用してみます。

「TOEIC900点の人100人」と、「TOEIC未受講者100人」を集め、アメリカ人と会話をさせたとして、どちらがより適切なコミュニケーションができるでしょうか。

前者の方が、欧米人と適切な会話ができる可能性が高いでしょう。

 

結局は、学歴も資格も、「確率」の話ではあるんです。

仮に、「英語力のある人材」を採用したいと思っている企業があるとしたら、その企業は「英語力のある”確率”が高い人=TOEICの点数が高い人」を採用するのも、理にかなっているのです。

 

逆に言えば、TOEICの点数を取れば、企業に対して、「自分は英語ができる可能性が高いですよ。」と証明ができるわけです。

「資格なんて取っても意味がない」なんて言う人もいますが、資格をこのように相手目線に立って考えると、資格の重要性もわかるのではないでしょうか。

ヒヨコ
資格を取ることはあくまで手段でありますが、、。それでも、取っておくに越したことはない、と思っています!

 

まとめ

今回の話をまとめると、次のようになります。

この記事のまとめ
  • 「学歴は防具、教養は武器、語学は翼」となる
  • 学歴が高い人は、優秀である”可能性が高い”とみなされる
  • 資格も学歴と同じ効果があるため、資格取得をすることも有効な一手となる

 

ヒヨコ
学歴や教養、語学がどんな効果を持っているかを再認識して、今後も勉強を頑張っていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

↑歴史について現代を考えた良書でしたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!