【独自ノウハウ】読んだ本を効率的にインプット・復習するのはこの方法を!

読んだ本を効率的にインプット・復習するのはこの方法を!_アイキャッチ画像

「読んだ本を効率的にインプット・復習するには、結局どうしたら良いんすか?」

これまで何冊もの「本を記憶に定着させるノウハウ本」を読んできました。

 

今でも年間200冊~300冊は本を読みますが、こうやってブログに書いたり、読書記録アプリに要約を書いたりする日々を過ごしています。

その経験を経て、自分なりに「読んだ本のポイントを効率的に復習する方法」を掴んできました。

そこで、自分でも色々試した上で、結局どれが一番良かったのか。

今の自分が実践している本の復習方法を紹介してみます!

 

この記事の結論
  1. 読む時には、「線引き・角折り・走り書きメモ」を瞬時に
  2. 読んだ後は、「さらに2周は一気読み」して本棚に

 

本を効率的に復習するための”読み方”

本を効率的に復習するためには、やはり読んでいる段階で何かしらの工夫が必要です。

その工夫を予めしておくことで、後で同じ本を見返しすなどしたときに、サクッと復習できるからですね。

なので、まずは本を読んでいるときの工夫を紹介します。

その工夫とは、「線引き・角折り・走り書きメモ」です。

 

私は、本を読むときは必ず青ペンを持ちます。

そして、「お、ここ面白い!」と思った箇所は、すかさず線を引きます。

また、「特にここは最高に面白い!」と思った箇所は、線を引いた上で”さらに”「ページの左上の角を折ります」

この2点で大事なのは、とにかく瞬時にそれらをおこなうことです。

 

というのも、線を引くのは大事だと聞いて、皆さんどう感じましたか?

自分は最初は、「そんなの面倒くさい。。」と思っていました。

普通、やったことがない人はこう思うはずです。

 

だからこそ、自分はその面倒くささを克服するために、「てきとーに引く」ということを重要視しています。

いいな、と思った箇所があれば、フリーハンドでガーッと線を引いてしまいます

なので、線は歪み散らかしています笑

さらに、ページの角を折る時も、ざっくりと「えいや!」と折ります。

だから、折る幅は、ページによってまちまちなんですよね。

 

しかし!これが案外良い効果をもたらしてくれます。

 

線がびしっと綺麗に引かれているときよりも、歪んでいる方が、目立つんですよね。

だから、後で復習するときに目につきやすい。

しかも、線の歪み具合や太さで、その時の感情も思い出したりします笑

角をてきとうに折るのも同じ効果があります。

 

だから言いたいのは、本に線を引くこと・ページの角を折ることは、かしこまらずに、てきとーにやったほうがメリットが大きいよ、ということ。

色々と方法を試していく中で、この方法が一番良いと自分の中では発見がありました。

 

また、ページの角を折るときは、「特にここは最高に面白い!」と思った箇所。

平均すると自分は、1冊で4,5箇所ほどあるのですが、それだけ強く感情を揺さぶられたということは、何か、自分でも言いたいことがあるはず。

その文章から自分のアイデアを思いついたこと、もしくは、「めっちゃ面白い!」とかでも良いので、その時浮かんだことを、本にそのままメモするようにしています。

これも、けっこう大きなポイントだったりするんですよね。

 

本を読み終わった後におこなう復習法

そして、本を読み終わってから大事なことは、それをすぐに本棚に戻さないことです!!

読み終わったからといってすぐに本棚に戻すと、高い確率で読み直す日が一生こないことになります。

 

なので自分は、読み終わったら「一旦自分の机の上にぽんと置く」ようにしています。

そして、「さらに2周、パラパラ読みするまで本棚に戻さない」というマイルールを徹底しているんです。

だいたい、次の日に1周目、3日後に2周目の復習をおこなうようなイメージです。

 

パラパラ読みと言っても、それにかける時間は1冊5分とか。

初めて読むときにおこなった「角折り」のページを参考に、重要箇所だけを復習していきます。

こうやって早めに復習を挟むことで、知識への定着率が2倍は上がると感じています。

 

ポイントは、ハードルを低くすること

私が実践している本の効率的な復習方法について紹介しましたが、この方法で一番のポイントは、「ハードルがとても低い」ことなんです!

というのも、本にてきとうに線を引いて、素早くページの角を折って、あとは後日数分で復習するだけ。

精神的な負担は非常に小さいです。

 

多くの「読書のノウハウ系の本」は、「大事な文章は、ノートにメモを取りまししょう。」と言っています。

ほんの一時期、自分もこれを素直に実践しましたが、まあ、だるーーいんですよね笑

 

そんな1冊読むたびに、30分もノートに向き合うなんて、自分にはやってられない。

たとえ効果が高いと言われても、どうしても受け入れられなかったんです。

もし、こんなことを無理やり続けていては、読書すること自体が嫌いになった危険もあります。

 

そういった意味で、今回私が紹介した方法は、「復習が大事なのはわかるけど、面倒くさいからやっていない。。」という人にこそ強くおすすめします!

 

ニュートンの本の読み方

ちなみに、最近知ったのですが、あの天才科学者・ニュートンも、本を読む時に「角折り」を徹底していたそうです。

特徴的なのが、その角折りっぷり。

自分のように本の端をちらっと折るのではなく、「大事なことが書いてある文章を指すように、端を折って」いたそうなんです。

つまり、場合によっては、本の半分が折れたりするんですね。

 

こうやって重要箇所だけを異常に目立つようにすることで、後で瞬時に復習できるようにしていたそうです。

ニュートンのお墨付きをもらった方法でもあるので、、角折りは本当におすすめですよ!

 

この記事の結論
  1. 読む時には、「線引き・角折り・走り書きメモ」を瞬時に
  2. 読んだ後は、「さらに2周は一気読み」して本棚に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代の社会人です!読書、映画鑑賞、車、バイク、数学、IT、旅行情報など興味のある様々なことを発信していきたいと思います!ブログについて全くの初心者ですが、コツコツと良いサイトを作っていきたいです!!よろしくお願いします!